ページの上部に戻る

300L台の冷蔵庫は何人向けで選び方のポイントは?おすすめ製品とともに解説

冷蔵庫を選ぶ際に確認すべき項目に「容量」があります。300L・400Lなど、容量種類は豊富にありますが、それぞれが何人向けなのかご存じの方は少ないのではないでしょうか。そこで今回は300L台の冷蔵庫に着目し、何人向けなのかをはじめ、おすすめ製品もご紹介しているので、ぜひご覧ください。

何人がベスト?300L台の冷蔵庫の適切な利用人数

利用人数に適した冷蔵庫の容量の目安は、一般社団法人日本電機工業会が開示している「冷蔵庫 目安容量計算式」をもとに算出できます。具体的な計算式は、「容量=(70L×家族の人数)+(常備品容量[120L〜170L])+(予備スペース[100L])」です。この計算式によると、利用人数が2人の場合は360L〜410L程度、3人の場合は430L〜480L程度の冷蔵庫が適しているといえます。

ただし、自炊の有無や食料品・飲料品のまとめ買いの頻度など、ライフスタイルによって適切な容量は異なるため、3人のご家庭でも300L台の冷蔵庫で十分な場合もあります。そのため、あくまでも目安になりますが、300L台の冷蔵庫は利用人数が2〜3人の場合に使用するのが望ましいといえます。

押さえておこう!300L台の冷蔵庫を選ぶ際のポイント

では、300L台の冷蔵庫を選ぶ際には、どのようなポイントに着目するとよいのでしょうか。

1.搬入経路・設置場所を考慮する

冷蔵庫を選ぶ際は、搬入経路・設置場所を考慮することが大切です。仮に搬入経路を通らないサイズ、または設置場所よりも大きいサイズの冷蔵庫を選んでしまうと、家に入らず設置ができなくなります。確実に搬入・設置するためにも、搬入経路・設置場所の幅や高さ、奥行きをあらかじめ測定し、その数字を踏まえた上で冷蔵庫を選びましょう。

冷蔵庫の搬入経路には、玄関のほか、階段やエレベーター、廊下などがあります。一般的に、搬入する際に必要な最低限の幅・高さは、おおよそ冷蔵庫の大きさ+10cmとしているところが多いです。こちらの幅・高さを確保できるかあらかじめ計測しておきましょう。

冷蔵庫の設置場所については、まず幅・高さ・奥行きを測定しましょう。その上で冷蔵庫を選ぶ際は、測った幅・高さ・奥行きよりもひと回り小さなサイズかどうかを確認しましょう。

なぜなら、設置場所にぴったりなサイズの冷蔵庫を選んでしまうと、壁やそのほかの家具との距離が近すぎて放熱スペースを確保できなくなり、うまく放熱ができず冷えづらくなってしまうからです。こうした事態を防ぐためにも、冷蔵庫を選ぶ際は「放熱スペースを確保できるかどうか」を考慮してサイズを選ぶことが大切です。

2.ライフスタイルを考慮する

300L台の冷蔵庫を選ぶ際は、ライフスタイルを考慮することも大切です。

たとえば、自炊をよくするご家庭の場合、食材の買い置きが多くなるため300L後半の冷蔵庫を選ぶのがおすすめです。反対に、自炊をほとんどしない場合は食材を買い置きする機会は少ないので、300L前半の冷蔵庫でも十分な容量でしょう。

作り置きの有無や家族が増える予定など、ライフスタイルは人によって様々なため、適した冷蔵庫の容量も変わってきます。冷蔵庫の購入後に「食材や飲料などが入りきらない」という事態を防ぐためにも、まずは自らのライフスタイルを振り返るようにしましょう。

3.ドアの開き方を確認する

冷蔵庫のドアの開き方は、主に「右開き」「左開き」「両開き」「観音開き」の4つです。

「右開き」「左開き」の冷蔵庫は、片側だけに開く仕様です。「両開き」の場合は、1枚のドアを左右どちらからでも開けることができます。「観音開き」はフレンチドアとも呼ばれドアが2枚になっており、真ん中から左右に開けることができるタイプです。

300L台の冷蔵庫は、右開きか左開きのタイプが多いです。この場合の選び方としては、「設置したとき、壁側に向かってドアが開く冷蔵庫」を選択するとよいでしょう。食材や飲料品を取り出しやすくなるほか、料理の際に動線を確保できるので家事をスムーズにこなせるようになります。

