ページの上部に戻る

洗濯機を掃除する方法は?ピカピカにするための方法を徹底解説

洗濯機を掃除せずに使い続けていると、さまざまな汚れが原因となってカビなどが発生するおそれがあります。これまでほとんど掃除をしたことがないという方も、できるだけ定期的に掃除して衛生的な状態を維持することをおすすめします。いくつかポイントをおさえるだけで汚れが溜まりにくい環境にすることもできるので、すでに汚れが溜まっているのであれば一度掃除してみてはいかがでしょうか。今回は、洗濯機を掃除する方法について詳しくご紹介します。

洗濯機の掃除はなぜ必要?

洗濯物をキレイにしている洗濯機は、日頃から水と洗剤を使用しているため、「洗濯機の掃除はしなくても良いのではないか」と考える方もいるかもしれません。

しかし洗濯物を入れる「洗濯槽」には衣類に付着していた汚れや時間とともに蓄積する水アカ、流しきれなかった洗剤などが原因となって雑菌が繁殖し、カビが発生するおそれがあります。

さらに洗濯機のふたを常に閉める習慣があると洗濯槽内部の湿度が高くなりカビが増殖するスポットとなりやすいことも、定期的な掃除は重要である理由です。

洗濯機には内側の洗濯槽に脱水用の穴が設けられていることが多く、この穴から洗濯槽の外側に周った水分や洗剤カスなどが雑菌を繁殖させる原因となるケースも多いといえます。

洗濯機の代表的な5つの汚れ

洗濯機に蓄積しやすい汚れとして代表的なものは、次の5つです。気がつかないうちに少しずつ溜まっていくので、定期的に掃除することが大切です。

衣服の汚れ

衣服には皮脂や汗が付着しており、その汚れが洗濯槽に残ったままになると雑菌のもとになります。

泥汚れや食品のシミ、繊維など、衣服そのものが洗濯槽にさまざまな汚れを蓄積させる原因となり得るため注意が必要です。

ときにはポケットティッシュなどをしまい忘れたまま洗ってしまうケースもあります。

「他の衣服にもティッシュがこびりついてしまい、片付けが大変になった」という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

掃除の際に余計な手間が発生する可能性があるため、脱いだ衣服の状態に問題がないかを確認してから洗濯機の中に入れることをおすすめします。

チリ・ホコリ

日常的に掃除する機会が少ない洗濯機の裏側や設置場所と壁の間などは、チリやホコリが溜まりやすい場所です。

水気がない状態でホコリ取りなどを使えば簡単に掃除できますが、洗濯を行った直後など水気が多い場合は汚れが壁や床に貼り付いて取れにくくなってしまうため、タイミングをよく見計らいましょう。

