ページの上部に戻る

エアコンにカビが発生する原因は?影響や対処方法を解説

エアコンを使用していると少しずつ汚れが蓄積してくるものですが、エアコンの掃除していても内部にカビが発生する可能性があります。カビは健康を害する恐れがあるだけでなくエアコンの故障を早める原因になる可能性があるため、発生しないように対処することが大切です。カビはエアコンのさまざまな部分に発生するため、それぞれの箇所に応じて適切な対策方法をとりましょう。今回はエアコンにカビが発生する原因と影響、対処方法などについて解説します。

エアコンに発生するカビがもたらす影響

エアコンの内部にみられるカビには様々な種類があります。冷却した空気を室内へ送り出す際に胞子が排出されてしまい、カビが含まれた空気を吸い込んでしまうリスクがあるといわれています。

加えてカビを放置することで冷却効率が低下したり故障の原因になったりするケースもあるため、長期的に使用するエアコンではカビをそのままにしないことも大切でしょう。

エアコンにカビが発生するのはなぜ?

エアコンにカビが発生しやすい原因は主にエアコンの内部が「高湿度になりやすい」「カビが繁殖しやすい温度である」「汚れが溜まりやすい」の3点です。

エアコンで冷房運転を稼働させると、空気を冷やす段階で結露が発生します。結露によってできた水はドレンホースを通じて外部へ排出されますが、一部は排出しきれずにエアコン内部に残り、湿度を高めてカビが発生しやすい環境を作り出してしまいます。

さらに、汚れが蓄積することもカビが繁殖しやすくなる原因のひとつです。室内の空気に含まれるホコリや料理の際に空気中に浮遊する油汚れなどが通風口を通じて取り込まれ、内部に付着するとカビの原因となる可能性があります。

エアコンのカビを抑制する方法

カビが発生することを完全に防ぐのは難しいといえるでしょう。しかし日常的な習慣をいくつか見直すだけで、カビが発生しにくい環境を作り出すことは可能だと考えられます。

こまめに掃除する

エアコンをこまめに掃除することで、カビの養分となる汚れを取り除いてきれいな状態を維持することができます。特にフィルターにはホコリが蓄積しやすいため、定期的に掃除することをおすすめします。

プロの業者などに依頼してエアコン内部をクリーニングした後も、フィルターの掃除をこまめにしなければカビが発生してしまう場合もあるため、フィルターなど取扱説明書で指示されているお手入れ箇所は常に清潔にしておくことを意識しましょう。

換気を徹底する

部屋の湿度が高い状態が続くとカビにとって好ましい環境が維持されてしまうため、室内の湿度を適度に下げることも大切です。

屋外と比べて部屋の中の湿度が高い場合、窓を定期的に開けて空気を入れ替えるだけでも湿度は屋外程度まで低下することができるため、換気を意識するように心がけましょう。

室内の空気に混じっている汚れが屋外に出て行くことで、エアコン内に取り込まれる汚れが減少してカビが繁殖しにくくなる効果も期待できるでしょう。

運転を停止する前に送風運転する

エアコンを使い終えた後にすぐ電源をオフにするのではなく、結露を解消するために送風運転することも効果的だといえるでしょう。

停止前にある程度送風運転して内部の水分を取り除くことで、湿度を下げてカビが発生しやすい環境を抑制できる可能性があるでしょう。

エアコンのカビが発生する場所と対策

エアコンにカビが発生する場所は一箇所とは限らず、さまざまな部分に根付く可能性があります。発生した箇所に応じて対策は異なるため、状況に合わせて掃除やクリーニングを行いましょう。

フィルター

フィルターのホコリはカビが好む栄養源となるため、こまめに掃除をして汚れを取り除くことが大切です。機種によっては、エアコンのカバーを開けることでフィルターを取り外せるので、自分でも掃除しやすいパーツのひとつだといえます。