なお、300L台の冷蔵庫の多くは右開き・左開きですが、両開きまたは観音開きのタイプもあります。引っ越しが多いご家庭であれば両開きの冷蔵庫を選ぶことで設置場所の選択肢が広がり、どのような間取りのキッチンでも設置しやすくなります。

このように、ドアの開き方も冷蔵庫を選ぶ上で重要なポイントになるため、購入する際に確認しておくことが大切です。

4.ドアの数を確認する

冷蔵庫を購入する際は、ドアの数を確認しておくことも重要です。 300L台の冷蔵庫は、冷蔵室・冷凍室に分かれた2ドアタイプ、もしくは冷蔵室・冷凍室・野菜室に分かれた3ドアタイプであるものが多いです。

ドアの数で冷蔵庫を選ぶ際は、ライフスタイルを考慮するのがポイントです。たとえば、冷凍食品を購入する機会が多い方は、冷凍室の容量が大きい2ドアタイプを選ぶとよいでしょう。冷蔵庫内をしっかりと整理したいという方は、3ドアタイプ以上の冷蔵庫がおすすめです。

このように、ライフスタイルを踏まえてドアの数を決めれば、「もう少し冷凍室が広いものがよかった」などの後悔を事前に防げます。

5.消費電力を確認する

冷蔵庫は、24時間365日電源を入れっぱなしにする家電製品です。そのため、「電気代を抑えたい」という方は、冷蔵庫を購入する前に消費電力を確認するようにしましょう。

冷蔵庫の消費電力は、日本工業標準調査会(JIS)が定めた「年間消費電力量」で確認できます。

年間消費電力量とは、「特定の条件下でその製品を1年間使用した場合、どのくらいの電力を消費するか」を数字で表したものです。この年間消費電力量の数字が低いほど、電気代の節約につながりやすいといえます。

どのような違いがある?300L台の冷蔵庫を扱うメーカーの特徴

300L台の冷蔵庫を扱うメーカーの中から5社ご紹介します。各メーカーの特徴を知って、冷蔵庫選びの参考にしてみてください。

東芝(TOSHIBA)

東芝(TOSHIBA)の冷蔵庫は、「VEGETA(ベジータ)」シリーズに代表されるように野菜室の性能が優れていることが特徴です。「もっと潤う摘みたて野菜室」搭載モデルでは、約一週間野菜の鮮度をキープすることができるとされています。 東芝(TOSHIBA)の冷蔵庫一覧はこちらから

アクア(AQUA)

アクア(AQUA)は、大型サイズはもちろんのこと、小型冷蔵庫もラインナップが充実しているメーカーです。そのため、自分に適した大きさの冷蔵庫が見つけやすいでしょう。また、シンプルなデザインの冷蔵庫が多いため、インテリアを損なうこともありません。 そんなアクアの一部機種には、おいしさを閉じ込めて鮮度を保つ「おいシールド冷凍」が搭載されています。食材の食感や風味を損なうことなく鮮度を維持することが可能です。 アクア(AQUA)の冷蔵庫一覧はこちらから

日立(HITACHI)

日立(HITACHI)の冷蔵庫は、肉や魚を長持ちさせる機能に優れているのが特徴です。 たとえば、一部機種に搭載されている「まるごとチルド」は、冷蔵室全体を約2℃にすることで、冷蔵室内のどこに置いても食材の鮮度を保てる機能です。水分をたっぷり含んだうるおい冷気で冷蔵室内の湿度低下を抑制するので、食材の乾燥を抑えます。 日立(HITACHI)の冷蔵庫一覧はこちらから

シャープ(SHARP)

シャープ(SHARP)といえば、「プラズマクラスター」ですが、冷蔵庫の一部機種にもプラズマクラスターイオン発生ユニットが搭載されています。プラズマクラスターによりきれいな冷気を循環させて冷蔵庫内を清潔に保ちます。 このほか、シャープの冷蔵庫には「どっちもドア」が採用されたモデルもあります。左右どちらからでもドアが開くため、設置場所が限定されません。 シャープ(SHARP)の冷蔵庫一覧はこちらから

三菱(MITSUBISHI)

