ページの上部に戻る

エアコンからイヤな臭い・・・原因と解決策を徹底解説

エアコンを使い続けているうちにイヤな臭いが気になることがあるでしょう。たいていは内部に生じたカビなどが空気に乗って室内に広がることが原因であり、対処せずにいるとエアコン機能の低下にもつながりかねません。エアコンの臭いへの対処は、送風運転などを活用したこまめな換気や乾燥と定期的なクリーニングが有効とされています。そこで今回は、エアコンからイヤな臭いがするときの原因と解決策について解説します。

エアコンからイヤな臭いがする主な原因

エアコンからイヤな臭いがする原因には、エアコン内部に発生したカビや付着した汗、タバコなどがあると考えられます。それぞれの原因を詳しく見ていきましょう。

カビ

エアコンの通風口から出てくる風にイヤな臭いを感じるのは、カビが原因となっているケースが多いと考えられます。

冷房運転では室内の空気を取り込んで内部で冷媒ガスを利用して空気を冷やし、それを再び通風口から室内へ放出することで部屋を冷やしていますが、空気を取り込む際にチリやホコリも多少吸い込んでいます。その汚れが内部に蓄積し、空気を冷却している最中に発生する結露による水滴と結び付くことでカビが生じ、悪臭を放つ原因になります。

汗やタバコ

エアコンが室内の空気を取り込んで冷やしているという仕組みは前述のとおりですが、汚れだけでなく汗やタバコの煙をはじめとした生活に伴う臭いも同時に吸い込んでいます。そのため、内部に生活臭が付着して冷却された空気とともに排出されて悪臭を感じるケースもあるでしょう。

魚を頻繁に焼いて部屋に臭いが充満したり、ペットと一緒に生活したりしている場合などにもこのケースが当てはまりやすくなります。エアコン内部に油やタバコのヤニなどが定着すると、カビが発生する原因にもなるので注意が必要でしょう。

エアコンの臭いを放置するとどうなるのか

エアコンの臭いを放置すると、機能低下だけでなく健康にも悪影響を及ぼす可能性があり、故障にもつながりやすくなります。

体調不良の原因になる場合がある

エアコン内部にカビが発生すると、運転するたびに内部のカビが室内に放出されます。呼吸を通じて人体に取り込まれるものもあるので注意が必要です。カビは悪臭も大きな悪影響のひとつですが、長期的に人体にカビを取り込みすぎると何らかの体調不良につながる恐れがあります。

エアコンの機能が低下する場合がある

カビや汚れなどが付着したままエアコンを運転すると、機能低下を引き起こしてなかなか冷えない(暖まらない)症状があらわれることがあります。特に熱交換器が汚れているとエアコンの効率が悪化しやすくなるので、きれいな状態を保つことが重要です。

エアコンには空気を暖めたり冷やしたりするための熱交換器が備わっており、この部品の効率が低下すると部屋の空調が効きにくいと感じやすくなります。

汚れが蓄積してエアコンの効率が悪化するとエアコンを動かすための電力がより多く必要になり、電気代が余計にかかる可能性もあるので注意しましょう。

故障や不具合の原因になる場合がある

臭いに対処しないままエアコンを使い続けていると、故障や不具合が起こりやすくなります。

例えば結露した水が内部からこぼれてくるケースなどはわかりやすい不具合です。内部の汚れが混じった不衛生な水が室内を汚し、排水が上手く行かなくなって部品の故障を招くので早急な対処が必要です。

水分を排出するドレンホースに汚れが溜まると、上手く外部へ水分を流せなくなって室内へ逆流しやすくなるので、掃除や業者によるクリーニングが必要になります。

エアコンの臭いがするときの対処法

エアコンの臭いが気になる時は、換気して室内の空気をきれいにしたり、エアコンを運転させることによってエアコン内部を乾燥させることが効果的だと思われます。

ただし、必ずしも効果を発揮するとは限らないので、状況が改善しない場合は業者への相談も検討する必要があります。

エアコンの掃除機能を使う

エアコンの機種によっては掃除する機能が搭載されている場合があります。フィルターの掃除であったり、その他の箇所を掃除できる場合もあります。まずはお使いのエアコンに掃除機能が搭載されているか確認し、ある場合には機能を使ってキレイにしてみましょう。

取扱説明書の方法に従う

エアコンのメーカーや機種によってお手入れの方法やお手入れのできる場所が異なります。まずは取扱説明書やメーカーのよくある質問が掲載されているホームページなどから、臭いが気になる場合の対処法を確認しましょう。対処方法があった場合には指示に従いキレイにしてみましょう。

