ページの上部に戻る

「おすすめ製品もご紹介」32V型テレビの特徴・選び方をわかりやすく解説

32V型テレビを購入する際、「何を基準に選べばよいのか」と悩んでしまう方は多いのではないでしょうか。同じ32V型テレビであっても機能や性能は異なるので、自分に合ったテレビを選ぶためにも着目すべきポイントを押さえておくようにしましょう。そこで今回は、32V型テレビの特徴をはじめ、選び方やメーカー別の特徴、おすすめの32V型テレビをご紹介します。また、使わなくなったテレビの処分方法も解説しているので、ぜひご覧ください。

一人暮らしにも最適!32V型テレビの特徴

32V型テレビは、大きすぎず小さすぎない程よいサイズのテレビです。圧迫感を抑えながら、迫力の映像を楽しめるのが特徴です。一人で見るのはもちろん、寝室や子ども部屋などに置く2台目以降のテレビとしても人気があるサイズなので、多くの方に選ばれやすい大きさといえるでしょう。

大型テレビと比較すると、「価格が抑えられる」「手軽に設置しやすいサイズ感」という魅力もあります。モデルによってはインターネットの動画配信コンテンツに対応しており、NetflixやYouTubeなどの対応動画配信コンテンツをより楽しみたい方にもおすすめです。

32V型テレビはどう選ぶ?着目すべき5つのポイント

「32V型テレビ」と一言でいっても、製品によって機能や性能は異なります。そこで、以下では32V型テレビを選ぶ際に着目すべき5つのポイントをご紹介します。

解像度

解像度は、「きめ細やかさ」を示すもので、テレビパネルの表示画素数を表す規格の1つです。

数値が大きいほど細やかな映像が表示されます。そのため、「美しい映像を楽しみたい」という方は解像度を確認するようにしましょう。

32V型テレビの画質は、主に「HD(ハイビジョン)」と「フルHD(フルハイビジョン)」の2種類あります。それぞれの解像度は以下のとおりです。

種類 解像度
HD 1,366×768画素
フルHD 1,920×1,080画素

画素数が高いほどより鮮明できれいな映像を視聴できるので、高画質を求める方はフルHDを選択するとよいでしょう。価格面では、フルHDを採用しているテレビの方が価格は高くなることが多いです。

さらに高画質を求める方は4Kテレビもおすすめですが、現状では4Kテレビの最小サイズは40V型程度になるので、注意しましょう。

  • 4Kテレビの特徴・メリットをご紹介!超高精細な映像を楽しもう

    • テレビの購入を検討中の方は、ぜひ「4Kテレビ」に目を向けてみてください。この記事では、4Kテレビの概要やメリット、注意点などについて解説しています。また、おすすめの商品もご紹介しているので、ぜひご参考ください。
    • 詳しく見る

録画機能

テレビ番組を録画する場合は、「録画機能」もチェックしておくことが大切です。

まず前提としてテレビ本体が録画機能に対応している必要があります。その上で別途USB接続の外付けHDD(ハードディスクドライブ)を用意し、テレビと接続することでテレビ番組録画を行います。外付けHDDがテレビに対応したモデルであるかどうかはもちろん、HDDの容量が録画できる総時間になるため購入するHDDの容量もチェックしましょう。

このほか、32V型テレビにはHDD内蔵の製品もあります。外付けHDDとUSBを購入する必要がないので、テレビ周りの配線をすっきりさせることが可能です。

ただし、HDD内蔵のテレビもしくは外付けHDDはレコーダーの様に「DVDやBDにダビングすることができない」ということを念頭に置いておきましょう。

「テレビ番組をよく録画する」という方は、チューナー数の確認をしておきましょう。

録画機能が搭載されていても、チューナー数が1基だと録画できるのは1つの番組だけです。その点、チューナー数が2基以上なら同じ時間帯の裏番組の同時録画も可能です。内蔵チューナー数に関してはあとから追加することはできないので、購入前に確認しておくようにしましょう。

