ページの上部に戻る

冷蔵庫からイヤな臭いが...考えられる原因と解決方法をご紹介

冷蔵庫から悪臭がしたときに考えられる原因は複数ありますが、庫内の汚れが影響を及ぼしているケースが多くあります。悪臭に気がついたらすぐに庫内を掃除する必要がありますが、どのように対処すれば良いのかわからないという方も多いでしょう。冷蔵庫の臭いを取り除く方法はさまざまですが、故障が原因で臭いが発生している場合もあるため慎重な対処が重要です。そこで今回は、冷蔵庫からイヤな臭いがするときに考えられる原因と解決方法をご紹介します。

冷蔵庫の臭いの主な原因

冷蔵庫の臭いの原因は、主に次の3つが考えられます。

食品が発する臭い

庫内の掃除を十分に行っているにも関わらず臭いが消えないのであれば、食品自体が臭いを発している可能性が高いといえます。

キムチや生肉、生魚、納豆、ニンニクなどの食品がある場合は強い臭いが庫内に充満しやすいので、容器が密閉されているかどうかを確認することが大切です。

冷蔵庫にはプラスチック製の合成樹脂が使われており、臭いが移るととれにくくなる性質があります。

残り物や作り置き用の惣菜を保存する際、お皿や鍋に軽くラップをしただけで庫内に入れると、臭いが染みついてとれにくくなる場合があるので注意しましょう。

庫内で汁物をこぼした

庫内でうっかり汁物をこぼしてしまうと、こぼれた汁が腐敗して雑菌が繁殖し、臭いの原因となる可能性があります。

定期的に掃除を行ったとしても、目に付きにくい汚れに気がつかず落としきれない場合、こびりついた汚れがより落ちにくくなってしまいます。

このような汚れが長期間放置されるとカビが生えて臭いがより強くなる可能性もあるため、冷蔵庫は隅々まで掃除するように心がけましょう。

汚れに気がついたらすぐに拭き取り、日頃から清潔に保つことが大切です。

冷蔵庫が故障している

冷蔵庫の故障が臭いの原因となる可能性も考えられます。

一般的な冷蔵庫には、付いた霜を流すパイプが備え付けられていますが、このパイプが詰まりを起こすと庫内に悪臭が充満しやすくなります。

加えて液体から気体に変換するためのコンプレッサーが上手く機能していない場合も、水が滞留して臭いの原因になります。

冷蔵庫の臭いへの対処法

冷蔵庫の臭いが気になるとき、どのような対処法があるのでしょうか。ここでは、5つの方法をご紹介します。

庫内を掃除する

庫内を掃除して清潔に保つことは何よりも重要です。汚れを発見したらすぐに落として、臭いがこびりついてしまわないように対策しましょう。

ふきんで拭き掃除する

日々のお手入れは特別な道具を使わなくてもふきんで十分に汚れを取ることができます。

汚れは時間が経過するほど落ちにくい傾向があるため、食材や汁こぼれなどの汚れはその場でふきんでふき取ることで簡単に臭いの元をキレイにできるでしょう。

台所用中性洗剤を使用する

落ちにくい汚れには台所用中性洗剤をうすめてふき取るという手段もあります。

使用後は洗剤が残らないように念入りに水拭きとからぶきをしましょう。

台所用洗剤にはアルカリ性など中性でないものもあり、その場合、冷蔵庫部品の割れや変形を引き起こす可能性もあるため注意しましょう。

メーカー指定洗剤を使用する

使用している冷蔵庫に適合した洗剤をメーカーが準備している場合もあります。

取扱説明書を確認し、専用の洗剤や指定の洗剤がある場合はそちらを使用することでより安全に掃除することができます。

その他の方法

油やソースなどの汚れが付着して固まった場合には重曹スプレー、庫内の消臭効果が期待できるお酢スプレーやレモン果汁などの手段で掃除をしている記事をみかけます。

しかしながら冷蔵庫メーカーが正式に冷蔵庫の掃除方法として取扱説明書に記載しているわけではないため、結果として冷蔵庫の変形や変色などが起こる可能性もないとは言い切れません。使用時は自己責任で、目立たない場所から少しずつ試すことをおすすめします。

