ページの上部に戻る

縦型洗濯機を購入したい!選び方・注目機能を押さえよう!おすすめ商品もご紹介

「縦型洗濯機」と一言でいっても、その機能はメーカーや各製品で異なります。そのため、「何基準に選べばよいのかわからない」と悩む方は多いのではないでしょうか。そこで今回は、縦型洗濯機の特徴・魅力をはじめ、選ぶ際のポイントや注目機能、おすすめの製品をご紹介します。また、洗濯機を長持ちさせるためのコツも解説しているので、ぜひご覧ください。

まずは理解を深めよう!「縦型洗濯機」とは?

縦型洗濯機について理解を深めるために、まずは特徴・魅力、種類を押さえましょう。

縦型洗濯機の特徴・魅力

縦型洗濯機は、洗濯槽の底にあるパルセーター(回転羽根)を回転させて水流や衣類同士の摩擦を生み出し、これらで擦り洗いすることで衣類をきれいにします。たっぷりの水と擦り洗いによって頑固な汚れを落とし、とくに泥などの固形汚れに対して高い洗浄力を発揮します。

そんな縦型洗濯機の魅力は、洗浄力の高さ以外にも「価格の安さ」が挙げられます。もちろん洗濯機の機能性によって価格は変わってきますが、ドラム式洗濯機に比べて縦型洗濯機はリーズナブルなものが多く発売されています。費用を抑えて購入できるのは大きな魅力といえるでしょう。

このほか、「比較的狭いスペースにも設置できる」という点も、縦型洗濯機の魅力です。設置スペースは、あらかじめ水道や排水口が備え付けられていることが多く、置き場所を変えることがなかなか難しいです。

縦型洗濯機は、ドラム式洗濯機に比べて小型サイズのモデルが多く展開されています。サイズ展開が豊富な縦型洗濯機であれば、限られたスペースでも設置できるものが見つかるのではないでしょうか。

縦型洗濯機の種類

縦型洗濯機は、「乾燥機能付きの洗濯乾燥機」と「乾燥機能なしの全自動洗濯機」の2種類に大別できます。

洗濯乾燥機は、基本の洗い・すすぎ・脱水にくわえて乾燥機能も付いた洗濯機です。衣類を乾かす時間を短縮できるので、雨の日や素早く洗濯物を乾かしたいときに役立ちます。

一方で、全自動洗濯機は基本の洗い・すすぎ・脱水までを行う洗濯機です。モデルによっては「風乾燥機能」が搭載されており、洗濯物を干す時間をある程度短縮することは可能です。

押さえておこう!縦型洗濯機を選ぶ際のポイント

生活スタイルに合った縦型洗濯機を購入するためにも、選ぶ際のポイントを押さえておきましょう。

洗濯物の量・洗濯機の使用頻度を考慮する

縦型洗濯機を選ぶ際は、洗濯機の使用頻度と洗濯物の量を考慮することが大切です。なぜなら、これらのポイントによって適した洗濯容量が異なるためです。

洗濯容量とは、1回の洗濯で洗える洗濯物の量のことです。洗濯機本体や説明書に「5kg」「8kg」などと記載されています。

洗濯容量の目安は、おおよそ1日あたり1人約1.5kgといわれています。この目安をもとに計算すると、たとえば4人家族の場合は約1.5kg×4人=約6kgなので、必要な洗濯容量は6kgが目安です。ただし、容量ギリギリまで洗濯物を詰め込んでしまうと、洗濯物の汚れが落ちにくくなったりします。そのため、少し余裕を持った6kg以上の洗濯機を選ぶとよいでしょう。

また、毎日洗濯をせず洗濯物を溜めてからまとめて洗うというご家庭の場合は、4人家族であれば洗濯容量が11kg以上の洗濯機を選ぶのがおすすめです。

搬入経路と設置場所を考慮する

洗濯機は、容量が大きくなるとその分本体サイズも大きくなります。搬入経路と設置場所を考慮せずに選んでしまうと、購入した後に「設置できない」という事態になりかねません。

