ページの上部に戻る

エアコンから水漏れ!?考えられる原因と事前に防ぐ方法

「エアコンを点けたときに、突然本体から水が出てきた」という経験をしたことがある方もいらっしゃるでしょう。エアコンの水漏れが起きてしまう原因は複数あり、自ら対処できるものもあれば、メーカーや専門業者に問い合わせすべきものまで様々です。そこで今回は、エアコンの水漏れが起こる原因について「ドレンホース」と「その他」の2軸で解説します。併せて、ドレンホースが詰まった際の応急処置方法もご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

エアコンの水漏れとは

エアコンの水漏れとは、「エアコン本体から水が垂れている」「エアコンの背部から壁を伝って水が漏れている」といった状態のこと。多くの場合、エアコンを稼働させたタイミングで起こります。 水漏れをそのまま放置してしまうと床や壁に水滴が付着し、カビが発生したり木材が腐ったりする可能性があります。

そのため、水漏れが発覚したら早めに対処することが大切です。また、水漏れは事故につながる危険性もあるので、すぐに対処できない場合は使用を止めるようにしましょう。

エアコンの構造はどうなっているの?

そもそも、エアコンの水漏れはなぜ起こってしまうのでしょうか。以下にて、エアコンの構造を解説しながらその原因をご紹介します。

エアコンには、冷房運転時に温かい空気を冷たい空気に変える「熱交換器」が備わっています。この熱交換器によって温かい空気が急激に冷やされると、エアコン内部で結露が生じ、水滴が発生します。発生した水滴はドレンホースという管を通り室外に排出されます。

本来であれば、このようにエアコン内部で発生した水はドレンホースを伝って外へと排出されるので、室内に水漏れが起こることはありません。しかし、ドレンホースに何らかの異常が起こると水が外へ排出されず、エアコンから漏れてしまうのです。

水漏れの主な原因はドレンホース

では、ドレンホースにどのような異常が起こると水漏れが発生するのでしょうか。以下にて、水漏れの原因になるドレンホースの異常を6つご紹介します。

ドレンホースの詰まり

ドレンホースが詰まっている場合、水の排出口が塞がれてしまいます。それにより、行き場をなくした水が逆流しエアコン本体から漏れてしまうのです。

ドレンホースの詰まりの原因には、室内機から排出される汚れやホコリ、そして排出口から入った落ち葉や虫などが挙げられます。

これらを取り除けば正常に水を排出できるようになるため、水漏れを改善、防止することができるでしょう。

ドレンホースのハネ上がり・波うち

ドレンホースのハネ上がり・波うちも、水をうまく排出できなくなる原因のひとつです。ドレンホースの先端がハネ上がったり波うったりして上を向いてしまうと、スムーズに水が流れなくなってしまいます。

仮に水を排出できたとしても、ドレンホースの先端が上を向いているため、ゴミやホコリなどが溜まりやすくなることも。その結果、詰まりが原因で水が逆流し、エアコン本体から水漏れが起こるようになります。

ドレンホースの先端の不具合

ドレンホースの先端が潰れていたり、地面に埋まって塞がっていたりする場合も、エアコン本体からの水が漏れてしまいます。

上述したように、ドレンホースの排出口が塞がれていると水が逆流してしまうため、ドレンホースの先端が潰れていないか、地面に埋まっていないかを確認するようにしましょう。

ドレンホースの勾配が不十分

エアコン本体から水漏れが起こる原因には、ドレンホースの勾配が不十分なことも挙げられます。本来ドレンホースは、水が排出できるよう勾配をとって設置されるもの。

にもかかわらずドレンホースの勾配が不十分だと、排出口に向かって水が流れなくなってしまいます。その結果、水が逆流しエアコン本体から漏れてしまうのです。

左出し配管になっている

左出し配管であることも、水漏れが起こる原因になりえます。左出し配管とは、エアコンを正面から見たときにドレンホースが左側にきていること。一般的には右側にドレンホースがあり、その場合は勾配が左出し配管と比べてとれやすいのでそのまま水が流れ出るようになっています。

しかし、左出し配管の場合は、右側から左側へとドレンホースを横に設置するので勾配がとりづらく、水がスムーズに流れにくくなってしまう場合があります。

また、左出し配管の場合は勾配がとりづらいため右出し配管と比べて汚れやゴミがドレンホース内に溜まりやすくなるので、詰まりが原因で水漏れを起こす可能性が高くなってしまいます。

ドレンパンとドレンホースの接続部分の不具合

エアコンの水漏れの原因には、ドレンパンとドレンホースの接続部分の不具合もあります。エアコン内部の水はドレンパンに溜まり、そこからドレンホースを伝って排水される仕組みになっています。

このドレンパンとドレンホースの接続部分が緩んでいたり抜けていたりすると、排水されなくなってしまうので、溜まった水がエアコン本体からあふれ出てしまうのです。

そのほかのエアコンの水漏れの原因

エアコンの水漏れが起こる原因は、ドレンホースの異常だけではありません。そのほかにも原因があります。9つ紹介します。

フィルターの汚れ

フィルターが汚れていると、エアコンから水が漏れることがあります。なぜなら、フィルターが目詰まりを起こすことで熱交換器が過剰に稼働し、空気を冷やしすぎることで結露が増えて排水が追いつかなくなってしまうからです。その結果、排水がうまく行われず、ドレンパンに溜まった水がエアコンから流れ出てくるようになります。