消臭剤を設置する

どれほど掃除をしても染みついてしまった臭いが消えない場合は、庫内に消臭剤を設置するのがおすすめです。

特に炭入りの製品は臭いの吸着力が高いため、悪臭の除去が期待できます。悪臭は冷蔵庫の下部に溜まりやすいので、消臭剤は庫内の下段に設置しましょう。とはいえ冷気の通り道を塞ぐと庫内が冷えにくくなるため、吹き出し口は避けることが大切です。

物を詰め込みすぎない

庫内に物を詰め込みすぎると空気が滞留し、上手く循環できなくなって臭いの原因となります。

加えて庫内の冷却に時間がかかるようになって食材が腐りやすくなるというデメリットもあるので、取扱説明書に記載の収納容量に抑えることを心がけましょう。

物が多すぎると奥にしまい込んだ食材が腐ったまま放置され、悪臭を引き起こしやすくなります。常に何が入っているのかひと目で判別できるように、整然とした庫内環境を整えましょう。

食品は密閉保存する

強い臭いを発する食品は密閉するなどして保存し、臭いが漏れ出ないように工夫する必要があります。

ラップで包んだだけでは臭いを防ぎきるのは難しいため、フードコンテナやチャック付クリアパックなどの密閉性が高い容器を使いましょう。

特に臭いが強力な場合は密閉容器に入れた後、ビニール袋などで覆うとさらに防臭効果が高まります。

クリーニングを依頼する

どの方法を試しても臭いの原因を断ち切れない場合は、奥深くまで臭いがこびりついており個人の力では対処できなくなっている可能性が高いといえます。

衛生面でも悪臭を放置するのは良い選択とはいえないため、専門業者にクリーニングを依頼するのも手段のひとつです。

プロの技術で掃除を徹底的に行ってもらうことで、悪臭をきれいに取り除けるでしょう。

クリーニングを依頼する際は最初からひとつの業者に決めずに、複数の業者を比較・検討することが大切です。サービス内容を十分に確認し、口コミなどで問題がないかどうかもリサーチしましょう。

故障の場合は業者への依頼か買い替えも検討を

冷蔵庫の悪臭の原因は食材が原因となっているケースが多いため、たいていの問題は隅々まで掃除をすることで解決します。

しかしコンデンサーやコンプレッサーなどが故障している場合は個人で修理することは難しいため、修理業者やメーカーに依頼して原因を解消しなければなりません。

もし使っている冷蔵庫が古いのであれば、故障部分を修理しても次々と他の部品が経年劣化で故障して修理し続けなければならなくなる可能性もあります。

寿命だと感じたときは、買い替えを検討することをおすすめします。古い冷蔵庫は冷却機能も効率が落ちやすくなるので、最新の冷蔵庫に買い替えることで電気代を安く抑えられる可能性も十分に考えられます。

ジャパネットたかたなら冷蔵庫の下取りを行っています。ぜひご検討ください。

下取りで購入できる冷蔵庫を見る

まとめ

冷蔵庫の悪臭の原因の多くは食品による汚れであり、庫内の掃除を徹底することである程度は解消が期待できます。物を詰め込みすぎないようにして掃除を行い、ひどいようであれば消臭剤の設置なども検討しましょう。

しかし、中にはコンプレッサーなどの故障が原因となって悪臭を発生させているケースもあります。故障の場合は修理しなければ原因を断ち切れないため、すみやかに業者に依頼することが大切です。

古くなりすぎて寿命を迎えた冷蔵庫は買い替えの方が安く抑えられる可能性もあるため、修理と買い替え、どちらの選択肢も視野に入れて検討しましょう。