そうならないためにも、縦型洗濯機の搬入経路と設置予定場所のサイズをあらかじめ測っておくようにしましょう。

搬入経路

洗濯機を運び込むための、搬入経路は必ず確認しましょう。玄関のドアや廊下、階段のサイズは はもちろん、マンションなどではエレベーターや通路など共用部も含まれます。

設置業者などに搬入してもらう場合、洗濯機のサイズ+数センチのスペースが必要と決まっていることもあります。どのくらいのサイズが必要か購入する前に必ず確認をしましょう。

なお、設置場所が2階以上でエレベーターがない場合は、搬入の手数料がかかる場合もあります。こちらも購入前に確認しておきましょう。

設置場所

縦型洗濯機は扉が上部にあるので、開けたときに邪魔になるものがないかの確認もしておきましょう。 縦型洗濯機を選ぶ際は、設置場所のサイズぴったりのものではなく、壁にあたらずに設置できるサイズのものを選ぶのがポイントです。

仮に、縦型洗濯機を壁にぴったりくっつけて設置してしまうと、運転中の揺れにより洗濯機と壁がぶつかり、騒音が発生する可能性があります。そうした事態を防ぐためにも、測ったサイズよりもひと回り小さな洗濯機を選ぶようにしましょう。

乾燥方式を確認する

乾燥機能付きの縦型洗濯機の場合、主に「ヒーター式」という乾燥方式が採用されています。ヒーター式は、ヒーターによって温風を発生させ、洗濯物を乾かす仕組みです。乾かす際、洗濯槽内に溜まる湿気(水分)の処理方法の違いで「水冷・除湿タイプ」と「排気タイプ」の2つに細分化できます。以下でそれぞれの特徴を説明します。

水冷・除湿タイプは、温風に含まれた湿気を冷却水で除湿しながら、洗濯物を乾かします。冷却水を使用するため、洗濯機周りの湿度が上がってしまう心配がありませんが、乾燥時にも水道代がかかります。

一方で、排気タイプは湿気を含んだ空気がそのまま洗濯槽の外に排出されるので、洗濯機周りの湿度が上がってしまいます。しかし水冷・除湿タイプと違って冷却水を使用しないので、その分水道代を抑えられます。

乾燥機能にかかる電気代や水道代はメーカーや機種によって異なるため、購入前に確認することをおすすめします。

静音性を確認する

洗濯機によっては大きな音が出るので、時間帯を気にして使用している方もいるのではないでしょうか。そのような場合は、静音性に優れた縦型洗濯機を選ぶのがおすすめです。

音の大きさはdB(デシベル)という単位で表されており、通常の会話レベルで40〜60dB程度といわれています。そのため洗濯機の静音性にこだわりたい場合は、運転音が何dbくらいか、を確認しましょう。

なお、洗濯時と脱水時で音の大きさは異なるので、両方の数値を確認しましょう。

購入前に要チェック!縦型洗濯機の注目機能 5選

縦型洗濯機には、さまざまな機能が搭載されています。そこで、特に注目の機能を5つご紹介するので、洗濯機選びの参考にしてみてください。

洗剤・柔軟剤自動投入機能

洗剤・柔軟剤自動投入機能とは、洗濯のたびに自動で洗剤や柔軟剤を計量・投入する機能です。洗濯機本体にある専用タンクにあらかじめ洗剤・柔軟剤を入れておくと、洗濯のたびに自ら最適な洗剤・柔軟剤を計量し投入してくれるため、毎回の手間を省けます。