エアコンの設置不良

壁掛けタイプのエアコンで起こりがちなのが、本体の設置不良です。本来、エアコンは水平器を用いて「傾いていないか」を確認しながら設置するもの。これは、水がドレンパンへピンポイントで落ちるようにするためです。

にもかかわらず、設置不良によりエアコン本体が傾いてしまうと、水がドレンパンに落ちづらくなるほか、ドレンパンに水が溜まったとしてもあふれ出てしまう可能性があります。そのため、エアコンの水漏れは設置不良によって引き起こされることもあると考えられます。

雨水の侵入

室外機がエアコン本体よりも高く設置されている場合に起こりがちなのが、雨水の侵入による水漏れです。エアコン本体と室外機は配管でつながっており、この配管は雨風や紫外線からのダメージを防ぐためテープによって保護されています。そのため、通常であれば配管から雨水が侵入してくることはほとんどありません。

しかし、長年使用し続けていると雨風や紫外線の影響によりテープが剥がれてしまいます。その結果、剥がれたテープの内側に雨水が侵入し、配管を伝ってエアコン本体へと水が流れ、最終的に漏れてしまうことがあるのです。

なお、室外機がエアコン本体よりも低い位置に設置されている場合は、雨水が侵入することはほとんどないので、別の原因が隠されている可能性が高いといえます。

ドレンホースの凍結

エアコン本体からの水漏れは、ドレンホースの凍結によっても起こります。なぜなら、ドレンホースが凍結していると排出口が塞がれてしまい、水が逆流してしまうからです。

「寒い時期にエアコン本体から水漏れが起こっている」という場合は、ドレンホースが凍結していないかチェックすることをおすすめします。

もし凍結しているのであれば、溶かすことによって原因を改善することが可能です。ただし、解凍のためにお湯をかけてしまうとドレンホースが変形する可能性があるため、十分に注意しましょう。詳しくは取扱説明書を参考にしてください。

気温の影響

エアコンの水漏れには、気温が影響していることもあります。とくに、室内と室外の気温差が激しくなる夏と冬は要注意。

熱交換器が余計に稼働しやすくなるため、エアコン内部で結露が大量に発生します。その結果、ドレンホースの排水が追いつかず水漏れを引き起こしてしまうのです。

気圧の影響

このほか、マンションやアパートなど気密性の高い集合住宅では、気圧による影響でエアコンから水漏れが起こることもあります。

そもそも空気は、気圧の高いほうから低いほうへと流れていくもの。そのため、屋内の気圧が高く、屋外の気圧が低い場合は、空気が水と一緒に屋内から屋外へと流れていきます。

しかし気密性の高い住宅では、換気を十分にとらないと屋内の気圧が低く、屋外の気圧が高い状態になりがちです。その状態では、ドレンホース内の水が逆流し、エアコンから漏れてしまうことがあります。

気圧が原因でエアコン本体から水漏れを起こしている場合は、ドレンホース内で水と空気がぶつかり「ポコポコ」「トントン」といった音が鳴ります。

もしこのような音が鳴っている場合は、窓を開けて屋内と屋外の気圧差を解消することで、水漏れを改善できる可能性があります。

ドレンパンの破損

エアコンの水漏れの原因には、ドレンパンの破損も挙げられます。繰り返しになりますが、ドレンパンはエアコン内部に発生した水を溜める、いわば「受け皿」の役割を担う部分です。このドレンパンが破損していると水を溜めることができず、そのままエアコン本体から流れ出てしまいます。

ドレンパンの破損を自ら修理するのは困難なので、メーカーサポートや専門業者に依頼して対処しましょう。

冷媒ガスの不足

冷媒ガスの不足も、水漏れが起こる原因のひとつです。冷媒ガスが不足すると、熱交換がうまく行われなくなってしまいます。

その結果、熱交換器に霜が付いてしまい、溶けて水が流れ出てしまうのです。また冷媒ガスの不足時、湿度が高いと熱交換器に氷ができてしまいます。

そのままエアコンを稼働させてしまうと氷が風と一緒に飛んでいく危険性があるので、水漏れが起きたときは使用しないようにしましょう。

送風口の結露

エアコンが水漏れする原因には、送風口の結露も挙げられます。送風口にある風向板に冷気があたることで水滴が発生し、結果として水漏れが生じるのです。この現象は、暑い時期や部屋の湿度が高いときに発生しやすいため、該当する時期は注意しましょう。

