ページの上部に戻る

ドラム式洗濯機のメリットとは?選ぶポイントとおすすめ商品をご紹介!

洗濯機は、生活する上で欠かせない家電のひとつです。その種類は豊富にあるので、「どの洗濯機を選べばいいのかわからない」と迷う方も多いのではないでしょうか。そこで今回はドラム式洗濯機に注目し、「機能」「縦型洗濯機との違い」「メーカー別のおすすめ商品」などをご紹介します。ぜひ、購入時の参考にしてみてください。

ドラム式洗濯機とは

まずは、ドラム式洗濯機のメリットと、ドラム式洗濯機と縦型洗濯機の違いについて説明します。

ドラム式洗濯機のメリット

ドラム式洗濯機のメリットのひとつに「乾燥機能が充実している」という点が挙げられます。ドラムの回転・反転によって洗濯物が大きく広がり、洗濯物全体に温風が当たりやすくなるためしっかりと乾燥でき、フワフワに仕上げることができるでしょう。

機種によっては、シワを抑えて乾燥させたり縮み防止のために低温で乾燥させたりする機能が搭載されていることもあります。

洗浄には、基本的にドラムを回転させる「たたき洗い」という方式を採用しており、衣類を上から下へ落下させて汚れを落とします。そのため、衣類の摩擦が少なく傷みづらいのが特徴です。また、縦型洗濯機と比較して洗濯に使用する水が少量で済むため、水道代も節約できるでしょう。

縦型洗濯機との違い

ドラム式洗濯機と縦型洗濯機の大きな違いは、「洗濯槽の配置が異なる」という点です。ドラム式洗濯機が横扉なのに対して、縦型洗濯機は洗濯機の上部に扉があります。それにより、洗濯機の基本となる洗浄方法が違います。

上述したとおり、ドラム式洗濯機は「たたき洗い」が中心ですが、縦型洗濯機は洗濯槽に水を溜めてパルセーター(※1)の回転で水をかくはんし、その水流で衣類同士を擦り合わせ洗浄する「もみ洗い」が中心です。そのため、縦型洗濯機は洗浄力が高く、汚れ落ちがよいのが特徴です。 また、縦型洗濯機はドラム式洗濯機に比べて、わずかなスペースに置けるサイズが多い上に、価格が割安なところも魅力です。ただし、その一方で洗濯時に摩擦が起こるため衣類を傷めやすかったり、乾燥機能を使っても完全に乾燥させるのが難しかったりする弱点もあります。

※1 洗濯槽の底にある回転羽根

結局、ドラム式洗濯機と縦型洗濯機、どちらを選べばいいの?

ドラム式洗濯機のメリットは、「乾燥機能が充実している」「衣類が傷みにくい」「水道代が節約できる」「取り出し口が低く、洗濯物が取りやすい」という点です。

一方で縦型洗濯機のメリットには、「洗浄力が高い」「洗濯時間が短め」「価格が割安」「コンパクトなサイズも充実している」などの点が挙げられます。

生活様式は人それぞれ違うため、「節水機能が欲しい」「洗浄力を重視したい」「大容量のものがいい」「設置スペースをとりたくない」などの洗濯機に求めることは、人によって変わってきます。

また、メンテナンスや掃除のしやすさなど、買った後のことも重要になってくるので、洗濯機の形式や機能は住環境やライフスタイルに合わせて選ぶことをおすすめします。

ドラム式洗濯機の選び方はココをチェック!

ドラム洗濯機を選ぶ際は、以下のポイントをチェックするようにしましょう。

乾燥機能の種類

乾燥機能には、大きく分けるとヒーターを使わない「ヒートポンプ式」と、ヒーターを使う「ヒーター式」の2つがあります。以下では、それぞれの乾燥方式の特徴を説明します。

ヒートポンプ式

ヒートポンプ式は、洗濯槽内を除湿しながら衣類を乾燥させる方式です。

洗濯槽内を約60℃前後と比較的低めの温度で乾燥させるため、衣類の傷み・縮みが少ないのが特徴です。また、ヒートポンプで効率よく熱交換するので、ヒーター式よりも高い省エネ効果が期待できます。さらに、乾燥時に温度が上がりすぎないため、機種によっては乾燥途中のドアの開閉が可能です。