三菱(MITSUBISHI)は、スマホ連携やAI機能など、使い勝手に優れた機能が充実しているメーカーです。一部機種の冷蔵庫には「切れちゃう瞬冷凍A.I.」という、冷凍した食材を解凍なしですぐに使うことができる、という機能が搭載されています。凍っている肉もそのまま切り分けられ、野菜も食感やおいしさそのままで保存できます。 さらに、一部機種には「氷点下ストッカー」機能が搭載されています。氷点下なのに凍らせない三菱独自の技術で、肉や魚を生のままおいしく長く保存できます。 三菱(MITSUBISHI)の冷蔵庫一覧はこちらから

300L台のおすすめ冷蔵庫をご紹介

AQUA 冷凍冷蔵庫 355L 右開き <AQR-36K>

  • 「まん中2段フリーザー」で中が見やすく整理しやすい!生鮮食品をたっぷり保存できる「全幅フレッシュルーム」も搭載!

  • モデル名 AQUA 冷凍冷蔵庫 355L 右開き AQR-36K
    価格 下取りなし価格 円(税込)
    下取り後価格 円(税込)(円下取り)
    定格内容積(総容積) 355L
    便利機能 まん中2段冷凍室、全幅フレッシュルーム、強化処理ガラス棚
  • 商品ページはこちら

    AQUAの冷蔵庫一覧

ハイセンス 冷蔵庫 360L 右開き <HR-D3601S>

  • 「セレクトチルド室」が採用されている大容量冷蔵庫!お手入れ簡単な「自動製氷システム」も搭載!

  • モデル名 ハイセンス 冷蔵庫 360L 右開き HR-D3601S
    価格 下取りなし価格 円(税込)
    下取り後価格 円(税込)(円下取り)
    定格内容積(総容積) 360L
    便利機能 自動製氷システム、セレクトチルド室、「真ん中」野菜室
  • 商品ページはこちら

    ハイセンスの冷蔵庫一覧

意外と知らない?冷蔵庫の正しい使い方

冷蔵庫を正しく使用するためにも、以下の3つのポイントを押さえておきましょう。

1.冷蔵庫の上には物を置かない

冷蔵庫は小さいサイズのものでもそれなりの幅を取ってしまいます。そのため、スペースを有効活用しようと冷蔵庫の上に物を置く方は多いでしょう。

しかし、冷蔵庫によっては放熱部分が上部にあるため、物を置いてしまうと放熱を妨げてしまい余計な電力を消費することになってしまいます。

また、天面部分が耐熱トップテーブルでない場合、電子レンジやオーブンレンジ、トースターを冷蔵庫の上に置いて使用すると、その熱によって冷蔵庫が故障する恐れがあります。くわえて、地震などにより上に置いたレンジやトースターが落下する危険性も考えられます。そのため、冷蔵庫の上に物を置くのは極力避けましょう。

仮に冷蔵庫の上に物を置く場合は、冷蔵庫の上部と物の間に隙間を作り放熱スペースを確保するようにしましょう。

2.食材や飲料品を詰め込みすぎない

冷蔵庫を使用する際は、食材や飲料品を詰め込みすぎないようにしましょう。詰め込みすぎてしまうと冷気の流れが悪くなり、食材や飲料品を効率よく冷やせなくなってしまうためです。

また庫内を冷やそうと冷蔵庫が余計に稼働し、消費電力が高くなるほか、冷蔵庫の心臓部であるコンプレッサーにも負荷がかかります。これらは冷蔵庫の寿命を縮めてしまう原因になるため、食材や飲料品を詰め込みすぎないよう十分注意しましょう。

3.熱いものはそのまま入れない

冷蔵庫に熱いものをそのまま入れてしまうと、冷蔵庫内の温度が上がり消費電力が高くなってしまう可能性があります。また、熱気が原因で霜ができてしまい故障につながる可能性も考えられます。

こうした事態を防ぐためにも、熱いものはそのまま入れないようにしましょう。

まとめ

300L台の冷蔵庫の利用人数は2〜3人が適しています。ただし、ライフスタイルによっては同じ利用人数でもより大きな容量の冷蔵庫が適している場合があります。

ご自身の生活に合った冷蔵庫を選ぶためにも、今回ご紹介した選び方のポイントは前もって押さえておくようにしましょう。