ページの上部に戻る

洗濯機の購入に失敗しない!選び方やおすすめ製品をご紹介

洗濯機の購入を検討したとき、「何を基準に選べばよいか」と悩んだ経験がある方は多いのではないでしょうか。洗濯機の特徴を知ることで、希望に合った洗濯機を選びましょう。そこで今回は、洗濯機を選ぶ際のポイントや各メーカーの洗濯機の特徴、おすすめの製品などについてご紹介します。洗濯機の購入をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

洗濯機選びのポイント

洗濯機は決して安価な家電ではないため、長年使用することを考えて慎重に選ばれることでしょう。では、具体的にどのようなポイントに着目すればよいのでしょうか。

タイプで選ぶ

洗濯機は、主に3つのタイプに分けられます。それぞれの特徴を押さえて、自分にとって最適な洗濯機を選びましょう。

縦型

1つ目は「縦型」の洗濯機です。たっぷりの水を使用して衣類同士が擦り合うよう洗浄するのが特徴です。

縦型には後述のドラム式に比べて小型サイズもあり、省スペースで設置できる場合もあります。そのため、「汚れをしっかり落としたい」「スリムな洗濯機が欲しい」といった方には縦型が最適です。

縦型洗濯機の一覧はこちらから

ドラム式

2つ目は「ドラム式」の洗濯機です。縦型に比べて少ない水量で、洗濯槽を横向きに回すことでたたき洗いで汚れを落としていく洗濯機です。

乾燥機能がついているものも多いため、「乾燥まで全自動で行いたい」「節水したい」という方には、ドラム式がおすすめといえます。

ドラム式洗濯機の一覧はこちらから

二槽式洗濯機

3つ目は「二槽式洗濯機」です。洗濯槽と脱水槽が分かれているため、衣類の洗浄と脱水と同時に行うことができます。

全自動ではないため使用するにあたり多少の手間はかかりますが、脱水しきれていない洗濯物だけをサッと脱水槽で追加で脱水するなど調整できることが強みです。

二槽式洗濯機の一覧はこちらから

容量で選ぶ

洗濯機を選ぶ際は「容量」に着目することも大切です。なぜなら、使用人数に対して洗濯機の容量が小さいと一度で少量の衣類しか洗浄できず、何回かに分けて洗濯を行う必要が出てくるためです。

また、衣類の詰め込みすぎは洗濯の洗いムラにつながるため、洗濯機の容量も重要なチェックポイントといえます。

現在お使いの洗濯機の容量と、洗濯物の量を比較して適正範囲ならば同じくらいの容量の洗濯機を、足らない場合や今後量が増える予定であれば今よりも容量の大きい洗濯機を選ぶとよいでしょう。

ただし、これはあくまでも目安です。複数人の衣類をまとめて洗ったり、布団カバーやカーテンなど大きめのアイテムを洗濯したりすることを考えると、少し大きめの洗濯機を選ぶことも検討してください。

〜6.9kg

容量が6.9kg未満の洗濯機は、使用人数が1人の場合に適しています。

毎日洗濯機を回すのか、それとも溜まった衣類を決まった日にまとめて洗うのかによっても変わりますが、洗濯機の容量としては小さめになりますので機能もシンプルで価格もお求めやすいものが多くなります。

6.9kg未満の洗濯機の一覧はこちらから

7.0〜8.9kg

容量が7.0〜8.9kgの洗濯機は、使用人数が2人の場合に適しています。容量が大きくなり、機能が充実した製品も視野に入る一方、シンプルでお求めやすい製品もあり、選択肢が充実しています。

ライフスタイルに合わせて選択することで使い勝手のいい洗濯機が購入できるでしょう。

7.0〜8.9kgの洗濯機の一覧はこちらから

9.0〜10.9kg

容量が9.0〜10.9kgの洗濯機は、3〜4人家族に適しています。洗濯物の量によりますが、数日ほど溜めても問題なく洗える大容量なサイズになります。

大容量な分洗濯の回数が少なくなるので節水にもつながります。「家族向けの洗濯機が欲しい」「洗濯回数を抑えたい」という方は、9.0〜10.9kgの洗濯機を選びましょう。