なお、送風口の結露は故障や不具合によるものではありません。風向板を水平にすることで水滴の発生を防ぎやすくなります。

自分でできるドレンホースの詰まりの応急処置方法

エアコンの水漏れの主な原因である「ドレンホースの詰まり」は、以下の応急処置方法で一時的に対処することが可能です。

繊細な部分でもあるので対応する際は、取扱説明書を事前に確認してから行うようにしてください。

ドレン用サクションポンプを使用する

ドレンホースの詰まりは、「ドレン用サクションポンプ」を使用することで取り除くことができる場合があります。

使い方はとてもシンプルで、まずエアコン本体の送風口をタオルで覆います。

次に、ドレンホースにドレン用サクションポンプの口を合わせ、つまみを押したり引いたりすると、ドレンホース内の詰まりを解消することができます。使用する際は取扱説明書よく読み、指示に従って作業しましょう。

ただし、注意しておきたいのが「エアコン内部の汚れまでは除去できない」ということ。

エアコンをしばらく使用すると、再びドレンホースが詰まり水漏れが起きる可能性があるため、あくまでも応急処置として活用するようにしましょう。

エアコンの水漏れを防止する対策

エアコンの水漏れを防止する方法には、主に以下の2つが挙げられます。

ドレンホースの定期的な清掃

エアコンの水漏れを防ぐには、ドレンホースを定期的に清掃することが大切です。なぜなら、エアコンが水漏れする原因のほとんどはドレンホースにあるからです。

繰り返しになりますが、ドレンホースが詰まると水が逆流しエアコンから漏れ出てしまいます。この状況を改善するにはその詰まりを取り除かなくてはならず、そのためにはドレンホースを定期的に清掃することが大切です。

ドレンホースの清掃方法には、上述したドレン用サクションポンプの使用のほかにも、エアコンクリーニングが挙げられます。

ドレン用サクションポンプの場合は一時的な応急処置になりますが、エアコンクリーニングならエアコン本体内部まで徹底的に清掃することが可能です。

しばらくの間ドレンホースの内部をきれいに保つことができるため、エアコンからの水漏れを防ぎやすくなります。

なお、上述したドレンホースの清掃方法はあくまでも一例です。清掃する際は、必ず取扱説明書に記載のある方法で行いましょう。

フィルターの定期的な清掃

上述のとおり、フィルターの汚れも水漏れの原因になるので、定期的に清掃するよう心掛けましょう。フィルターの清掃方法には、たとえば水洗いがあります。フィルターに付着した汚れを洗い流した後、日陰で干すことできれいな状態に仕上げることが可能です。

清掃したフィルターを設置する際は、あらかじめフィルターをきちんと乾かすようにしましょう。仮に半乾きのまま設置してしまうと、ホコリやゴミが付着しやすくなります。

なお、上述したフィルターの清掃方法もあくまでも一例です。フィルターを清掃する際も、前もって取扱説明書を確認し、記載のある方法で実施するようにしましょう。

  • 清潔な空気で快適に!エアコンのお掃除・お手入れ

    • ジャパネットならエアコンのお掃除・お手入れもおまかせ!ジャパネットが、「エアコンフィルターのお掃除は自動でラクラクがいい!」、「フィルター以外もお手入れしたいけど、自分でエアコンお掃除するのは面倒!」というエアコンのお掃除・お手入れに関する課題を解決します。
    • 詳しく見る

エアコンの水漏れを修理!専門業者に依頼する場合の料金相場とは

エアコンの水漏れがひどく修理が必要になった場合は、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。エアコンの水漏れ修理を業者に依頼した場合の料金相場は、数千円〜数万円。なぜこれほど開きがあるのかというと、「水漏れの原因」「エアコンの機種」「依頼する業者」によって費用が異なるためです。

たとえば、水漏れの原因がドレンホースの詰まりである場合は他の原因と比べて比較的リーズナブルな価格となっている場合が多いようです。ただし、天井に埋め込むエアコンであったり、室外機を置かないエアコンであったりする場合は、同じ原因でも費用が高くなりがちです。

このほか、水漏れの原因がドレンホースの異常以外だと、エアコン本体を分解し徹底的に洗浄を行ったり、パーツの交換が必要になったりすることも。この場合は、修理に数万円程度かかる可能性があります。

長年同じエアコンを使用していると、気付いている不具合のほかにも劣化が進んでいる箇所があることも。その場合、出費がかさんでしまうことになるので、古くなったエアコンは修理して使い続けるのではなく、買い替えを検討するのも一案です。

まとめ

エアコンは、室内を快適な温度にできる便利な家電製品です。しかし、状態によっては水漏れが起こることもあり、現に「急に水が出てきた」「冷風と一緒に水しぶきが出ている」といった事態に見舞われた方もいるのではないでしょうか。

エアコンの水漏れが起こる原因はいくつかありますが、中でも多いといわれているのがドレンホースの異常です。原因次第では自ら対処することもできますが、正しく直すためにも基本的にはメーカーサポートや専門業者に修理を依頼するのが賢明です。

そのため、水漏れが起こったら早急にメーカーサポートや専門業者へ連絡する、もしくはエアコンの買い替えを検討するようにしましょう。

ジャパネットたかたでは、今お使いのエアコンを下取りしてお得に買い替えられるエアコンを多数ご用意しています。ぜひご検討ください。

下取りで購入できるエアコンを見る