DVD・ブルーレイディスクの再生機能

32V型テレビには、DVD・ブルーレイディスク(以下BD)の再生機能が搭載された製品もあります。

本来、DVD・BDを再生するには外付けのプレーヤーやレコーダーが必要です。しかし、DVD・BDの再生機能が搭載された製品であれば、テレビ本体にディスクをセットするだけで、お気に入りのDVD・BDを楽しむことができます。また、テレビとプレーヤーやレコーダーを配線でつながなくてもよいので、テレビ周りがすっきりとすることも魅力です。

DVD・BDで映画などを楽しむことが多い方は、これらの再生機能の有無をチェックしましょう。

インターネット接続機能

インターネットで配信されている動画をテレビで視聴したい場合は、インターネット接続機能と目的の動画配信サービスへの対応状況を確認しましょう。インターネット環境とこの機能があれば、テレビの大画面で動画配信サービスの動画を楽しめます。

なお、インターネットの接続方法には、ケーブルをつなぐ「有線LANタイプ」とWi-Fiなどを使用する「無線LANタイプ」の2つがあります。そのため、インターネット接続機能が搭載されているかの確認だけではなく、接続方法がどちらのタイプなのかもチェックしておくことが大切です。

ゲーム機能

テレビ画面でゲームをプレイしたい方は、ゲーム機能の有無を確認するのがおすすめです。

ゲーム機能が搭載されたテレビはゲーム機器を操作した際に発生する表示反映までの遅延が少ない傾向にあります。そのため、スピード感が重要なゲームなども快適にプレイすることができるでしょう。また、ゲームプレイ専用のゲーミングモニターに比較的近いプレイ環境でゲームを楽しめるので、1台でテレビとゲーミングモニターの両方を兼ねることもできます。

ゲームをプレイする方はゲーム機能の有無をチェックしておきましょう。

シーン・使い方で異なる!32V型テレビの選び方

32V型テレビを選ぶ際は、シーン・使い方も考慮する必要があります。

壁掛け・天吊りを希望するなら重量もチェック

32V型テレビを壁掛け・天吊りで設置したい場合は、なるべく軽量なモデルを選ぶようにしましょう。壁掛けなどの際にはメーカー推奨の器具・金具を使用すれば基本的に安全な設置ができるでしょう。

しかしながら、設置する壁や天井の強度は金具などで向上できないため、できる限りテレビ本体が軽い方が安全性が高まります。もしもテレビが落下してしまうと、テレビの破損や故障だけでなく、床や家具に傷が付いたり、怪我や事故を招いたりする危険性もあります。

そのため、壁掛け・天吊りを希望する場合は、テレビ本体の重さだけでなく、設置器具・金具を含めた総重量と設置する壁・天井の背面の強度を確認してテレビを選ぶことが大切です。

壁面の強度が不明な場合は家電量販店店頭や、専門業者などに問い合わせ、場合によっては現地調査をしてから専用器具や金具を購入するとよいでしょう。

つなぐ機器が多いなら「入力端子の種類と数が多いタイプ」

テレビ本体には「HDMI端子」「LAN端子」「USB端子」などの入出力端子があります。

テレビによって備わっている入出力端子は異なり、またテレビに接続する機器によっても使用する入力端子は異なります。そのため、32V型テレビは「何の機器を接続するか」を考えた上で選ぶことが大切です。

たとえば、ゲーム機やホームシアター、外付けレコーダーをテレビに接続する際は、HDMI端子を使用することがほとんどです。このときHDMI端子の数が足りないと、機器を使用するたびに配線をつないだり外したりしなければなりません。同時に使用することができなくなってしまうので、不便に感じることもあるのではないでしょうか。

その点、入力端子の種類・数が多ければさまざまな機器をつないだままの状態にでき、必要なときにすぐ使うことが可能です。配線を付け替える手間が省けるので、つなぐ機器が多いのであれば入力端子が多いテレビを選ぶとよいでしょう。

異なる魅力がある!32V型テレビを扱うメーカーの特徴

32V型テレビを展開しているメーカーはいくつかあります。以下では、その中でも代表的なメーカー5社の特徴をご紹介します。ぜひ、32V型テレビ選びの参考にしてみてください。

