ページの上部に戻る

4Kテレビの特徴・メリットをご紹介!超高精細な映像を楽しもう

フルハイビジョンテレビよりもさらに高精細な映像を楽しめる「4Kテレビ」。その名を見聞きしたことはあっても、具体的な特徴・魅力をご存じでしょうか?そこで今回は、4Kテレビの概要をはじめ、4K対応テレビと4Kチューナー内蔵テレビの違い、4Kテレビで番組を見る方法、4Kテレビのメリットなどについて解説します。あわせて、おすすめの4Kテレビもご紹介しているので、テレビの購入を検討中の方はぜひご参考ください。

4Kテレビとは

従来のフルハイビジョンテレビよりも高精細の映像が楽しめるテレビとして、近年注目を集めている「4Kテレビ」。見聞きしたことはあっても、具体的にどのような特徴があり、従来のテレビとどう違うのかをご存じの方は多くないかもしれません。

4Kテレビとは、フルハイビジョンテレビの4倍高精細な表示が可能なテレビのことをいいます。同じサイズのフルハイビジョンテレビと比較して近距離で視聴しても映像がきれいに見えるほか、画素が多いため大画面でも映像の粗が見えにくく臨場感に優れていることがメリットです。「きれいで迫力のある映像を楽しみたい」という方には、とくにおすすめのテレビといえます。

では、4Kテレビと従来のテレビには、どのような違いがあるのでしょうか?

従来のテレビとの違い

4Kテレビと従来のテレビ(以下 代表例としてフルハイビジョンテレビを紹介します)の大きな違いは「画素数」にあります。

そもそも画素数とは、映像を構成する「色の点」の数を指します。同じ画面サイズの場合、この数が多いと一つひとつの点が小さくなるため、複雑な色彩の映像もなめらかに映し出すことが可能になります。反対に、画素数が少ないと1つ1つの点が大きくなるので、近づくと粗い映像になってしまいます。つまり、テレビの画素数は映像の画質に大きく影響するというわけです。

4Kテレビとフルハイビジョンテレビでは、その画素数が大きく異なります。フルハイビジョンテレビが「1,920画素×1,080画素=約207万画素」であるのに対し、4Kテレビは「3,840画素×2,160画素=約829万画素」。つまり、4Kテレビはフルハイビジョンテレビの約4倍もの画素数をもっていて、4Kテレビはフルハイビジョンテレビの4倍高精細な映像だということになります。そのため、映像美にこだわりたい方は4Kテレビを選ぶのがおすすめといえます。

4K対応テレビと4Kチューナー内蔵テレビの違い

実は4Kテレビには「4K対応テレビ」と「4Kチューナー内蔵テレビ」の2種類があり、これら2つはまったくの別物です。

種類 特徴
4K対応テレビ 4K対応のコンテンツを映す機能があるテレビ
4Kチューナー内蔵テレビ 新4K衛星放送の視聴に必要な4Kチューナーを内蔵した4K対応テレビ

4Kチューナー内蔵テレビの場合、別途4Kチューナーを用意する必要がないので手間なく新4K衛星放送を楽しめます。ただし、その分高価であることが多く、実際に低価格で販売されている4Kテレビはチューナーが搭載されていないタイプがあります。そのため、4Kテレビを購入する際は、価格か4Kチューナー内蔵か、どちらを重視するか決めておくとよいでしょう。

4Kテレビで番組を見るには

4Kテレビで番組を見る方法は、「地上波放送」か「4Kコンテンツ」かによって異なります。

地上波放送を見るのであればコードを繋ぐだけ

4Kテレビで地上波放送を見る場合は、テレビに電源ケーブルやアンテナ線などの必要なコードを繋ぐだけでOKです。アンテナは別途必要ですが、地上波用のテレビチューナーは基本的に内蔵されているので簡単に視聴することができます。

地上波コンテンツの4K放送は現状予定なし

2021年7月現在、地上波放送での4Kまたは8K放送の放送開始予定はありません。現在の4Kコンテンツは後述する衛星放送やインターネットでの4K動画などになります。

4Kコンテンツの視聴にはチューナーとアンテナが必要

4Kテレビで見る4Kコンテンツは、BS4K・110度CS4Kやインターネットでの4K動画などがあります。

BS4K・110度CS4Kを視聴するためには新4K衛星放送に対応したチューナーとアンテナが必要です。インターネット動画などの場合にはインターネット回線やその接続が必要になります。また見るコンテンツによっては会員登録や別途費用が発生する場合もあります。

アンテナに関しては、すでにBS・CSのものを使用している方もいます。「これを使い回せないのか?」と疑問を持つかもしれませんが、これらのアンテナでは新4K衛星放送の情報をすべて受信できない可能性があります。そのため確実にすべての4Kコンテンツを見るなら、新4K衛星放送に対応しているアンテナに交換するのがおすすめです。ただし新4K衛星放送の視聴せず、地上派や従来のBS、110度CS放送を視聴する場合は、現在放送を受信するためのアンテナなどはそのまま使用できます。