温水・温風洗浄機能

温水洗浄機能とは、水を洗濯機のヒーターで温めて、お湯で衣類を洗濯する機能です。また、温風で洗剤を温めるタイプや、温風とミストを衣類に吹きつけるタイプもあります。

温水・温風機能が搭載された洗濯機なら黄ばみなどの汚れを落としやすくなります。

自動お掃除機能

自動お掃除機能とは、黒カビが発生しやすい洗濯槽の裏側を自動で掃除する機能です。洗濯槽の裏側に付着した皮脂汚れや洗剤カスなどを洗い流せるため、洗濯機そのものを清潔に保ち続けられます。

メーカーや機種にもよりますが、日々のお手入れには「自動お掃除機能」を使用し、定期的なお手入れとして「洗濯槽洗浄機能」を使うことがおすすめです。

「日々のお手入れの手間を省きたい」という方には、とくに注目してほしい機能です。

こだわり洗濯機能(洗濯コース)

洗濯機能(洗濯コース)は、製品によってさまざまです。たとえば、洗濯の時間を短縮できる「お急ぎコース」や、ニットやセーターなどデリケートな衣類に適している「ドライコース」があります。

洗濯コースによっては、洗い・すすぎ・脱水の回数を減らしたり水流の強さを調整したりできるので、洗濯にこだわりのある方は「どのような洗濯機能(洗濯コース)が搭載されているか」をチェックするようにしましょう。

スマホ連動機能

スマホ連動機能とは、スマートフォンを使って洗濯機を操作できる機能です。洗濯開始時間や洗濯コースをスマートフォンから設定できるので、洗濯物を入れておけば外出先からでも洗濯開始や予約時間の変更をすることができます。

また、帰宅時間に合わせて洗濯・乾燥が終わるよう設定すると、帰宅後すぐに洗濯物をたたむことも可能です。時間を効率的に使いたいという方にとくにおすすめです。

それぞれに違いがある!縦型洗濯機を扱うメーカーの特徴

縦型洗濯機の特徴は、メーカーによって異なります。以下で詳しく解説します。

日立(HITACHI)

日立は、洗浄力が高い縦型洗濯機を多く展開しているメーカーです。

縦型洗濯機の中でも人気なのは「ビートウォッシュ」シリーズ。一部機種には「ナイアガラ ビート洗浄」が搭載されており、衣類に洗剤液をたっぷり散布する大流量のナイアガラシャワーで汚れを洗い流します。さらに、回転羽根で押して、たたいて、もみ洗いをするので、頑固な汚れもきれいに落とせるのが特徴です。

日立の縦型洗濯機一覧をみる

東芝(TOSHIBA)

東芝は、「洗浄技術」と「低振動・低騒音設計」に定評があるメーカーです。

縦型洗濯機の主力商品には「ZABOON」があり、一部機種にはウルトラファインバブル洗浄が搭載されています。ナノサイズの泡が繊維の奥までしっかり浸透することで、頑固な汚れもきれいに落とすことができます。

このほか、ZABOONは低振動・低騒音設計で静かさを追求しています。そのため、早朝や深夜、赤ちゃんが寝ている時間など、時間帯を気にせず洗濯ができます。

東芝の縦型洗濯機一覧をみる

シャープ(SHARP)

シャープの縦型洗濯機の一部機種には、「穴なし槽」が採用されています。洗濯槽に穴がないことによって、洗剤カスや黒カビなどが洗濯槽の裏側に付着するのを抑えます。くわえて、洗濯槽の底裏にはカビが付着しにくいステンレスを採用しているため、いつでもきれいな水で洗濯できます。

シャープの縦型洗濯機には、プラズマクラスターが搭載された製品もあります。これにより、頻繁に洗えない衣類や水で洗えないものも、除菌・消臭効果が期待できます。

シャープの縦型洗濯機一覧をみる

パナソニック(Panasonic)

パナソニックの縦型洗濯機の一部機種には、洗剤を泡立てて洗濯する「泡洗浄」が搭載されています。濃密泡で汚れを包んだのち浮かせて洗い流すので、頑固な汚れも落とせます。