ヒーター式

ヒーター式は洗濯槽の中に温風を送り乾燥させる方式で、「水冷・除湿タイプ」と「排気タイプ」の2種類があります。

水冷・除湿タイプは、冷却水で水蒸気を除湿し、水に戻して機外に排出します。一方、排気タイプは乾燥時に出た水蒸気をそのまま機外へ排気します。

ヒーター式のメリットは、ヒートポンプ式よりも本体価格が安い上に、本体そのものが軽量であることです。デメリットは、ヒートポンプ式よりも高温で乾燥させるため電気代がかかることと、衣類が傷みやすくなること。また、一度乾燥が始まると扉の開閉ができないという弱点もあります。このほか、水冷・除湿タイプの場合は冷却水を使うため、乾燥時にも水道代がかかります。

なお、メーカーによってはヒートポンプ式・ヒーター式以外の乾燥方式を採用していることもあります。たとえば、日立の「ヒートリサイクル式」がその代表例です。

乾燥機能の使用回数が多い方は、ランニングコストも気になると思います。電気代や水道代はメーカーや機種によって異なるので、一概には言えませんので、購入前に確認することをおすすめします。

あらかじめ、どの乾燥方式が採用されているかを確認して、自分の生活様式に合った洗濯機を選びましょう。

意外と知らない乾燥容量とは?

見落としがちなポイントとして注意したいのが、「乾燥容量は洗濯容量よりも少ない」という点です。機種によって異なりますが、洗濯容量10kgの場合、乾燥容量はおおよそ5〜6kgであることがほとんどです。また、同じ洗濯容量でもドラム式洗濯機と縦型洗濯機では乾燥容量が異なるので、購入する前に必ず確認しましょう。

容量・サイズは適したものを選ぼう

洗濯容量ギリギリまで洗濯物を入れて洗濯してしまうと、汚れが落ちにくくなることがあります。そのため、普段の洗濯物の量を把握した上で、その量を上回る洗濯容量の洗濯機を選びましょう。

1日分の洗濯物は1人あたり約1.5kgといわれていますが、日頃忙しい方は数日分まとめて洗濯することもあるでしょう。

1人暮らしの場合、3日分の洗濯物は約4.5kgになるため、余裕をもって洗濯容量「6〜7kg」の洗濯機を選ぶのがおすすめです。

2人暮らしの場合は、洗濯物を2日間ためると約6kgにもなるため、余裕を持って洗濯容量「8〜10kg」の洗濯機を選ぶとよいでしょう。

4人暮らしの場合は、少しため込んでしまっても大丈夫なように洗濯容量が「11kg以上」の大きめな洗濯機を選ぶのがおすすめです。

「週に何回洗濯するか」「一度にどれくらいの洗濯物を洗濯するか」を基準に、自分のライフスタイルに合った洗濯容量の洗濯機を選びましょう。

奥行き、ドアの向き、ドアを開けるスペースは大丈夫?

洗濯機を購入する際は本体サイズとあわせて、洗濯機の扉の向きや扉を開けたときの最大奥行きも確認することが大切です。

ドラム式洗濯機の扉は基本的に手前に開きます。右開きと左開きの2種類があるので、洗濯機置き場に設置した際に、洗濯物が取り出しやすいほうを選びましょう。

また、扉が後ろの壁にぶつからないかなど、扉を開けたときのスペースにも注意する必要があるので、その点も購入する前に必ず確認しましょう。

洗濯機の下に設置する水漏れ防止の「防水パン」がある場合は、あらかじめ奥行と幅を計測しておき、洗濯機を購入する際の指標にしましょう。

なお、どうしても希望の洗濯機が防水パンからはみ出てしまうとしても、足代設置(有料)を施せば問題なく置ける場合もあるため、専門業社に確認してみましょう。

洗剤自動投入やスマホ連携の便利機能

最近では、洗剤自動投入やスマホ連携などの便利な機能が搭載されている機種もあります。

洗剤自動投入は、洗濯のたびに自動で洗剤を計量し入れてくれる機能。洗剤の量をはかる手間がなくなるので、とても便利です。

その一方で、機種によっては定期的にケースの清掃などのメンテナンスをする必要があります。そのため、前もってメンテナンス方法を確認し検討するようにしましょう。

スマホ連携は、外出先からスマートフォンで洗濯機の運転・予約ができる機能です。帰宅時間に合わせて洗濯が終了できるように時間設定を予約・変更できるため、洗濯機の中に洗濯済みの衣類を放置することを防げます。

洗濯・脱水・乾燥の静音性は大丈夫?

