ページの上部に戻る

テレビが映らない時の対処法は?原因と自分でできる対策を詳しく解説

突然テレビが映らなくなると焦ってしまうものです。しかし何らかの不具合によるエラーメッセージが表示されているだけでテレビ自体に問題がないのであれば、適切に対処することで自分で解決が可能なケースもあります。本体の故障である可能性もありますが、まずは落ち着いて「映らない原因がどこにあるのか」を確かめましょう。今回は、テレビが映らない原因と自分でできる対策についてご紹介します。

テレビが映らない時の代表的な3つの症状

ここでは、テレビが映らない時に考えられる代表的な3つの症状についてご紹介します。まずはそれぞれの症状に当てはまるかどうかを確かめてから、具体的な解決策にうつっていきましょう。

エラーメッセージが表示される

画面に何らかのエラーメッセージが表示されて映像が映らない状態です。

エラーメッセージの種類は複数ありそれぞれ意味が異なりますが、アンテナやB-CASカード、ケーブルなどテレビに関わるどこかの部分にトラブルが生じているとエラーメッセージが出る場合があります。

映像は表示されるがノイズが激しい

電源を入れると映像は映し出されるものの、ノイズが激しく画面が乱れている状態です。

このケースではケーブルの接触不良や電波不足、電波過多、電波障害などの原因が考えられます。

真っ暗な画面で何も映らない

真っ暗な画面のまま何も表示されない時のパターンは、主に3つあります。

ほとんどのケースでは「音声は聞こえてくるものの画面は真っ暗なまま映像が映らない」もしくは「音も出ないし映像も映らない」「音も映像も映らないものの、番組表は確認できる」のどれかに当てはまるでしょう。

この症状ではケーブルの接触不良や入力切替操作間違い、もしくは寿命などの原因が考えられます。

【症状別】テレビが映らなくなった時の対処法

ここでは、前述の3つの症状が出た時にどのような対処法が考えられるのか、一つひとつ具体的にご紹介します。

エラーメッセージの対処法

テレビに表示される代表的なエラーメッセージは全部で4つあり、それぞれ意味が異なります。種類によって対処法も異なるため、どのエラーが表示されているのか確認をしてから解決策を試してみましょう。

E201

E201のエラーコードは「アンテナレベルが低下しています」という内容を意味します。

この場合、テレビは完全に映らなくなる状態を避けるために一時的に引き続き放送を受信できる低階層映像や降雨対応放送に自動的に切り替え、最低限の画質と音質で放送します。そのため、映像が乱れているように感じられることがあります。

E201が出る原因には降雨や降雪などの悪天候やアンテナの不具合、ケーブルの接触不良などが挙げられます。悪天候の場合は自分で対処することが難しいため、天候の回復を待つ以外に方法はないでしょう。

アンテナの不具合は、強風による向きの変化や経年劣化による故障などが考えられます。自分で直すのは危険なため点検業者に状態をチェックしてもらい、修理が必要であれば対応してもらうことをおすすめします。

ケーブルの接触不良が原因であればテレビの主電源を切った状態で抜き差しして断線していないかどうか確認し、断線がみられるようなら新しいものと交換します。ホコリが溜まっていることが影響している可能性もあるので、接続部周辺はきれいにしておきましょう。

E202

E202は「放送電波の受信ができない状態」というメッセージです。ケーブルの接触不良やチャンネル設定の誤り、アンテナレベルの不足が原因となっているケースが多いでしょう。

ケーブルの接触不良への対応は前述のとおりですが、加えて「接続する端子を間違えていないかどうか」も確認する必要があります。

すべてのチャンネルが映らないわけではなく一部のみが表示されないのであればチャンネル設定が間違っている可能性があるため、メニュー画面から「チャンネル設定」を実行してみましょう。設定の場所が分からない時はメーカーの説明書の記載を参考にしてください。

アンテナレベルの不足には、アンテナの向きがずれていることが影響している可能性もあります。業者に依頼して調査を実施し、必要に応じて修理・交換対応を行います。

E203

E203は「現在このチャンネルは放送を休止しています」というメッセージです。

これは単純に選択したチャンネルが現在放送休止中でテレビ本体や接続等には何の問題もないケースと、アンテナレベルの不足が影響しているケースの2通りにわかれます。

放送休止であればテレビ本体には異常はないので、そのまま使用できます。アンテナレベルが不足しているなら何度か電源を入り切りし、状態が改善されなければアンテナレベルを確認して業者へ点検依頼を行いましょう。

その他のエラー

その他のエラーにはE100、E101、E102、E209などが挙げられます。

E100は「B-CASカードが未挿入です」、E101は「ICカードが読み取れません」、E102は「このカードは使用できません」という意味であり、どれもB-CASカードがしっかり刺さっていなかったり故障していたりする際に表示されるエラーです。

E209は「衛星アンテナケーブルがショートしています」というエラーで、アンテナケーブルが壊れていないかを確かめて抜き差しや交換対応をすると状況が改善する可能性があります。

ノイズが目立つ時の対処法

ノイズが目立つ時はまずケーブルの状態を確認し、断線などの異常がみられる時は交換します。それでも改善されない場合は電波を十分に受信できないエリアか、逆に電波を受信しすぎるエリアである可能性を疑いましょう。

電波不足の場合は、業者に依頼してブースターの設置や壁の端子増設をしてもらうことが解決策として考えられます。過多であれば、アッテネーターという電波を軽減させる装置の設置を試みましょう。

真っ暗な画面で映らない時の対処法

音も映像も出力されない時は、入力切替が誤っていないかを確認しましょう。見落としがちですが、他の入力に切り替わったままテレビに戻っていないケースもよくあります。

映像は出力されないものの音だけは聞こえる、といった場合には制御基板など内部の故障が影響しているかもしれません。

一般的には修理・交換対応が必要になりますが、テレビが古いと部品の在庫がない可能性もあり、買い替えをすすめられるケースもあります。

映像は映らないものの番組表は確認できる、といった時はチャンネル設定がされていない可能性があるため、チャンネル取得をすることで改善されるかどうかを試しましょう。

どうしても直らない場合は専門業者に相談

さまざまな原因を追究してみたものの結果的に直らなかったという場合は、メーカーサポートや専門業者に依頼して点検・修理してもらうことをおすすめします。アンテナなどは個人で直すことは難しいので、無理に対処しようとせずにプロに任せましょう。

テレビを買い替えるなら下取りのあるお店がおすすめ

もし寿命による故障が原因と判断された時は、買い替えることをおすすめします。一度は上手く修理できたとしても他の箇所が立て続けに故障して修理費用がかさんでしまい、結果的に買い替えた方が安く済ませられる可能性も考えられます。

テレビを買い替えるのであれば、古いテレビの処分をしつつ新しいテレビを購入する下取りを行っているお店がおすすめです。テレビは家電リサイクル法に基づいた処分が必要になるためリサイクル料金と収集運搬料金を支払いつつ、下取りなら買い替えを同時に行えるため便利です。

ジャパネットたかたもテレビの下取りを行っています。ぜひご検討ください。


下取りで購入できるテレビを見る

まとめ

テレビが突然映らなくなる原因は故障だけとは限らないため、まずは症状を確認してひとつずつできることを試してみましょう。

それでも直らない場合は故障が疑われるため、メーカーサポートや専門業者などに依頼して点検・交換を行うことが大切です。

ただし寿命によって故障したのであれば、買い替えの方がコストを抑えられる可能性あるため無理に修理にこだわらず、下取りを活用した買い替えも検討してみましょう。