ページの上部に戻る

洗濯機が水漏れしたら?修理方法や防止策を紹介

洗濯機の水漏れに気がついた際、直ちに対処しなければ被害がどんどん拡大してしまいます。どの部分が原因になっているのかを究明してできるだけスピーディーに対処を行い、最小限の被害に食い止めましょう。洗濯機の水漏れの原因となりえる箇所は複数あるため、思い当たる箇所を一つひとつ調べる必要があります。そこで今回は、洗濯機が水漏れした時の対処方法や防止策をご紹介します。

洗濯機が水漏れした時の原因箇所と対処法

洗濯機からの水漏れが確認された時は、基本的にすみやかに業者を呼んで故障箇所を特定し、必要があれば修理してもらうのが望ましいといえます。

しかし場合によっては故障以外の原因で水漏れしており、自分で対処できる可能性もあります。

まずは、次の各ポイントを確認してみてください。

洗濯機本体

洗濯機本体の水漏れがある時は、故障以外に汚れが原因となっているケースがあります。他には、部品の緩みやホースのサイズ間違いなどが原因の場合もあります。

対処法

汚れが原因で水漏れが起こっているなら、掃除を徹底することで状況が改善することもあります。洗濯機本体のフィルターや洗剤投入部分を清掃してみると、水漏れが解消される可能性も考えられます。

加えて、ホースと洗濯機の接続部が緩んでいると洗濯時の排水や脱水の時に水漏れすることがあります。取扱説明書を見ながらホースのゆるみや対処方法を確認しておきましょう。

ドラム式洗濯機であれば、洗濯槽のドアパッキンの経年劣化が原因の場合もあります。この場合は自分で対応せず、業者に依頼して部品を交換してもらう必要があります。

蛇口

蛇口の水漏れも、汚れが原因になっているケースがあります。メンテナンスには少々手がかかるため、工具などの扱いに慣れていない場合はケガを負う危険もあります。

不安がある方は無理に作業せず、業者に依頼して点検・交換を行ってもらうことをおすすめします。

対処法

洗濯機の蛇口を掃除するには接続しているホースを外さなくてはなりません。蛇口が開いたままだと水が噴き出しますし、閉じていてもホース内にある残留水が漏れる可能性があります。

また取付が不完全だと逆に水漏れを多くすることも考えられます。蛇口の水漏れが疑われる場合は無理せずメーカーサポートや専門業者へ問い合わせを行いましょう。

排水ホース

排水ホースからの水漏れはホースの経年劣化が原因のケースが多くあります。

対処法

新しいホースへ交換することで状況が改善するケースが多いといえます。

ホームセンターなどで新品を購入することもできますが、ホースの長さに加えて、接続部分のサイズや形状なども合わせる必要があるため、不慣れでうまく作業できる自信がない場合には専門業者に依頼しましょう。

給水ホース

給水ホースは、壁面の蛇口と洗濯機本体の給水口をつないでいます。壁側にある「ニップルとの間」と「洗濯機側」のどちらかの接続口にトラブルが見られるケースが多いです。

対処法

洗濯機の機種や壁面の蛇口の形状によって、給水ホースとの接続口の形状、方法が異なってきます。ねじ込み式のものもあればワンタッチで接続できるものもあります。まずは給水ホース両端をよく観察し、水漏れらしきものがあるか確認しましょう。

清掃のために取り外す場合は取扱説明書をよく確認しましょう。推奨されるメンテナンス内容でなければ取り外さずに専門業者による作業を依頼しましょう。

取り外しての清掃は取扱説明書の手順に従って行いますが、基本的にはまずは蛇口をしっかり締める必要があります。ホース内に残留水がある場合がありますので、ホースを外すときは注意が必要です。外して清掃した後、手順に従い取付を行います。

不十分だと給水時に水漏れを起こしますので取扱説明書の手順や注意事項をしっかり確認して作業を行いましょう。

ニップル

ニップルに水漏れが見られるケースもあります。この場合は自分で対処することは難しいため、業者への点検を依頼して新しい部品に交換してもらいましょう。

排水管

「排水エルボ」とも呼ばれる排水管からの水漏れなら、ネジの緩みか排水口自体のトラブルのいずれかが原因となっている可能性が高いといえます。

対処法

排水ホースとエルボの接続部に原因があるのであれば、ビニールテープで両者を巻き付けて固定することで応急処置ができる可能性があります。しかしあくまでも応急処置に過ぎないため、できるだけ早い段階で業者に修理を依頼することをおすすめします。

ネジが緩んでいる場合は、エルボ側のネジを閉め直すと状態が改善される可能性が高いです。排水ホースが洗濯機本体に差し込まれていないことで水漏れが見られることもあるので、接続が緩んでいないかどうかも確認しましょう。