さらに、濃密泡のパワフル立体水流で、繊維の奥の汚れもしっかり洗浄します。

パナソニックの縦型洗濯機一覧をみる

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

アイリスオーヤマの縦型洗濯機の一部機種には、「部屋干しモード」が備わっています。洗濯物を干す時間を短縮できるだけでなく、しっかり脱水するので部屋干しのニオイも防ぎやすくなっています。

さらに、予約タイマー機能も搭載されているので「帰宅時間に合わせて、洗濯物が終わるよう予約をしておく」などと、ライフスタイルに合わせて使うことも可能です。

アイリスオーヤマの縦型洗濯機一覧をみる

ぜひご参考に!おすすめの縦型洗濯機をご紹介

シャープ 全自動洗濯機(洗濯9kg) <ES-GV9F-N>

  • 穴なし槽で清潔・節水&汚れもスッキリ!。シャープだけのステンレス穴なし槽を採用!
    穴がないので、洗濯槽の外側や底裏についた黒カビや汚れが洗濯槽の中に侵入しません。黒カビなどの汚れから守って、清潔な水で洗い・すすぎができます。

  • モデル名 シャープ 全自動洗濯機(洗濯9kg) ES-GV9F-N
    価格 下取りなし価格 円(税込)
    下取り後価格 円(税込)(円下取り)
  • 商品の詳細を見る

    シャープの洗濯機一覧

東芝 全自動洗濯機(洗濯7kg) <AW-7GM1>

  • 高濃度の洗剤液をつくり、しっかり洗い流す。少ない水で作った高濃度洗剤液を繊維の奥まで浸透させてから水を追加し、しっかり洗います。

  • モデル名 東芝 全自動洗濯機(洗濯7kg) AW-7GM1
    価格 下取りなし価格 円(税込)
    下取り後価格 円(税込)(円下取り)
  • 商品の詳細を見る

    東芝の洗濯機一覧

アイリスオーヤマ 全自動洗濯機 (洗濯8kg) <IAW-T804>

タテ型洗濯機はこちらから

洗濯機を新調!長持ちさせるコツとは?

せっかく気に入った縦型洗濯機を購入しても、正しい使い方をしていないと寿命を縮めてしまいかねません。長く使い続けるためにも、以下でご紹介するコツを押さえておきましょう。

洗濯物をギリギリまで詰め込まない

洗濯機を使用する際、「まだ入るから」と洗濯物をたくさん詰め込んでしまいがちですが、それは望ましくありません。なぜなら、洗濯物をたくさん詰め込むと重くなり、モーターの負担が大きくなります。洗濯機を長持ちさせるためにも、洗濯物は規定内の量に留めておきましょう。

規定量は、取扱説明書などに記載されている容量が目安です。

定期的にお手入れをする

洗濯機を長く使用するには、定期的なお手入れも欠かせません。とくに、洗濯槽の外側はカビが発生しやすいので要注意です。カビが原因で洗濯槽が劣化する可能性もあるので、定期的にお手入れしましょう。

洗濯機によって掃除の方法は異なるので、必ず取扱説明書を確認してください。

洗剤を入れすぎない

「洗剤をたくさん入れたほうが汚れは落ちやすい」というわけではありません。

多量の洗剤を入れると溶け残りが発生しやすく、カビの原因になることもあります。カビの繁殖を防ぐためにも、洗剤の量は必ず洗剤裏面の使用量表示を守って使用しましょう。

まとめ

縦型洗濯機には「洗浄力が高い」「価格がリーズナブル」「比較的狭いスペースにも設置できる」といった魅力があります。洗濯機選びで迷っている方は、縦型洗濯機の購入をご検討ください。

そして、縦型洗濯機を購入する際は、今回ご紹介した選ぶ際のポイントや注目機能、おすすめ製品を参考に、ライフスタイルに適した縦型洗濯機をみつけてください。