9.0〜10.9kgの洗濯機の一覧はこちらから

11.0kg〜

容量が11.0kg以上の洗濯機は大家族向けです。目安として、5人以上であれば11.0kg以上の洗濯機を選ぶのがおすすめです。

このほか、「毎日少量なので週末にまとめて洗濯する」という家族にも最適といえます。

11.0kg以上の洗濯機の一覧はこちらから

価格で選ぶ

洗濯機の価格帯は幅広く、リーズナブルなものから高額なものまで揃っているため、「価格」を見て選ぶのも一案です。

では、一定の価格に対してどのような洗濯機が購入できるのでしょうか。以下にて、その一例をご紹介します。

〜5万円

5万円以下で購入できるのは、1人暮らし向けの縦型洗濯機などです。メーカーによっては、大容量の洗濯機を5万円以下で購入できることもあります。

5万円以内の洗濯機の一覧はこちらから

5〜10万円

5〜10万円で購入できるのは、シンプルな機能で容量の大きめな縦型洗濯機や、容量が小さめで機能が充実したモデルです。型落ち製品などで乾燥機能がついたモデルが購入できる場合もあります。

5〜10万円の洗濯機の一覧はこちらから

10〜15万円

10〜15万円になるとドラム式や乾燥機能付き洗濯機など、ほとんどのタイプの洗濯機を購入できる金額帯になります。容量も大きく、機能も充実した製品が増えるので各メーカーの特徴と合わせて確認してみましょう。

10〜15万円の洗濯機の一覧はこちらから

15万円〜

15万円以上になると、タイプを問わず機能性・デザイン性が高く、容量の大きな洗濯機を購入できます。また、最新の高機能モデルを選ぶことも可能です。

15万円以上の洗濯機の一覧はこちらから

各メーカーの洗濯機の特徴

各メーカーによって、洗濯機の特徴は異なります。以下で、代表的な7つのメーカーの洗濯機の特徴を解説します。機種によって搭載される機能が異なりますので、各メーカーの代表商品を例にしています。参考にしてみてください。

日立

日立の洗濯機はドラム式、縦型、二槽式など幅広いラインナップがそろっています。

ドラム式のビッグドラム<BD-SV110FLW>では、「AIお洗濯」で洗剤の種類や布質、汚れの量など、洗濯のさまざまな状況に合わせて洗い方や運転時間を自動で判断してくれたり、衣類乾燥時に「風アイロン」で高速風でシワを伸ばして、アイロンがけの手間を減らしてくれたります。

日立の洗濯機一覧はこちらから

東芝

東芝のタテ型洗濯乾燥機<AW-9SV9>では、洗いとすすぎにウルトラファインバブル水を使用する「抗菌ウルトラファインバブル洗浄W」や、洗濯のたびに抗菌して、衣類に雑菌が繁殖するのを抑制する「Ag+抗菌ビーズ」などが特徴です。

さらに安心の低振動・低騒音なので、周りが気になる時間帯のお洗濯も安心です。

東芝の洗濯機一覧はこちらから

シャープ

シャープの縦型洗濯機<ES-TX8E>を例にあげると、穴なし槽で節水と清潔を両立していることが特徴です。

多くの洗濯機の洗濯槽は穴が空いていますが、この洗濯機の洗濯槽には穴がないためよりキレイな水での洗濯と節水ができるようになっています。

さらにシャープでおなじみの「プラズマクラスター」や急ぎの時に便利な「ハンガー乾燥」などがあります。

シャープの洗濯機一覧はこちらから

アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマの洗濯機は大容量10kgで乾燥機能の無い全自動洗濯機ながら、スリムな横幅のモデルや洗剤自動投入機能を搭載したモデルなど使い勝手を考えた洗濯機が多いことが特徴です。

アイリスオーヤマの洗濯機一覧はこちらから

パナソニック

パナソニックの洗濯機の上位モデルは「温水泡洗浄W」が行えることが特徴です。

温水専用ヒーターで洗剤液を直接加熱。お湯の温度をキープして泡のチカラで洗うことができます。

また「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」をできる機種もあり、高い機能を備えたモデルが多くラインナップしていることも特徴です。