洗濯機の水漏れを防ぐ方法

洗濯機の水漏れを防ぐためには、日頃から洗濯機の使い方に注意する必要があります。ここでは、水漏れを防ぐ6つのポイントをご紹介します。

洗濯物を入れすぎない

洗濯機の洗濯可能容量はあらかじめ定められているため、許容量以上の洗濯物を詰め込んで洗わないことが大切です。

許容量以上の洗濯物を入れるとモーターに負担がかかりすぎてしまい、洗濯機の寿命を縮める原因になります。

許容量以上の作動をさせているため排水ホースなどの部品の劣化が早まり、水漏れを起こす可能性があります。洗濯物が多い時は、複数回に分けるなどの方法で対処しましょう。

洗濯後は蛇口を閉める

洗濯が終わった後は蛇口を閉めることも重要です。

蛇口を開けた状態で放置すると給水ホースなどの洗濯機の部品に負担がかかり、経年劣化を早める原因となる可能性があります。

蛇口が開いた状態で水漏れを起こすと家の中が水で溢れる危険性もあるので、洗濯後はこまめに蛇口を閉めるように意識しましょう。

部品の接続部を定期点検する

エルボやニップルなど洗濯機と他の部品を接続する箇所は、比較的経年劣化や緩みが見られやすい部分です。

定期的に問題が起きていないかを目視で点検することで水漏れの予兆を事前に発見できるため、意識的に確認することが大切です。

劣化が激しくなってきたら、少し早めのタイミングで交換すると想定外の事故を防止できるでしょう。

ホースの劣化も起こりやすいので、一緒にチェックしておくことをおすすめします。

こまめに掃除する

汚れやつまりは水漏れの原因として非常に多いので、洗濯機はこまめに掃除することが大切です。

可能であればフィルターは洗濯するたびに掃除するのが理想的で、洗剤を投入する部分は1ヶ月に1回程度の掃除が望ましいでしょう。衛生面から考えても、定期的な掃除は必要不可欠といえます。

また、こまめに清掃することでホースや接続部を見たりさわったりする機会が増えるので結果的に不具合に気づきやすくなります。

  • 洗濯機を掃除する方法は?ピカピカにするための方法を徹底解説

    • 定期的に洗濯機を回していても、洗濯機そのものはあまり掃除しないという方は多いようです。しかし洗濯機には少しずつ汚れが溜まるため、こまめに掃除をして衛生的な状態を保つことは重要です。そこで今回は、洗濯機を掃除する方法やポイントをご紹介します。
    • 詳しく見る

防水パンを設置する

最近の住宅では標準的に防水パンが準備されていると思います。

防水パンを設置しておくと洗濯機を安定して設置でき、水漏れの際も直接床面ではなく、まず防水パンに水が溜まるため安心感が増します。

多少洗濯機の高さが高くなるため掃除もしやすくなるので設置しておくことをおすすめします。

排水ホースの勾配をチェックする

洗濯の際は洗濯機が激しく振動するため、排水ホースが移動して逆勾配の状態になっていることがあります。

水の逆流を防ぐためにも、排水ホースの勾配は定期的にチェックしましょう。排水できない状態が続くと、汚れが溜まって詰まりを引き起こす可能性もあるので注意が必要です。

洗濯機の水漏れを放置するとどうなるのか

洗濯機の水漏れを放置すると、マンションやアパートなどの集合住宅では階下に浸水して近隣住民に迷惑をかけるリスクがあります。場合によっては賠償問題に発展する可能性もあるので、くれぐれも注意しましょう。

加えて少量の水漏れはカビの原因になるので、不衛生であるだけでなく部品の劣化や故障を引き起こす可能性があります。

水漏れを発見したら放置せず、できるだけ早急な対処をすることが重要です。

もし修理をせずに洗濯機を買い替えるのであれば、下取りのあるお店を選ぶのがおすすめです。下取りなら古い洗濯機を処分できるだけでなく、新しく購入する洗濯機の代金から一定金額を割引するなどのサービスを受けられる場合もあります。

ジャパネットたかたでも洗濯機の下取りを行っています!

下取りで購入できる洗濯機を見る

まとめ

洗濯機に水漏れが見られる場合は症状が小さいうちに原因を特定し、専門業者などに修理や部品交換を依頼することをおすすめします。放置しておくとさらに水漏れが拡大して、手が付けられないほど状態が悪化する可能性があるため注意しましょう。

単に部品が故障している可能性もありますが、汚れなどが原因になっているケースも少なくありません。日頃から定期的な清掃を心がけて、洗濯機に余計な負担をかけないような使い方をすることが大切です。