掃除の方法は取扱説明書に従いましょう。取り外したフィルターのホコリを掃除機などで吸い取ったり、浴室などで水やぬるま湯で流すことできれいにするなど機種によって異なりますので注意が必要です。フィルターを乾燥しないで取り付けてしまうとかえってカビの成長を促す可能性があるので、取り付ける前に必ず乾燥させましょう。

吹き出し口

エアコンの吹き出し口にカビが発生すると、風を送り出すと同時にカビを室内に撒き散す可能性があります。吹き出し口はこまめに掃除し、清潔な状態を保つことが大切です。

掃除は、取扱説明書に記載されている手順に従って進めましょう。安全性を高めるためにも掃除中は運転を停止し、コンセントを抜いて不意に電源が入らない状態にすることも重要です。

エアコン内部

エアコンの内部が結露などでカビだらけになると、吹き出す風に乗ってカビが室内に放出されることがあります。カビの繁殖を抑制するには、エアコン内部の湿度を下げて乾燥状態を保つ必要があるでしょう。

ドライなどの運転は空気中の湿度を下げる運転ですが、エアコン内部の湿度を下げる目的の機能ではないので注意しましょう。送風運転で冷房や暖房の運転をせずに風だけ出すことでエアコン内部の湿度は下げることが期待できます。

機種によってはエアコン内部をキレイにする機能が搭載されている場合もあるので、取扱説明書を確認してみましょう。

取扱説明書に記載の無いカビ防止スプレーは使用しない

ホームセンターなどで販売されている「カビ防止スプレー」もありますが、ご使用のエアコンで使えるか取扱説明書を確認しましょう。記載が無いまたは使用を制限されている場合は使用しないようにしましょう。

エアコンのカビを取り除くにはクリーニングが必要

ここまでエアコンのカビを抑制したり掃除する方法をご紹介しましたが、根本的な原因を取り除くにはエアコン自体を徹底的にクリーニングする必要があるといえます。

エアコン内部を乾燥させてもカビ自体を取り除いたわけではないため、新たなカビが発生する場合もあります。そのため、エアコンクリーニングの専門業者などによるクリーニングによって掃除することで普段のお手入れではできないカビが少ない状態を作り出すことが理想的であると考えられます。

  • 清潔な空気で快適に!エアコンのお掃除・お手入れ

    • ジャパネットならエアコンのお掃除・お手入れもおまかせ!ジャパネットが、「エアコンフィルターのお掃除は自動でラクラクがいい!」、「フィルター以外もお手入れしたいけど、自分でエアコンお掃除するのは面倒!」というエアコンのお掃除・お手入れに関する課題を解決します。
    • 詳しく見る

自分で掃除しきれない部分は専門業者への依頼も検討しよう

フィルターなどの取扱説明書にお手入れの記載があるパーツであれば、基本的にはこまめに掃除をすることできれいな状態を維持できます。

しかしエアコンの内部の熱交換器などは、無理に対処しようとすると怪我やエアコンの故障の原因にもなります。取扱説明書に記載の無い部分は無理に作業しようとせず、専門業者への依頼を検討することも重要です。

購入からある程度年月が経過している場合は、思い切って買い替えた方がきれいなエアコンを手に入れられて故障のリスクも軽減でき、電気代の節約になる可能性もあります。さまざまな選択肢を検討して、適した方法を選択すると良いでしょう。

ジャパネットたかたではエアコンの下取りを行っています。ぜひご検討ください。

下取りで購入できるエアコンを見る

まとめ

エアコンのカビは体調不良の原因になる可能性もあるといわれており、エアコンの故障の原因にもなりかねません。普段からエアコンを清潔にすることが大切ですが、カビが発生してしまったら速やかに掃除や専門業者によるエアコンクリーニングを実施して悪化しないように注意しましょう。

カビを取り除くには個人の力だけでは難しい部分も多いため、専門業者への依頼も検討することをおすすめします。場合によっては買い替えが適しているケースもあるので、状況に応じて柔軟に対処することが大切です。