ページの上部に戻る

使わなくなったテレビを処分したい時の方法7選

テレビを処分したいと思っても、粗大ごみとして出すことは法律で禁じられています。家電リサイクル法に基づいて家電量販店や専門業者に回収してもらったり、リサイクルショップやフリマで売ったりして正しい手順でテレビを手放さなければなりません。とはいえ、テレビを処分する機会は頻繁にあるわけではないため、どのように対処すれば良いのか分からない方もいるでしょう。そこで今回は、使わなくなったテレビを法律に則って正しく処分する7つの方法をご紹介します。

家電リサイクル法の対象になるテレビ

家電リサイクル法の制定に伴い、テレビを粗大ごみとして処分することは法律違反になりました。

お風呂などの建築物に組み込むタイプや電源を電池から取っているタイプなどは例外ですが、家庭用の液晶テレビなど一般的なテレビは家電リサイクル法が適用されます。

家電リサイクル法の対象となっている家電を処分する際は所定の業者に引き渡さなければならない決まりがあり、回収してもらうためには定められたリサイクル料金と収集運搬料金が必要になります。

テレビを処分するには家電リサイクル券が必要

テレビを処分する際は、「家電リサイクル券」という様式に基づいて料金を支払います。

券面にはリサイクルを依頼する人が記入するものと業者が記入するものの2種類あり、どちらを使用するかによって手続きが多少異なります。

回収業者などが使用する「料金販売店回収方式」の場合は、リサイクルを依頼する側は所定の料金を支払うだけで手続きは完了です。

一方「料金郵便局振込方式」は自分で内容を記入した上で、郵便局に出向いて料金を支払う必要があります。

処分料金はいくらかかる?

テレビの処分料金は「リサイクル料金+収集運搬料金」で算出できます。

リサイクル料金はテレビメーカーや画面サイズによっても異なるものの明確に定められています。

しかし収集運搬料金は回収業者によって大きく差があるため注意が必要です。

テレビを正しい手順で処分する7つの方法

テレビを正しい手順で処分する方法は複数あるため、次に紹介する7つの方法の中から自分に合ったものを選ぶのがおすすめです。

テレビを買い替えるお店に依頼する

新しいテレビの購入と同時に古いテレビを処分する場合、購入した家電量販店に依頼すれば引き取ってもらえます。

テレビは「家電リサイクル品目」に該当するため、家電量販店は古い機種を引き取らなければなりません。

壊れていても料金を支払えば処分してもらえるため、手軽に依頼できるのがメリットです。

テレビを購入したお店に依頼する

テレビを購入したお店に、回収を依頼する方法もあります。インターネットショッピングで購入したテレビでも回収は可能なので、購入したお店に問い合わせてみると良いでしょう。

自宅など指定の場所までテレビを引き取りに来てもらえることがあるため自分で運搬する必要がなく、所定の料金を支払うだけで作業が完了するのがメリットです。

指定の引取所に持ち込む

自治体で回収サービスを実施していない場合、家電リサイクル券センターのWebサイトで確認できる指定引取所に持ち込んで回収してもう方法もあります。

持ち込みなので小売店に支払う収集運搬料金がかからないのはメリットですが、引取所までの運搬は自分で行わなければなりません。

そのほかに、料金郵便局振込方式を採用しているため自分で郵便局に足を運んで料金の払い込みを行う手間が発生します。

リサイクルショップに査定を依頼する

処分予定のテレビが壊れていない状態かつ人気が高い機種の場合、リサイクルショップに査定を依頼すると買取価格が付くケースがあります。

お金をもらってテレビを手放すことができ、処分ではないためリサイクル料金がかからないのが最大のメリットといえるでしょう。

ただし、想定していたよりも買取額が低かったり、状態が良くなく買い取りを拒否されたりする可能性もあるため、過度な期待はしない方が良いでしょう。

複数のお店で見積を取り、より高く買い取ってもらえるお店を探すのがおすすめです。

自治体指定の回収業者に依頼する

自治体独自の家電リサイクル品回収を実施しているケースもあります。住んでいる地域が該当していれば自治体指定の回収業者に依頼する方法も考えられます。

リサイクル券の発行などの面倒な手続きは職員が代行してくれる場合もあり、料金を支払えば処分できるため便利です。

ただし、指定の場所までは自分で運搬しなければならない場合があったり自治体によって条件が異なるので注意しましょう。

フリマアプリ・オークションを利用する

フリマアプリ・オークションなどの、消費者同士が要らなくなったものを売り買いするサイトを利用するのも手段のひとつです。

テレビは家電の中でも所有率が高いため、壊れていないものであれば一定の需要が期待できます。

処分ではないため、リサイクル料金を支払う必要がなく、上手くいけば収入を得られるのが最大のメリットです。

しかし、スムーズに購入者が現れるとは限らないため、処分までにかかる期間が長くなる可能性があります。

万が一のトラブルにも自分で対応しなければならないため、慎重に利用することが大切です。

不用品回収業者に依頼する

その他、不用品回収業者に依頼するという方法もあります。

業者が回収に来てくれることから、自分で運び出す手間がかかりません。リサイクル券の手続きも業者とのやりとりになると思われます。

ただし、不用品回収業者は違法性の高い業者が営業しているケースもあるため、認可を受けているかどうかは必ず確認する必要があります。運送費用は業者によって大きく異なるため、複数の業者を比較すると良いでしょう。

テレビの処分を依頼する際は認可の有無を確認

家電リサイクル法が適用される電化製品の回収を担当する業者は「一般廃棄物収集運搬業」という認可を受けていなければならないと定められています。

無認可の業者に委託すると思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があるため、認可の有無は必ず確認しましょう。

例えば、無料を謳っておきながら後から高額な処分費用を請求されるなどのトラブルが考えられます。

また、正しい処分方法であれば発行された家電リサイクル券でどこに処分されるのか確かめられますが、無認可の回収業者などではリサイクル券の発行がなく、人知れず不法投棄などを行っている可能性も捨てきれません。

テレビを買い替えるなら下取りのあるお店がおすすめ

テレビを買い替えるのであれば、下取りのあるお店を選ぶのがおすすめです。

単に処分・リサイクルであれば所定のリサイクル料金と収集運搬料金を負担するだけになりますが、下取りなら古いテレビを正しい手順で手放せるだけでなく、店舗によっては新しく購入するテレビの代金から一定金額を割引するなどのサービスを受けられる場合もあります。

できるだけ手間をかけずに処分したいものの、フリマアプリなどで第三者に渡ることには抵抗があるという方は、下取りのあるお店でテレビを買い替えるのがおすすめです。

ジャパネットたかたでもテレビの下取りを行っています!

下取りで購入できるテレビを見る

まとめ

テレビを処分したい時に考えられる選択肢は様々ありますが、家電リサイクル法の対象商品であるテレビは処分時に所定のリサイクル料金と収集運搬料金がかかります。

リサイクルショップやフリマなどである程度の買取金額が付くケースもあるものの、買取金額が付かない場合もあります。

下取りのあるお店でテレビを買い替えれば、古いテレビをリサイクル料金と収集運搬料金を払って引き取ってもらいつつ、店舗によっては同時購入する商品を値引いてもらえたり、ポイントがもらえたりお得に購入できる場合があります。

処分方法に悩んでいてテレビの買い替えを予定しているのであれば、下取りを活用してみることをおすすめします。