ページの上部に戻る

テレビのサイズはどれが適切?シーン別の選び方を解説

新しく部屋にテレビを設置しようと考えたとき、どのサイズを選ぶべきか迷ってしまう方が多いのではないでしょうか。最近では4Kや8Kなどの高画質テレビも登場しており、ますます購入の選択肢は広がっています。そこで今回は、テレビのサイズの選び方についてご紹介します。

テレビのサイズは部屋の広さで決める

テレビのサイズは部屋の広さを基準に決めるのが一般的といわれており、部屋の面積が広いほどテレビのサイズも大きいものを選んだ方が見やすくなるとされているようです。大きすぎると部屋を圧迫してしまい、小さすぎても見にくくなるため、適切なサイズを選ぶことが重要です。

最近では部屋のレイアウトに合わせて選べるようにさまざまなサイズのテレビが販売されているため、自宅の広さに適したテレビを購入することで良好な視聴環境を整えられるでしょう。

【部屋の広さ別】最適なテレビサイズの目安

ここでは、部屋の広さ別に適切なテレビのサイズをご紹介します。

好みも関わるため必ずしもここでご紹介する範囲内に収まっている必要はありませんが、目安としてぜひ参考にしてみてください。

6畳

6畳の部屋では、「24V型〜32V型」のテレビをおすすめします。この範囲に収まる規格のテレビでよく流通しているのは24V型と32V型の2種類なため、どちらかを選ぶケースが多くなるでしょう。

6畳は一人暮らしのワンルームや1Kをはじめとして、家族で暮らしている場合の私室や子ども部屋などによくみられる広さです。

それほど広いとはいえないため、あまり大きすぎると部屋が狭く感じられる可能性があります。24V型〜32V型の適度なサイズであれば部屋を圧迫しすぎず、おすすめです。

「24V型〜32V型」のテレビはこちらから

8〜10畳

8〜10畳の部屋に置くテレビは、「32V型〜40V型」をおすすめします。

この範囲のテレビは主に32V型、37V型、40V型の3種類が当てはまり、家庭のリビングエリアなどにも多い広さなため比較的機種の選択肢は多いでしょう。

32V型と40V型では印象が大きく異なるため、部屋全体の印象や家族の好みなども加味した上でどのサイズにするかを選ぶことをおすすめします。

10〜12畳

10〜12畳の部屋には、「40V型〜49V型」の比較的大きな画面のテレビをおすすめします。

部屋の広さも十分あり、視聴距離をとりやすいことから大画面で迫力のある映像を楽しむのもよいでしょう。この範囲内に収まるテレビは主に40V型、45V型、49V型の3種類となります。

「40V型〜49V型」のテレビはこちらから

12畳〜

12畳以上の部屋にテレビを置くのであれば、50V型以上の大画面のテレビをおすすめします。

同じ部屋の広さでも間取りや家具の配置や視聴位置によって適切なサイズは異なることがあるため、たとえば12畳以上の部屋でも「50V型は大きすぎる」と感じる可能性もあります。十分にシミュレーションを行ってから検討することをおすすめします。

「50V型以上」のテレビはこちらから

テレビ台の高さはどのくらいを選べば良いの?

視聴距離も重要ではありますが、視聴する高さも見やすさに深く関わるといわれています。

一般的にテレビよりも低い場所から見上げるような位置で視聴すると首の疲労が蓄積されるだけでなく、部屋の照明が反射しやすくなる傾向にあるため、テレビを少し上から見下ろすような位置で視聴するのが理想的です。

テレビ台を選ぶ際は、床に座って視聴する機会が多いのであれば40cm程度、ソファに座って視聴する機会が多いのであれば40〜60cm程度が高さの目安となります。

ソファに寝転がることが多いのであれば、目安よりも少し低いテレビ台を選ぶのがおすすめです。

テレビの解像度は主に4種類ある

テレビの解像度は、映像の鮮明さによって主に4種類に分かれています。

一般的には解像度が上がるほど費用も高額になっていくため、どの水準のテレビを購入するかは予算との兼ね合いで検討する必要があるでしょう。

フルHD以下

お手頃な価格を求めるのであれば、フルHD以下の解像度が低めのテレビが適しています。

フルHD以下でも24V型などの比較的サイズが小さめのテレビであれば画質を気にせず視聴できるので、少しでも価格を抑えてテレビを購入したいという方には向いているでしょう。

フルHD

フルHDはフルHD以下よりも少し解像度が上のテレビで、一般家庭でも広く普及しているようです。

小型のテレビを購入する場合はほとんどの場合フルHDまたはそれ以下の解像度のテレビを選ぶことになります。

画質にそれほどこだわりがない方であれば、フルHDなら40V型くらいのテレビでも安価に購入できる可能性が高いためおすすめです。

ゲームで遊んだりBlu-ray Discレコーダーを接続したりする用途で使う場合は、HDMI端子が付属しているかどうかをチェックしておくことが大切です。

4K

4KテレビはフルHDの4倍の解像度を持つテレビで、高精細な映像表現が可能です。

以前はそれほど多くなかった4K対応のコンテンツも最近では増加してきており、ゲーム機や動画配信サービスなど幅広いプラットフォームで4Kの映像美を体感できます。

地上波での4K放送は今のところありませんが、BS放送は専用のチューナーを付けることで4Kで視聴可能です。

現在ではさまざまなコンテンツで4K画質を楽しめるので、予算が許すのであれば購入を検討しても良いでしょう。

「4Kチューナー搭載」のテレビはこちらから

8K

8Kテレビの解像度は4Kの約4倍で、日本国内で流通しているテレビの中では最高峰の映像性能を持っています。

8K放送はすでに開始されていますが地上波では放送されておらず、BSのみで超高画質を体感できるようになっています。なお視聴には専用のチューナーやアンテナ、視聴契約等が必要です。

価格も他のテレビと比べると非常に高額ではありますが、超高画質を体験したい方にはおすすめです。

「8Kパネル搭載(8Kチューナーは非搭載)」のテレビはこちらから

部屋のサイズや視聴距離に合わせたテレビを選ぼう

テレビのサイズを選択する際は、なるべく部屋に適した見やすい機種を選ぶことをおすすめします。

ご紹介した部屋の広さに適したサイズなども参考にしながら、自宅に合ったテレビを見つけましょう。

余裕があれば4Kや8Kも視野に入れることをおすすめしますが、安価なフルHDやフルHD以下のテレビにも魅力的な機種がたくさんあります。買い替えを検討の場合は、下取りを活用するとお得に購入できる可能性もあるため、さまざまな選択肢を検討してみましょう。

ジャパネットたかたではテレビの下取りを行っています。ぜひご検討ください。

下取りで購入できるテレビを見る