詳細は総務省HPをご覧ください。

4Kテレビのメリット

先述のとおり、4Kテレビには「同じサイズのフルハイビジョンテレビと比較して近距離で視聴しても映像がきれいに見えるほか、画素が多いため大画面でも映像の粗が見えにくく臨場感に優れている」というメリットがあります。以下で、このメリットについて詳しく解説します。また、そのほかのメリットについてもご紹介します。

高精細映像が視聴可能

繰り返しになりますが、4Kテレビの画素数は約829万画素です。これはフルハイビジョンテレビと比較して大画面で見ても細部まで高精細な画質ということになります。フルハイビジョンテレビでは再現するのが困難だった美しい映像表現を実現しているのが、4Kテレビならではのメリットです。

4Kに満たない映像も、4K映像へ自動変換可能

4Kテレビでは、地上波放送やBS・CSをはじめとする映像(4K解像度に満たない映像)を4K解像度の映像に自動変換するアップコンバート機能があります。変換後の映像の見え方はテレビのメーカーによって多少異なるものの、先述のとおり高精細な映像を楽しめるようになります。

視聴距離が短い

4Kテレビの場合、フルハイビジョンテレビと比べて視聴距離が短くても映像の粗さが気になりにくいことが特徴です。同じサイズであれば、フルハイビジョンテレビの視聴距離の約半分の位置で見ても、きれいな映像を楽しめるといわれています。たとえば、フルハイビジョンテレビの視聴距離が3mだとすると、同じサイズの4Kテレビなら1.5mの位置で見ても高精細な映像を楽しめるというわけです。視界全体に映像が広がるので、より臨場感を堪能できます。

視聴距離と画面サイズの目安

フルハイビジョンテレビの最適視聴距離は「画面の高さの約3倍」といわれていますが、4Kテレビは視聴距離が短くてもきれいな映像を楽しめるため、最適視聴距離は「画面の高さの1.5倍」といわれています。

たとえば、55V型のテレビの場合は画面の高さが約68cmになるので、最適視聴距離は「約102cm」となります。

4Kテレビのサイズ 画面の高さ 最適視聴距離
40V型 約50cm 約50×1.5=約75cm
48V型 約59cm 約59×1.5=約88.5cm
55V型 約68cm 約68×1.5=約102cm
60V型 約75cm 約75×1.5=約112.5cm
75V型 約94cm 約94×1.5=約141cm

この目安を押さえておけば、部屋に適切な4Kテレビのサイズがわかるようになるため、テレビ選びの失敗を防ぎやすくなります。

4Kテレビの注意点

離れて見ても近くで見ても高精細な映像を楽しめる4Kテレビですが、購入・利用するにあたり注意しなければならないこともあります。

最小サイズが大きい

「小さいサイズの4Kテレビが欲しい」「小さなテレビで4Kコンテンツを楽しみたい」という方もいるかもしれませんが、現状4Kテレビの最小サイズは40V型程度になります。40V型の画面サイズは大体「横約90cm×縦約50cm」なので、これよりも小さなサイズの4Kテレビはないというわけです。

今後小型の4Kテレビが発売される可能性はありますが、今のところは40V型以上となっているため、部屋に合うかどうかを十分に考慮した上で購入するようにしましょう。

小さいサイズは4Kの意味があまりない

テレビには、大画面になればなるほど画面の粗さが目立つという問題があります。ところが4Kテレビはフルハイビジョンテレビの4倍ものきめ細やかさで高精細な画質なので、画面が大きくなっても画面の粗さが気になりにくくなっています。逆に画面が小さいと画素が少なくても映像の粗が見えにくいため4Kの画素より少ない画素でも十分な映像美を実現できます。このため大画面テレビに比べて小型テレビになればなるほど4Kの高精細画素の恩恵が小さくなっていきます。

新4K衛星放送受信用にアンテナ工事などが必要な場合がある

新4K衛星放送を楽しむためには、新4K衛星放送用のチューナーだけでなく対応アンテナなどが必要になります。必要なものによっては設置工事が必要になったり別途契約が発生したりしてテレビ本体以外の費用が発生します。決して安価とはいえないので、4Kテレビを購入する際はこの点も念頭に置いておくことが大切です。

4K対応コンテンツがまだまだ少ない

現状、地上波コンテンツの4K放送が始まる目処は立っていません。今4Kテレビで楽しめるコンテンツにはどのようなものがあるかというと、BS4K・110度CS4K放送、インターネット動画、そしてビデオカメラや一眼レフなどで撮影した4Kムービーなどです。4K対応コンテンツは日々増えていますが、4Kテレビを購入する際はこの点を理解しておかなければなりません。

