ページの上部に戻る

400L台の冷蔵庫は何人向け?選び方は?おすすめ製品とともにご紹介

大容量な400L台の冷蔵庫は、何人向けかご存じでしょうか? 今回は、400L台の冷蔵庫の適切な利用人数や選ぶ際に見ておきたいポイント、おすすめ製品などをご紹介していますので、ぜひご覧ください。

何人がベスト?400L台の冷蔵庫の適切な利用人数

利用人数に適した冷蔵庫の容量の目安は、一般社団法人日本電機工業会が発表している「冷蔵庫目安容量計算式」で算出できます。

計算式は「容量=(70L×家族の人数)+(常備品容量[120L〜170L])+(予備スペース[100L])」となっており、3人家族なら430L〜480L程度、4人家族なら500L〜550L程度の冷蔵庫が望ましいとわかります。

ただし、「自炊をよくする・ほとんどしない」「まとめ買いをする・こまめに買い足す」など、ライフスタイルによって適した容量は変わってきます。

4人家族に適切な冷蔵庫の目安容量は500L台ですが、ほとんど自炊をしないのであれば400L台でも十分です。そのため、容量が400L台の冷蔵庫の適切な利用人数は3〜4人と考えられます。

押さえておこう!400L台の冷蔵庫を選ぶ際のポイント

400L台の冷蔵庫選びで後悔しないためにも、以下のポイントを押さえておくようにしましょう。

1.搬入経路・設置場所を考慮する

冷蔵庫を選ぶ際は、搬入経路・設置場所を考慮することが大切です。仮にこれらの幅・高さ・奥行きを上回るサイズの冷蔵庫を選んでしまうと、搬入・設置ができなくなるためです。

冷蔵庫を選ぶ上で「自宅に搬入・設置が可能なサイズかどうか」の確認は必須なので、あらかじめ搬入経路・設置場所の寸法を測定しておく必要があります。

搬入するのに必要な最低限の幅・高さは、おおよそ冷蔵庫の大きさ+10cmとしているところが多いです。こちらの幅・高さを確保できるかあらかじめ計測しておきましょう。

冷蔵庫の設置場所に関しては、「放熱スペース」を考慮して測定することが大切です。放熱スペースとはその名のとおり、冷蔵庫が熱を逃すために必要なスペースのこと。これを確保しないと庫内の冷えが悪くなり電気代が高くなる可能性があるため、重要なポイントといえます。

冷蔵庫を設置する上で必要な放熱スペースの寸法は、メーカーによって異なります。そのため冷蔵庫を選ぶ際は、放熱スペースの寸法を確認したのち、自宅の設置場所に問題なく置けるかを考えるようにしましょう。

2.ライフスタイルを考慮する

400L台の冷蔵庫を選ぶ際は、ライフスタイルも考慮しなければなりません。

たとえば、よく自炊をするのであれば、人数に適した食材を購入して冷蔵庫で保管しておく必要があります。

くわえて、「1週間分の食材をまとめ買いしておく」「作り置きする」という方の場合は、冷蔵庫の容量が大きくないと入りきらなくなってしまいます。そのため、400L台後半の冷蔵庫のほうが使い勝手はよいと考えられます。

一方で、「自炊はあまりせず外食が多い」「自炊しても作り置きしない」というご家庭は、400L台前半の冷蔵庫であっても余裕を持たせることができるでしょう。

このように、400L台の冷蔵庫と一言でいってもライフスタイルによって適した容量は異なるので、普段どのくらい食材や飲料品を入れているのか確認してから選ぶようにしましょう。

3.ドアの開き方を確認する

冷蔵庫は、ドアの開き方ひとつで使用感が変わるもの。開いたドアが動線を遮ってしまうと、ストレスを感じてしまい、家事の効率が悪くなる可能性も考えられます。

こうした事態を避けるためにも、冷蔵庫を選ぶ際はドアの開き方も確認するようにしましょう。

400L台の冷蔵庫のドアの開き方は、主に「右開き」「左開き」「両開き」「観音開き」の4つです。容量が少ない冷蔵庫は「右開き」「左開き」であることがほとんどですが、400L台になると「両開き」「観音開き」の製品も充実しているため、自宅の設置場所に適した冷蔵庫を見つけやすいといえます。

選び方としては、「冷蔵庫を設置した際、ドアが壁側に開くタイプ」を選択するのがおすすめです。冷蔵庫の中のものを出し入れしやすくなるほか、料理の際に動線を確保できるので家事をスムーズにこなせるようになります。

なお、両開き・観音開きの場合は左右どちらからでもドアを開けられるので、比較的設置場所にも困りません。そのため、たとえば引っ越しが多く冷蔵庫の設置場所が頻繁に変わるという場合は、両開きまたは観音開きの冷蔵庫を選ぶのが堅実といえます。

4.省エネ基準達成率を確認する

「電気代を少しでも安く抑えたい」という方は、省エネ基準達成率を確認するようにしましょう。

省エネ基準達成率とは、省エネ法に基づいて定められた「目標基準値」をどのくらい満たしているのかをパーセントで表記したものです。省エネ基準達成率の数字が高ければ高いほど、省エネ性に優れていることを意味します。