なお、市販のエアコン内部用のスプレーなども販売されていますが、使用中のエアコンで使えるかどうかは取扱説明書に従いましょう。

運転開始から少しの時間窓を開ける

エアコンからカビ臭がする場合、運転開始から少しの時間窓を開けましょう。換気によってエアコンから放出されたカビを室外に排出するのが狙いです。

エアコンが停止している間に増殖したカビはエアコンの稼働時に風に乗って部屋の空気に充満します。稼働直後はカビが放出されやすいとされているので、最初に窓を開けておくことで室内の悪臭を軽減できるでしょう。

高い設定温度の暖房運転でエアコン内部を乾燥させる

湿った状態とホコリなどの雑菌が長時間同じ場所にあることでカビは発生しやすくなります。

暖房運転時にエアコン内部は高温になります。設定温度を上げた暖房運転を行うことでよりエアコン内部は高温になり乾燥しやすくなります。ある程度の時間エアコン内部を高い温度で保つことで湿った状態を一時的に改善する方法です。

あくまでもエアコン内部の湿度を一時的に下げる手段ですので、付着している汚れやカビが物理的になくなるわけではないことは理解が必要です。汚れが気になるケースではやはりエアコン内部のクリーニングが必要になります。

低い設定温度の冷房運転で水分を発生させて排水ホースを洗い流す

水分を排出するドレンホース内の掃除は個人では行えません。このためエアコンを低い温度設定の冷房運転を行うことでより多くの結露を発生させてドレンホースに流れる水分を多くし、キレイにする方法です。

エアコン内部に蓄積した雑菌やカビの一部もこの水分とともにドレンホースから外部へ流れ出ることが期待できます。

暖房時と同様にエアコンが備える機能を使って作り出せる簡易的な掃除手段ですので、汚れが気になるケースではエアコン内部のクリーニングが必要です。

エアコンの臭いを解決するにはエアコンクリーニングが有効

エアコンの臭いは内部の汚れが原因でカビが発生しているケースが多いので、根本的な原因を解決するには専門業者によるエアコンクリーニングが有効です。

冷暖房で一部のカビを流したり乾燥させたりするのは対処療法に過ぎないので、根本的な解決にはなりません。フィルターなどは自分でも掃除できますが、内部まできれいに洗浄するには専門業者にエアコンクリーニングを依頼するのがおすすめです。

  • 清潔な空気で快適に!エアコンのお掃除・お手入れ

    • ジャパネットならエアコンのお掃除・お手入れもおまかせ!ジャパネットが、「エアコンフィルターのお掃除は自動でラクラクがいい!」、「フィルター以外もお手入れしたいけど、自分でエアコンお掃除するのは面倒!」というエアコンのお掃除・お手入れに関する課題を解決します。
    • 詳しく見る

エアコンの臭いを再発させないための対策

エアコンの臭いをクリーニングなどで取り除いたら、再発させないための対策を取りましょう。具体的には次の4つの対策が考えられます。

オフシーズンも定期的に送風運転する

夏場や冬場に使う機会が多いエアコンですが、オフシーズンにエアコン内部にホコリが溜まってカビが発生するケースも少なくありません。

エアコンを使わない時期も定期的に送風運転して内部を乾燥させると同時に、蓄積したチリやホコリを溜めないようにしましょう。

運転を終えたら送風運転する

冷房運転時など使用後にすぐ電源をオフにすると、内部の結露が解消されないまま放置されることになり、カビが発生しやすい状況を作ってしまします。

運転後は電源をすぐに消さずにある程度の時間送風運転をして、エアコン内部の湿度を下げるとよいでしょう。

毎回行うことは難しいと思いますが気づいたタイミングで行うだけでもよいでしょう。

こまめに換気する

カビ以外にもタバコの煙や料理の油をはじめとした生活臭が臭いの原因になるケースがあるので、臭いが気になる時はこまめに換気して室内をきれいな空気で満たしておくことが大切です。

エアコンが汚れた空気を吸い込まない環境を整えましょう。

こまめに掃除する

カビの原因のひとつに蓄積されたホコリがあります。エアコン本体のフィルターの掃除はもちろんですが、床など部屋の掃除をこまめに行うことで空気中に浮遊するホコリも減り、結果的にフィルターなどへの付着も軽減できます。

まとめ

カビやタバコの煙など、悪臭の原因への対策は快適にエアコンを使い続けるために必要不可欠です。

日頃から換気や送風運転などでエアコン内部の湿度を低く保ちつつ、もし臭いが発生してしまった時はエアコン内部をクリーニングすると良いでしょう。

機能低下や故障を発生させずに長く使い続ける上でもカビの発生を避けてきれいな状態を維持することは重要です。自分で掃除しきれない部分は専門業者への依頼も活用して、清潔な内部環境を整えましょう。

故障ではなく寿命が原因でエアコンの機能低下や不調を引き起こしているケースもあります。寿命が近づいているのであれば修理よりも買い替えるほうが安く済ませられる場合もあるので、エアコンが古くなっているなら下取りして買い替えるのもおすすめです。

下取りで購入できるエアコンを見る