テレビの各メーカーの特徴

では、代表的なテレビメーカーではどのような4Kテレビを扱っているのでしょうか? 各メーカーが販売している4Kテレビの特徴とご自身の生活環境を照らし合わせ、最適なものを見つけてみましょう。

東芝

東芝「REGZA(レグザ)」は、一部上位モデルに搭載される録画予約なしで過去の番組を視聴できるタイムシフトマシン機能が人気のメーカーです。また、東芝独自の「超解像技術」によって4Kコンテンツはもちろん、インターネット動画をはじめとするさまざまな映像も高精細な画質にできるため、映像美にこだわりたい方にとくにおすすめです。

東芝の4Kテレビ一覧を見る

シャープ

シャープでは、鮮やかな発色が魅力の有機ELパネルを採用した「4K有機ELテレビ」を展開しています。有機ELパネルの輝度性能を高める独自の「Sparkling Drive」を搭載し、明暗のメリハリ度合いを高め、明るいシーンでは色鮮やかに描くなどの映像美を実現しています。また、画面の角度を調整できる「回転式スタンド」をほとんどの4Kテレビに搭載していることから、利便性の高さも兼ね備えているといえます。

シャープの4Kテレビ一覧を見る

ソニー

ソニーは、サイズのバリエーションが豊富な「BRAVIA(ブラビア)」シリーズが人気のメーカーです。一部の4Kテレビの液晶には「X-Wide Angle」を採用しており、斜めから見た場合でも鮮やかな映像を実現しています。さらに、画面から音が出る音響技術を搭載したモデルもあることから、画質・音響ともに優れた性能を誇っているといえます。

ソニーの4Kテレビ一覧を見る

LGエレクトロニクス

LGエレクトロニクスは韓国を代表する総合家電・情報通信メーカーであり、日本ではテレビやディスプレイを中心に家電製品全般を展開しています。もちろん4Kテレビの取り扱いもあり、中にはAIが自動で映像を判別したのち画質を調整・音響を最適化する、最先端技術を搭載したモデルもあります。このほか、音声操作ができる「マジックリモコン」を備えたモデルもあり、4Kテレビ一つひとつに個性があるのが特徴です。

LGエレクトロニクスの4Kテレビ一覧を見る

Panasonic

パナソニックは、豊富な品揃えが魅力の「VIERA(ビエラ)」シリーズが人気のメーカーです。4Kチューナー内蔵テレビの取り扱いもあるので、新4K衛星放送を手間なく楽しめます。また、高音質設計のスピーカーシステム「ダイナミックサウンドシステム」を搭載したモデルもあり、これなら番組にあわせたチューニングによって、音響の本来の魅力を最大限に引き出すことが可能です。

Panasonicの4Kテレビ一覧を見る

部屋の大きさごとの推奨画面サイズ

「大画面で好きなドラマ・映画を楽しみたい」などの理由で、部屋の大きさを考慮せずにテレビを選んでしまうと、見え方の問題で最大限に楽しむことができなくなる可能性があります。そのため、テレビを選ぶ際は、「そのテレビのサイズに応じた最適視聴距離を確保できるかどうか」に重きをおくことが大切です。そうすれば、部屋の大きさにマッチしたサイズのテレビを購入しやすくなります。

下記の表で導いた最適視聴距離を確保できるかどうかを確認し、もし確保できるのであればそのサイズのテレビを選ぶとよいでしょう。

テレビのサイズ 画面の高さ 4Kテレビの最適視聴距離 フルハイビジョンテレビの最適視聴距離
40V型 約50cm 約50×1.5=約75cm 約50×3=約150cm
48V型 約59cm 約59×1.5=約88.5cm 約59×3=約177cm
55V型 約68cm 約68×1.5=約102cm 約68×3=約204cm
60V型 約75cm 約75×1.5=約112.5cm 約75×3=約225cm

部屋が確保できる視聴距離の目安

当然ですが、部屋の大きさによって確保できる視聴距離は異なります。下記の表が目安となります。

部屋の大きさ 確保できる視聴距離
4畳半 約170cm
6畳 約260cm
10畳 約350cm
12畳 約440cm
  • ※1畳(182cm×91cm)、標準的な四角形状の部屋で長辺にテレビを設置、テレビをから50cm離し、反対側の壁から50cm位置までを計算。

まとめ

4Kテレビは、「美しく迫力のある映像を楽しみたい」という方にとくにおすすめです。4Kに満たない映像も4K映像へ自動変換できるため、さまざまなコンテンツを高精細な映像で楽しめます。

ただし、4K映像を楽しむにはチューナーやアンテナなど、別途必要なものを揃えなければならないこともあります。また、サイズについては40V型程度が最小といわれているため、ある程度の大きさの部屋でなければ視聴距離を確保するのは困難です。4Kテレビを利用する際にはこうした注意点も考慮する必要があるので、今のうちに理解を深めておきましょう。