このほか、省エネ基準達成率はラベルに記載されている星の数で確認することもできます。1〜5の星の数で表したラベルの見方は以下のとおりです。

省エネ基準達成率 評価
100%以上 ★★★★★
86%以上100%未満 ★★★★
72%以上86%未満 ★★★
57%以上72%未満 ★★
57%未満

なお、これまでは5段階評価でしたが、2020年以降は「0.1刻みの全41段階評価(1.0〜5.0)」になりました。星の数の横に「4.1」というように数字が記載されているので、ラベルで省エネ性に優れているかチェックする場合も、数字が高い冷蔵庫を選ぶことで電気代の節約につなげることができます。

5.消費電力を確認する

400L台の冷蔵庫の消費電力は、同じ容量の冷蔵庫であっても省エネ性能や搭載されている機能などによっては、消費電力に若干違いがあります。そのため、「消費電力を抑えて電気代を節約したい」という場合は、年間消費電力量に着目しましょう。

年間消費電力量とは、「その製品を特定の条件下で1年間使用した場合に消費する電力量」のことです。つまり、年間消費電力量が低いとランニングコストを減らせて電気代を抑えられるのです。

ぜひご参考に!400L台の冷蔵庫を扱うメーカーの特徴

400L台の冷蔵庫を展開しているメーカーは数多く、「どこの冷蔵庫を選べばよいのかわからない」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。そこで、400L台の冷蔵庫を扱うメーカーを5社ご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

東芝(TOSHIBA)

東芝の冷蔵庫の一部機種は、本体の真ん中に野菜室を配置しています。屈んで野菜を取り出す必要がないので、身体への負担を軽減しつつ効率的に家事を行えます。 さらに、主要モデルである「VEGETA(ベジータ)」シリーズの一部機種には、「もっと潤う摘みたて野菜室」が搭載されており、野菜をみずみずしい状態で保存することが可能です。 東芝の冷蔵庫一覧はこちらから

アクア(AQUA)

アクアの冷蔵庫の特徴には、幅広いサイズ展開が挙げられます。小型から大型まで豊富にそろっているので、ライフスタイルに適した容量の冷蔵庫を見つけることができます。

アクアの冷蔵庫には、「上から見渡す旬鮮野菜室」を採用したモデルがあります。冷蔵室を開けると野菜室も同時に確認できるので、使いかけや買い置きした野菜の存在を忘れて新たに購入してしまうのを防ぐことができます。 アクアの冷蔵庫一覧はこちらから

日立(HITACHI)

日立は、大容量の冷蔵庫を幅広く展開しており、400L台の冷蔵庫も数多く取り揃えています。 一部機種では、冷蔵庫の下2段の設定を「冷蔵・冷凍・野菜」の中から自由に切り替えられる「ぴったりセレクト 」を採用しているので、ライフスタイルに合った使い方を実現できます。 日立の冷蔵庫一覧はこちらから

シャープ(SHARP)

シャープでは、冷蔵庫でも一部機種に「プラズマクラスター」を搭載しており、きれいな冷気を循環させて冷蔵庫内を清潔に保ちます。

さらに、シャープには「どっちもドア」を採用した冷蔵庫もあります。右開き・左開きを切り替えられるので、冷蔵庫の設置場所が変わってもスムーズにドアの開け閉めを行えます。

シャープの冷蔵庫一覧はこちらから

三菱(MITSUBISHI)

三菱の冷蔵庫は、温度管理に優れているのが特徴です。一部機種には「切れちゃう瞬冷凍」が搭載されており、冷凍した食材を解凍せずにそのままカットできます。

このほか、「氷点下ストッカー」機能を搭載した冷蔵庫もあり、氷点下なのに凍らせない三菱独自の技術で、肉や魚を生のままおいしく長く保存できます。

三菱の冷蔵庫一覧はこちらから

おすすめはコレ!魅力的な約400Lの冷蔵庫をご紹介

日立 冷蔵庫 401L 左開き <R-K40RJL>

  • 鮮度長持ち、新鮮スリープ野菜室が特長の冷蔵庫です。「プラチナ触媒」がエチレンガスやニオイ成分を分解し、炭酸ガス濃度を高めることで野菜の気孔が閉じて呼吸活動が低下。 眠らせるように保存し、栄養素の減少を抑えます。 「うるおいカバー」で野菜室全体にフタをして、水分を閉じ込めて乾燥を抑えます。 また、「うるおいユニット」で余分な水分を放出し、適度な水分量を維持して結露を抑えます。

  • モデル名 日立 冷蔵庫 401L 左開き R-K40RJL
    価格 下取りなし価格 円(税込)
    下取り後価格 円(税込)(円下取り)
    定格内容積(総容積) 401L
    便利機能 うるおいカバー&スリープ保存、氷温ルーム、高さかわるん棚
  • 商品の詳細を見る

    日立の冷蔵庫一覧

日立 冷蔵庫 470L 左開き <R-HWS47NL>

  • 「まるごとチルド」で冷蔵室のどこにおいても鮮度長持ち!さらに「特鮮氷温ルーム」でお肉や魚をおいしく保存できます!