石鹸カス

排水とともに流れきらず洗濯槽に残った洗剤が固まり、石鹸カスとして汚れになる可能性もあります。

粉タイプと液体洗剤のどちらでも石鹸カスになり得ますが、粉タイプの場合は溶け残りが洗濯槽の底で固まりやすく、液体洗剤の場合は投入口付近に汚れが蓄積したりします。

柔軟剤も同様に石鹸カスになりやすいため注意が必要です。

水アカ

水アカの正体は水道水などの中に混じっているミネラル成分で、主にカルシウムなどが乾燥して固く落としにくい汚れとなります。

洗濯物に悪影響を及ぼすことはないものの、早めに対処しなければさらに頑固な汚れとなってプロに依頼しても落とせなくなる可能性があります。

カビ

カビは前述の4つの汚れをよく好み、洗濯機本体を含めた周囲に発生しやすい汚れです。

洗濯機周りは水分が豊富で湿気も高くなっているケースが多いため、日常的にカビが繁殖しやすい状態になっています。

定期的な掃除でカビの原因となる汚れを取り除き、発生しにくい環境を保つ必要があるでしょう。

洗濯槽の掃除に使える洗浄剤の種類

洗濯機の掃除は外観部分や洗剤投入口などふきんなどで掃除することで比較的簡単にキレイにできる場所から、洗濯槽内のような手が届かず掃除のしにくい場所まで様々です。

ここでは掃除のしにくい洗濯槽の掃除について説明します。

洗濯機指定の洗濯槽クリーナーを使用する

メーカーや機種によってはその洗濯機に適合した専用の槽クリーナーが準備されている場合があります。

取扱説明書のお手入れのページに記載されていないか確認し、専用品がある場合はメーカーなどから購入するとよいでしょう。

メーカー指定のため、確実に適合している安心感がある反面、汎用的な槽クリーナーと比べると金額が高い傾向にあります。

汎用的な槽クリーナーを使用する

ホームセンターなどで洗濯槽クリーナーを購入することができます。大きくわけて酸素系槽クリーナーと塩素系槽クリーナーがあり、さらにドラム式に対応しているかどうかという点でも種類がわかれます。

酸素系槽クリーナーと塩素系槽クリーナーのどちらがより洗浄できるのかは洗剤の種類や使う洗濯機との相性もあるので優劣はつけづらいです。

洗濯機の機種によっては使用ができない槽クリーナーがありますので、市販の汎用的な槽クリーナーを購入して使用する際は、あらかじめ取扱説明書をよく読んでトラブルが起きないように気を付けましょう。

洗濯機をきれいに掃除するポイント

ここでは、洗濯機をきれいに掃除するための5つのポイントをご紹介します。

こまめに掃除する

日頃から汚れに気がついたらこまめに掃除するように心がけましょう。

長い間放置すると落ちにくくなり、固まった汚れを養分としてカビが繁殖しはじめます。汚れが軽いうちに対処することで、後から大がかりな掃除を行う必要がなくなります。

洗濯かごを使用する

汚れた衣服の汗や皮脂は洗濯槽の湿度を高める原因となるため、脱いでから洗濯するまでの間は洗濯かごに入れるようにすると良いでしょう。

洗濯直前に洗濯槽に入れることで、カビの原因になりにくくなります。

洗濯機のふたを閉めない

洗濯機の機種によっては推奨されていないこともあるので、ご使用中の洗濯機の取扱説明書の確認が必要ですが、湿度を上昇させないために、洗濯機のふたを開けて中の湿気を軽減するという方法もあります。

しかし幼い子どもやペットが誤って中に入る危険性があるため、子どもやペットがいる場合は限られた時間だけふたを開けて換気するなどの対応も検討する必要があります。

洗剤は適量を使用する

洗剤を必要以上に使いすぎると、流しきれなかったものが石鹸カスとなって蓄積する可能性があります。

洗剤の適量を守って使用することで、汚れの蓄積を最小限に抑えられるでしょう。お使いの洗剤の取扱説明書をよく読んで、推奨されている用量を守りましょう。

乾燥機能を使う

乾燥機能が搭載されている洗濯機では、湿気を取り除いてカビを生えにくくすることができる機能がある場合があります。

衣服を乾かす目的で乾燥機を使用する習慣がない家庭でも、定期的に乾燥機能を使ってカビ対策をするのがおすすめです。

まとめ

洗濯機を掃除せずにいると汚れが落ちにくくなるばかりか、カビが繁殖する原因にもなります。

日常的なお手入れを欠かさないことが重要ですが、もし汚れが悪化してしまったときは丁寧に洗濯槽を掃除しましょう。

こまめな掃除が有効ではあるものの、洗濯かごや乾燥機能の活用も高い効果をもたらします。

日常的に工夫を積み重ねて、衛生的な状態を保ち続けることが大切です。

もし汚れがひどく、買い替えを検討される場合は、下取りのあるお店を選ぶのがおすすめです。下取りなら古い洗濯機を処分できるだけでなく、新しく購入する洗濯機の代金から一定金額を割引するなどのサービスを受けられる場合もあります。

ジャパネットたかたでも洗濯機の下取りを行っています!

下取りで購入できる洗濯機を見る