住環境にもよりますが、洗濯機を使用する際に「近隣に迷惑をかけないか」「家の中でも音が気になる」などと、洗濯音を気にされる方は多いのではないでしょうか。

日常生活で静かと感じるのは約45db以下といわれています。そのため、夜に洗濯したい方や昼間でも静かに洗濯したい方は、こちらの数値を基準に洗濯機を選ぶようにしましょう。

搬入が可能か、購入前に必ず確認しよう

「搬入経路が狭く、購入した洗濯機が家の中に入らない」ということがないように、洗濯機を購入する際は、事前に必ず本体サイズを確認しましょう。あわせて、エレベーターや廊下、階段、通路に洗濯機が通る十分なスペースがあるかもチェックしておくことが大切です。

建物や洗濯機本体を傷つけないためには、エレベーター・廊下・階段・通路のスペースが「本体サイズ+10cm以上」であるのが理想です。さらに、手すりやドアノブなどの突起物がある場合は、その幅も加味する必要があります。

らせん階段・曲がり角(階段・廊下)がある場合は、特に注意しましょう。

なお、設置場所が2階以上でエレベーターがない場合は、搬入の手数料がかかる場合もあります。こちらも購入前に確認しておきましょう。

ドラム式洗濯機のおすすめはこれ!

AQUA ドラム式洗濯乾燥機「まっ直ぐドラム」シリーズ(洗濯12kg/乾燥6kg) <AQW-D12M>

  • 大容量12kgドラム洗乾!なのにコンパクト。「まっ直ぐドラム」はドラムを水平に配置。のAQUAが業務用洗濯機で培った「水平=まっ直ぐドラム」のメリットやノウハウをこの商品に応用。
    洗濯物が絡まりにくく、ムラを抑えてしっかり洗うことができます!

  • モデル名 AQUA ドラム式洗濯乾燥機「まっ直ぐドラム」シリーズ(洗濯12kg/乾燥6kg) AQW-D12M
    価格 下取りなし価格 円(税込)
    下取り後価格 円(税込)(円下取り)
  • 商品の詳細を見る

    AQUAの洗濯機一覧

シャープ ドラム式洗濯乾燥機 (洗濯11Kg/乾燥6kg) ES-W114-SL>

  • ボタンを押すだけ!毎日のお洗濯が快適に!。あらかじめ、液体洗剤をタンクに入れ、洗剤の銘柄をアプリに登録しておけば、毎日のお洗濯はスタートボタンを押すだけ。洗剤残量やお手入れ時期もお知らせします。粉末洗剤や漂白剤、おしゃれ着用洗剤などは、手動投入口から使用可能です。

  • モデル名 シャープ ドラム式洗濯乾燥機 (洗濯11Kg/乾燥6kg) ES-W114-SL
    価格 下取りなし価格 円(税込)
    下取り後価格 円(税込)(円下取り)
  • 商品の詳細を見る

    シャープの洗濯機一覧

日立 ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム (洗濯10kg/乾燥6kg) <BD-SG100GL>

  • 「風アイロン」搭載でそのまま着られる仕上がりへ。大容積のビッグドラムの中で衣類を大きく舞い上げながら乾燥。時速約300kmの高速風を吹きかけて、シワを伸ばします。衣類を蒸らした状態で風を当てることで袖まできれいに。 の低温乾燥で、ふんわりやさしく仕上げます。

  • モデル名 日立 ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム (洗濯10kg/乾燥6kg) BD-SG100GL
    価格 下取りなし価格 円(税込)
    下取り後価格 円(税込)(円下取り)
  • 商品の詳細を見る

    日立の洗濯機一覧

洗濯機・洗濯乾燥機一覧はこちらから

まとめ

ドラム式洗濯機のメリットには、「乾燥機能が充実している」「衣類が傷みにくい」「水道代が節約できる」「取り出し口が低く、洗濯物が取りやすい」などの点が挙げられます。

生活様式は人それぞれ違うため、「節水機能が欲しい」「洗浄力を重視したい」「大容量のものがいい」「設置スペースをとりたくない」などの洗濯機に求めることも、もちろん人によって変わってきます。

ドラム式洗濯機と縦型洗濯機、それぞれの特徴を把握した上で、家族構成や住環境、ライフスタイルに合わせて洗濯機を選んでみてください。

こちらの記事ではドラム式洗濯機と縦型洗濯機の選び方をご紹介しています。

なお、買い替えを検討される場合は、下取りのあるお店を選ぶのがおすすめです。下取りなら古い洗濯機を処分できるだけでなく、新しく購入する洗濯機の代金から一定金額を割引するなどのサービスを受けられる場合もあります。

ジャパネットたかたでも洗濯機の下取りを行っていますので、ぜひご検討ください。

下取りで購入できる洗濯機を見る