  • モデル名 日立 冷蔵庫 470L 左開き R-HWS47NL
    価格 下取りなし価格 円(税込)
    下取り後価格 円(税込)(円下取り)
    定格内容積(総容積) 470L
    便利機能 まるごとチルド、特鮮氷温ルーム、新鮮スリープ野菜室、冷凍3段ケース
  • 商品ページはこちら

    日立の冷蔵庫一覧

AQUA 冷蔵庫「Delieシリーズ」 458L 左開き <AQR-VZ46KL>

  • スリムボディでも大容量!買い物カゴ2.5個分の大容量冷凍室!冷蔵室から野菜室を同時にチェックできる「上から見渡す旬鮮野菜室」を搭載!

  • モデル名 AQUA 冷蔵庫「Delieシリーズ」 458L 左開き AQR-VZ46KL
    価格 下取りなし価格 円(税込)
    下取り後価格 円(税込)(円下取り)
    定格内容積(総容積) 458L
    便利機能 上から見渡す旬鮮野菜室、おいシールド冷凍
  • 商品ページはこちら

    AQUAの冷蔵庫一覧

東芝 冷蔵庫 462L <GR-T460FH>

  • 本体外壁の薄型化により庫内容量を拡大しながらも、高い断熱性能を確保しているので大容量と省エネを両立しています!

  • モデル名 東芝 冷蔵庫 462L GR-T460FH
    価格 下取りなし価格 円(税込)
    下取り後価格 円(税込)(円下取り)
    定格内容積(総容積) 462L
    便利機能 たっぷり保湿冷蔵、野菜室がまんなか、新鮮 摘みたて野菜室、野菜室お掃除口
  • 商品ページはこちら

    東芝の冷蔵庫一覧

三菱 冷蔵庫 455L <MR-MX46G>

  • A.I.が庫内温度を最適制御することにより、肉や魚の鮮度がさらに長持ちします!

  • モデル名 三菱 冷蔵庫 455L MR-MX46G
    価格 下取りなし価格 円(税込)
    下取り後価格 円(税込)(円下取り)
    定格内容積(総容積) 455L
    便利機能 氷点下ストッカーD A.I.、切れちゃう瞬冷凍A.I.、全室独立おまかせA.I.
  • 商品ページはこちら

    三菱の冷蔵庫一覧

シャープ プラズマクラスター冷蔵庫 412L <SJ-X414H-T>

  • プラズマクラスターで冷蔵庫内が清潔に!鮮度を守ったまま冷凍できる新鮮冷凍も!

  • モデル名 シャープ プラズマクラスター冷蔵庫 412L SJ-X414H-T
    価格 下取りなし価格 円(税込)
    下取り後価格 円(税込)(円下取り)
    定格内容積(総容積) 412L
    便利機能 プラズマクラスター見守り運転、新鮮冷凍(下段冷凍室)、おいそぎ冷凍(上段冷凍室)、どっちもドア
  • 商品ページはこちら

    シャープの冷蔵庫一覧

おすすめの冷蔵庫一覧はこちらから

知っておくと役立つ!冷蔵庫に関する豆知識

冷蔵庫に関する豆知識を押さえておけば、いざというときに役立つ可能性があるので、あわせて確認しておきましょう。

不用になった冷蔵庫の処分方法

不用になった冷蔵庫の処分方法には、主に「家電量販店に引き取ってもらう」「指定取引場所に持ち込む」「回収業者に引き取ってもらう」「リサイクルショップで売却する」「下取りに出す」の5つがあります。ゴミとして捨てることはできないので、前述したいずれかの方法で処分しましょう。

なお、冷蔵庫の処分方法に関しては以下の記事で詳しくご紹介しているので、ぜひご覧ください。

冷蔵庫を長持ちさせるコツ

冷蔵庫を長持ちさせるには、まず「食材や飲料品を詰め込みすぎないこと」が大切です。食材を詰め込みすぎてしまうと庫内の温度を下げようと冷蔵庫が余計に稼働し、コンプレッサーに負荷がかかる可能性があるからです。

この状況が続くと冷蔵庫に負担がかかってしまうため、多少の隙間ができる程度に食材や飲料品を入れるようにしましょう。

「こまめに掃除すること」も冷蔵庫を長持ちさせるためのコツのひとつです。庫内の冷気を排出する場所にゴミやホコリ、汚れが溜まっていると、食材や飲料品を効率よく冷やすことができません。

また、温度を下げるために消費電力が高くなる可能性も考えられます。このような事態を避けるためにも、こまめに掃除し冷蔵庫内を清潔に保つことが大切です。

まとめ

400L台の冷蔵庫の適切な利用人数は3〜4人ですが、ライフスタイルによってはそれ以上の人数でも使用できるでしょう。適切な容量の冷蔵庫を購入するためにも、選ぶ際はまず「どのようなライフスタイルか」を振り返るようにしましょう。

また、冷蔵庫を選ぶ際は「着目すべきポイント」を知っておくことも大切です。ご自身にとって使い勝手のよい冷蔵庫を購入できるよう、今回ご紹介した内容をぜひ押さえておいてください。