パナソニックの洗濯機一覧はこちらから

AQUA

AQUAの洗濯機の特徴は、ガラストップを採用している製品が多いことです。蓋を開けなくても洗濯機のなかの様子を確認することができます。

一部上位モデルには超音波部分洗浄機能「らくらくSONIC」を搭載している点も特徴のひとつ。汚れが落ちにくい襟や袖も超音波の力でキレイに仕上げます。

このほか、2021年6月現在、AQUAは洗濯14kgの大容量洗濯機もラインアップしておりまとめ洗いや、布団カバーやカーテンなど大きめのアイテムも洗いやすいでしょう。

AQUAの洗濯機一覧はこちらから

ハイセンス

ハイセンスの洗濯機は、シンプルでお求めやすい製品が多くラインナップされています。

縦型洗濯機<HW-DG80A>は洗濯板のような凸凹設計のステンレス槽と汚れをかき出す独自のパルセーターで、洗濯物を手洗いでもむように跳ねあげ、汚れをしっかりかき出して強力洗浄します。

ハイセンスの洗濯機一覧はこちらから

おすすめの洗濯機はこれ!

洗濯機と一言でいっても、メーカーやモデルによって機能性および洗浄効果は異なるもの。

そのため、どれを選べばよいのかわからず悩んでしまうこともあるかもしれません。 そこで、以下にておすすめの洗濯機をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

シャープ 全自動洗濯機(洗濯9kg) <ES-GV9F-N>

  • 穴なし槽で清潔・節水&汚れもスッキリ!。シャープだけのステンレス穴なし槽を採用!
    穴がないので、洗濯槽の外側や底裏についた黒カビや汚れが洗濯槽の中に侵入しません。黒カビなどの汚れから守って、清潔な水で洗い・すすぎができます。

  • モデル名 シャープ 全自動洗濯機(洗濯9kg) ES-GV9F-N
    価格 下取りなし価格 円(税込)
    下取り後価格 円(税込)(円下取り)
  • 商品の詳細を見る

    シャープの洗濯機一覧

東芝 全自動洗濯機(洗濯7kg) <AW-7GM1>

  • 高濃度の洗剤液をつくり、しっかり洗い流す。少ない水で作った高濃度洗剤液を繊維の奥まで浸透させてから水を追加し、しっかり洗います。

  • モデル名 東芝 全自動洗濯機(洗濯7kg) AW-7GM1
    価格 下取りなし価格 円(税込)
    下取り後価格 円(税込)(円下取り)
  • 商品の詳細を見る

    東芝の洗濯機一覧

アイリスオーヤマ 全自動洗濯機 (洗濯8kg) <IAW-T804>

日立 ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム (洗濯10kg/乾燥6kg) <BD-SG100GL>

  • 「風アイロン」搭載でそのまま着られる仕上がりへ。大容積のビッグドラムの中で衣類を大きく舞い上げながら乾燥。時速約300kmの高速風を吹きかけて、シワを伸ばします。衣類を蒸らした状態で風を当てることで袖まできれいに。 の低温乾燥で、ふんわりやさしく仕上げます。

  • モデル名 日立 ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム (洗濯10kg/乾燥6kg) BD-SG100GL
    価格 下取りなし価格 円(税込)
    下取り後価格 円(税込)(円下取り)
  • 商品の詳細を見る

    日立の洗濯機一覧

洗濯機・洗濯乾燥機一覧はこちらから

洗濯機選びではここもチェック!そのほかに見るべきポイント

洗濯機を選ぶ際にチェックすべきポイントを、タイプ・容量・価格のほかにあと5つご案内します。

乾燥方式

乾燥機能付きの洗濯機の場合乾燥方式は、「ヒートポンプ乾燥」「ヒートリサイクル乾燥」「ヒーター乾燥」「送風乾燥」の4つに大別できます。

「ヒートポンプ乾燥」は除湿機で乾かすように衣類を乾かす方式で、パナソニックの洗濯乾燥機などに採用されています。

「ヒートリサイクル乾燥」は運転時に発生する熱を乾燥時に再利用する方式で日立の洗濯乾燥機に主に採用されています。

「ヒーター乾燥」は温風によって衣類を乾かす方式で、シャープの洗濯乾燥機などに採用されています。

「送風乾燥」は、風を送って洗濯物の水分を飛ばす方式で他の方式のような乾燥ではなく洗濯物の干し時間を短縮することができます。このように、それぞれで特徴は大きく異なるため、「何を一番重視するか」を明確にして選ぶことをおすすめします。