シャープ(SHARP)

シャープは、「AQUOS(アクオス)」シリーズが人気のメーカーです。一部の上位モデルには液晶パネル直下にLEDバックライトを搭載しており、画面全体にムラのない明るさを実現。これにより、鮮明で美しい映像を楽しむことができます。

さらにシャープの32V型テレビには、スピーカー開口部にリフレクター構造を採用している製品もあります。音を前面に伝えることができる構造なので、音声がはっきりと聞き取りやすいのが特徴です。また、「音声くっきりボタン」がある製品なら高音・低音を調整し、より聞き取りやすくすることができます。

シャープの32V型テレビ一覧をみる

東芝(TOSHIBA)

東芝は、「REGZA(レグザ)」が有名なメーカーです。映像処理エンジンとして東芝独自の「レグザエンジンファイン」を使用しており、このエンジンを搭載しているテレビなら美しい映像を堪能できます。

さらに、32V型テレビの一部上位モデルはネット動画が充実しています。話題の映画やドラマ、アニメなど好みの番組を好きなときに楽しめるので、充実したテレビライフを送ることができるでしょう。くわえて、リモコンにはネット動画ダイレクトボタンが配置されています。ボタンひとつで見たいネット動画にアクセスできるので、快適な視聴を実現します。

東芝の32V型テレビ一覧をみる

三菱(MITSUBISHI)

三菱は、独自の高画質エンジンで高精細映像を鮮明に再現しているメーカーです。4つの映像モード(スタンダード・ハイブライト・ナチュラル・シネマ)から自由に選択でき、照明環境に合わせて変更することによって美しい映像を楽しめます。

このほか、三菱の32V型テレビには「オートターン」機能が搭載された製品もあります。

オートターン機能は、テレビ本体を左右に約30度回転させ、画面を見やすい向きを変えることができる機能です。リモコンで簡単に操作できるので、家事の合間やくつろいでいるときにも手軽に見やすい向きに変えることができます。

ソニー(SONY)

ソニーは、「BRAVIA(ブラビア)」シリーズが有名なメーカーです。一部上位モデルには高画質技術の「クリアレゾリューションエンハンサー」が搭載されており、ノイズが少なくクリアで質感の高い映像を楽しめます。また、「クリアボイス」機能を使えば声が聞き取りやすくなるので、臨場感あふれる音声と映像でその場にいるような雰囲気を実現できます。

このほか、ソニーの32V型テレビには「チャンネルポン」機能を搭載した製品もあります。テレビの電源がオフのとき、見たい番組のチャンネルボタンを押すだけでその番組をすぐに起動させることが可能です。これにより、わずかな見逃しも防ぐことができます。

パナソニック(Panasonic)

パナソニックは、「VIERA(ビエラ)」シリーズが人気のメーカーです。一部モデルにはあざやか色再現回路を搭載し、地デジなどあらゆる映像の色を美しく鮮やかに再現。リビングなどの明るい環境でも細部までハッキリと美しい映像を楽しめます。

このほか32V型テレビの中には、同製品の対応機器をつないで別の部屋で視聴できる「お部屋ジャンプリンク」を使用できる製品もあります。

たとえば、リビングにあるディーガ(レコーダー)から放送を転送することによって、アンテナのない部屋に設置してあるVIERAで番組を視聴できます。仮に、見たい番組が重なったとしても別の部屋で視聴可能なため、それぞれが好きな番組を楽しむことができます。

迷ったら参考にしよう!おすすめの32V型テレビをご紹介

TVS REGZA 液晶テレビ レグザ 32V型 <32V34>

  • ネット動画をより美しく再現。リモコンに「Prime Video」「Netflix」「YouTube」「ABEMA」「Hulu」「U-NEXT」などのネット動画ダイレクトボタンを配置しているので、お好みの動画配信サービスへすぐにアクセス。新エンジンが高速グラフィック処理をし、クイックレスポンスで見たい番組を選べます。

  • モデル名 TVS REGZA 液晶テレビ レグザ 32V型 32V34
    価格 下取りなし価格 円(税込)
    下取り後価格 円(税込)(円下取り)
  • 商品の詳細を見る

