ページの上部に戻る

もしかして故障?テレビが映らない原因と今すぐできる対策を解説

テレビが映らないことに気がついた時に真っ先に疑うのは故障ですが、原因を自分で解消できるケースもあります。故障なのかそれ以外なのか原因を見極めて、必要があれば修理に出したり買い替えたりすることが大切です。テレビは使い方次第で大きく寿命を縮めることもあるため、こまめな掃除や電源オフなどを日頃から意識する必要があります。今回は、テレビが映らない原因と今すぐできる対策について解説します。

テレビが映らない原因【自分で解決できるもの】

テレビが映らない原因は、自分で解決できるものとそうでないものに分かれます。まずは自分で解決できる可能性が高い3つの原因についてご紹介します。

リモコンの操作を誤っている

よくあるミスのひとつとして、リモコンの操作間違いが考えられます。

地上デジタル放送を視聴しようとしているにも関わらずBS放送のボタンを押してしまい、契約外であるために画面が映らずに故障したと思い込んでしまうケースなどです。リモコンのボタンをよく確認しながら視聴したいチャンネルを選択してみましょう。

ただし、BS放送を契約しているのに映らない場合はアンテナのトラブルが原因の可能性もあります。

アンテナを向ける方角がずれて電波を受信できなくなると、BS放送が映らなくなる現象が起こることがあります。

電源コードが接続されていない

見落としやすいのが「電源コードが抜けている可能性」です。掃除の最中に引っかけたりして電源を供給できない状態に陥っていることがあるので確認しましょう。

電源コードはつながっているものの、電源タップなどで分岐しているスイッチがオフになっている可能性も考えられます。

スイッチをオンにしても反応しない場合は、一度大元のコンセントをチェックしてみることをおすすめします。

配線に問題がある

掃除や引っ越し、部屋の模様替えで配線を触った場合などに、テレビの配線が正しく接続されていないために映らなくなっている可能性もあります。このケースであれば単に配線が誤っているだけなので、正しい配線に戻すことで視聴できるようになるでしょう。

詳しい配線方法が分からない場合は、製品の取扱説明書に設置や接続方法、手順などが記載されていますので確認してみましょう。

その他の原因として、テレビを動かした際にB-CASカードがずれて接触が悪くなった可能性があります。一度抜いて差しなおして動作を確認してみましょう。

接続は合っているのに映像が映らないなどの問題が続き、事前に信号ケーブルや電源ケーブルを触っていた場合、ケーブルが断線していて信号を伝えられない状態になっているかもしれません。アンテナ線など各ケーブルが断線していないかどうかを確認し、必要であれば交換するなどの対応を行うことで解決することもあります。

テレビが映らない原因【自分で解決できないもの】

続いて、テレビが映らない原因のうち、自分で解決することが難しい4つの原因についてご紹介します。

本体が故障している

テレビ本体が故障していると、メーカーサポートや専門業者に依頼して修理が必要になります。

例えば、音は聞こえているのに映像だけが映らない場合は、テレビ本体の故障が疑われます。特にバックライトの故障が考えられ、症状は「1秒ほど真っ暗になってすぐに元に戻る」「何時間も映らなくなって、突然また映るようになる」などまちまちですが、どのケースでも故障の可能性が高いといえます。

チューナーが故障している

映像が映らないだけでなく音も出力されていない場合には、チューナーの故障も考えられます。

ただし、チューナー本体は正常でケーブルが断線しているなどの症例もあるため、何が妨げとなっているのか確認することが大切です。

悪天候の影響

住宅の外部にアンテナを設置している場合、強風の影響や降雪などで設置しているアンテナがずれて正しく受信できなくなったり、落雷でアンテナが壊れてしまったりするケースもあります。

自然が引き起こすことなので防ぎようがありませんが、悪天候の後に突然映らなくなるなどの場合は自然による影響が原因とも考えられます。

屋外分配器が故障している

アパートなどの集合住宅では、受信した電波を各戸に送り込むための「屋外分配器」という機械を利用しています。この屋外分配器が経年劣化などで故障することが原因で、テレビが映らなくなっているかもしれません。

集合住宅に住んでいる、かつテレビ本体に問題がみられず断線などもしていないことを確認できたのであれば、屋外分配器にも目を向けてみると良いでしょう。

テレビの故障を防ぐためのポイント

テレビの故障を防いで少しでも長く良い状態で使い続けるためには、次の3つのポイントを意識することが大切です。

定期的に掃除する

テレビにはチリやホコリが溜まりやすいため、定期的に掃除をしてきれいな状態を保ちましょう。ホコリが内部に入ると故障の原因になり、何らかの不具合が起こる可能性もあります。

また、スピーカーの隙間などから侵入したホコリが排熱を妨げると、部品を劣化させて寿命を縮める原因にもなります。

多湿を避ける

家電製品は、湿気の多い場所に置くと内部に水分が入り込んで電源がショートする可能性が高まります。結露が発生しやすいガラス窓の近くなどは設置場所としてあまりおすすめはできません。

壁際で発生した湿気がテレビの内部で水分に変化して機器の稼働を妨げる場合もあるので、テレビと壁間は少し距離を開けて設置することをおすすめします。

観ない時は電源を消す

液晶のバックライトは基本的には視聴時間を基準に劣化していきます。

毎日10時間視聴する場合と2時間視聴する場合では、劣化の具合は変わってきます。外出時や就寝時に電源をオフにするだけでもテレビを長持ちさせることにつながるので、日頃から意識するようにしましょう。

テレビの故障は専門業者に修理依頼

基本的にテレビが故障した際は業者へ修理を依頼することをおすすめします。アンテナなどの故障も自分で修理するのはリスクが高いので、プロに任せた方が良いでしょう。

電気系統の故障は発火などのリスクもあるため、不具合に気がついた時はなるべく早い段階でメーカーや専門の修理業者に連絡して原因を調べてもらうことが大切です。

テレビを買い替えるなら下取りのあるお店がおすすめ

故障して使えなくなったテレビを買い替えるのであれば、下取りがあるお店を選ぶのがおすすめです。故障したテレビはリサイクルショップなどに引き取ってもらえる可能性は低く、個人の買い手を見つけるのも難しいでしょう。

下取りと同時に購入することができる店舗であれば、壊れているテレビをリサイクル料金と収集運搬料金を支払い引き取ってもらいつつ、場合によっては買い替えるテレビの代金から一定額が割引されお得に買える場合もあります。できるだけ手間をかけずにお得に処分したいという方は、下取りを検討してみましょう。

ジャパネットたかたでもテレビの下取りを行っています!


下取りで購入できるテレビを見る

まとめ

故障の程度やテレビを使用している年数によっては、買い替えた方が良いケースも考えられます。

故障したテレビは家電リサイクル法に則った方法でリサイクル料金と収集運搬料金を払い、購入店や専門回収業者などに依頼する以外に処分方法がありませんが、下取りを活用すれば店舗によっては、買い替え費用の割引も受けられてお得に引き取ってもらえる場合もあります。

まずは自分で解決できそうな原因でテレビが映らないのかどうかを確認し、解決が難しい場合はメーカーサポートや専門業者に相談したり、下取りを利用して買い替えを検討したりしましょう。