静音性

洗濯機を使用する際に「音」が気になったことがあるのではないでしょうか。「静音性に優れた洗濯機がほしい」ということであれば、低振動・低騒音のものを選ぶのがおすすめです。

液体洗剤・柔軟剤の自動投入機能

洗濯機を選ぶ際は「液体洗剤・柔軟剤の自動投入機能」を備えているかどうかも確認しましょう。

この機能を搭載している洗濯機なら、洗濯するたびに洗剤の量を計って入れる必要がありません。計量の手間を省くことができれば、よりスムーズに洗濯機を回せるので、家事の効率化につながります。

自動槽洗浄

洗濯機を使用するなかで、「もっと楽に洗濯槽の掃除ができたらいいのに」と感じたことはありませんか。洗濯槽の掃除のしやすさに重きを置くのであれば、「自動槽洗浄」を備えた洗濯機を選ぶのがおすすめです。

洗濯が終わったあと自動的に洗濯槽を洗浄するので、カビが発生しづらくなり、その分掃除の手間をグッと省けます。

スマホ連携

「ハイテクな洗濯機がほしい」という場合は、スマホ連携が可能かどうかをチェックしましょう。

スマホ連携が行える洗濯機なら、スマートフォンひとつで遠隔操作して、外にいながら洗濯をスタートさせられたり、帰宅時間に合わせて洗濯の終了時刻を設定したりすることが可能な場合があります。

また、なかには洗剤がなくなりそうなときに通知でお知らせしてくれる洗濯機もあり、これなら「洗剤がなくて洗濯できない」といった事態を未然に防げます。

洗濯機を購入する前にここをチェック!

洗濯機を購入する際は、あらかじめ設置スペースや排水口の位置などを確認しておく必要があります。

万が一、確認しないまま洗濯機を購入すると「そもそも家に入らない」「スペースが足りず設置できない」などのトラブルにつながる恐れがあります。

入念に選んだ洗濯機を確実に設置するためにも、以下でご紹介する5つのポイントは必ず押さえておきましょう。

搬入経路

購入した洗濯機を運び込むためには、搬入経路の確保が必須です。玄関のドアの大きさや家の廊下の幅など、洗濯機を搬入するにあたり通過する箇所のサイズは必ず確認しましょう。

さらに、設置業者などに搬入してもらう場合、洗濯機のサイズにプラスして搬入するためのスペースが決まっていることもあります。購入店にて事前に確認をしましょう。

設置スペース

搬入経路と同じく、設置スペースのサイズも確認しておくことが大切です。

無事に搬入できたとしても設置スペースと洗濯機のサイズが合わなかった場合、当然洗濯機を使用することはできません。そのため、設置スペースのサイズを測り、そのサイズに合った洗濯機を選ぶようにしましょう。

防水パン

防水パンとは、洗濯機を設置するプラスチック製のケースのことで、別名「洗濯パン」とも呼ばれています。

室内に防水パンが設置されている場合は、防水パンの上に洗濯機を設置することになります。そのため、どれほどのサイズか確認することが大切です。

排水口

洗濯機を購入する際は、排水口の位置もチェックしておくことをおすすめします。

なぜなら、排水口が洗濯機指定の位置と合わない場合、別途器具が必要になる場合もあるためです。

そのため、排水口の位置は必ず確認し、排水口と排水ホースをつなげるためのアイテムが必要か否かを把握しておくようにしましょう。

蛇口

蛇口の高さや位置も重要なチェックポイントです。各洗濯機により蛇口の推奨位置が決まっていますので、機種を選ぶ際に同時にチェックしましょう。

洗濯機の買い替え時期

洗濯機は機械ですので、いずれは買い替え時期が訪れます。洗濯機を使用する中で、普段は聞かないような異音がしたり、何度も動作が止まったり、水漏れが発生したりする場合、それは買い替え時期が近づいているサインかもしれません。「まだ使えるから」と放置せず、なるべく早めに買い替えを検討するようにしましょう。

まとめ

洗濯機は、生活に欠かせない家電製品のひとつです。使用人数や自らのライフスタイルに合ったものを選ぶことで、洗濯にかかる手間を軽減できるほか、長く使い続けることができます。

洗濯機選びで後悔しないためにも、今回ご紹介したポイントや特徴、おすすめ製品を参考にし、自分に適した洗濯機を探してみてください。