    東芝のテレビ一覧

シャープ ワイド液晶テレビ 32V型 <2T-C32DE>

  • 前方に音を届ける音抜けのよいリフレクター構造を採用。さらに人の声が聞き取りやすい、音声「くっきり」ボタンを搭載しています。

  • モデル名 シャープ ワイド液晶テレビ 32V型 2T-C32DE
    価格 下取りなし価格 円(税込)
    下取り後価格 円(税込)(円下取り)
    画面サイズ 32V型
  • 商品の詳細を見る

    シャープのテレビ一覧

覚えておこう!32V型テレビの最適視聴距離

32V型テレビの最適な視聴距離は、テレビの高さによって異なります。

フルHDの場合は、一般的に「画面の高さの3倍」が最適な視聴距離といわれています。

たとえば、32V型テレビの画面の高さが約39cmだった場合、計算式は「約39cm×3=約117cm」となります。つまり、この場合の最適視聴距離は約117cmということです。

同じ32V型テレビであっても製品によって画面の高さは異なるので、購入前に最適な視聴距離を確認し、自宅でその分のスペースを確保できるか考えてみるようにしましょう。

使わなくなったテレビの正しい処分方法

テレビを買い替えるとなると、今使っているテレビが不要になります。この場合、「どのように処分すればよいのかわからない」と悩む方は多いのではないでしょうか。

購入する前に、テレビの正しい処分方法を押さえておくようにしましょう。

テレビの処分方法、1つ目は「自治体指定の回収業者に依頼する」方法です。

家電リサイクル法に該当する製品を回収してくれる業者であれば、テレビを適切に処分してもらうことが可能です。ただし、処分するにはリサイクル料金と収集運搬費が必要になるので、費用がどのくらいかかるのかあらかじめ確認しておくようにしましょう。

2つ目は「下取りしてもらう」方法です。

家電通販サイトや家電量販店の多くでは、古い製品の下取りを行っています。壊れたテレビであっても下取りしてもらえる可能性があるので、高確率で処分することができるでしょう。

また、下取りにはリサイクル料金と収集運搬費が発生しますが、新しいテレビを同時に購入することでお得な価格になる場合もあるのでお得な処分方法だといえます。

3つ目は「自治体指定の引取所に持ち込む」方法です。

リサイクル料金はかかりますが、使わないテレビを自ら持って行くので、収集運搬費はかかりません。そのため、運搬の手間はかかりますが、費用を抑えてテレビを処分することができます。

4つ目は「リサイクルショップで買取してもらう」方法です。

正常に使用できるテレビであれば買取ってもらえる可能性があります。ただし、「壊れていなければどのテレビでも絶対に買取ってもらえる」というわけではありません。中古市場で需要が低いテレビや製造からおよそ5年以上経過した寿命が近いテレビは、断られる可能性があります。

  • 使わなくなったテレビを処分したい時の方法7選

    • 故障や買い替えで使わなくなったテレビを処分したいと思った時、どのような方法があるのかよく分からないという方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、家電リサイクル法に基づいたテレビの正しい処分方法について解説します。
    • 詳しく見る

まとめ

32V型テレビは比較的コンパクトなサイズなので、部屋に設置した際の圧迫感が少ないといえます。また、32V型テレビは機能性が充実しているモデルもあります。映像や音声、機能性にこだわるのであれば、今回ご紹介した内容を押さえ、自分に合ったテレビを選ぶようにしましょう。

仮に「もっときれいな映像を楽しみたい」「欲しい機能が32V型テレビにない」という場合は、50V型以上の大型テレビを検討するのも一案です。

大型テレビであれば、フルHDよりもきれいな映像を楽しめる4Kテレビが充実しています。さらに、32V型テレビに比べると機能も豊富に備えていることが多いため、自分に合ったテレビを見つけやすいといえます。テレビは頻繁に買い替えるものではないので、おすすめ製品も参考にしながら自分に合った一台を探してみてください。

中小型テレビ・ポータブルテレビの一覧をみる 大型テレビの一覧をみる