ページの上部に戻る

意外と知らない炊飯器の捨て方!主な3つのパターンを押さえよう

炊飯器が故障したとき、どのように処分すべきかご存じでない方は多いのではないでしょうか。炊飯器は、小型家電リサイクル法の対象となっているため、自治体によって決められた方法で処分する必要があります。今回は、適切な捨て方のほか炊飯器の寿命が近づいているサインなどについて解説します。住んでいる地域によって炊飯器の処分方法は異なるので、あわせて覚えておくようにしましょう。

炊飯器の処分方法は主に3パターン

寿命が迫った炊飯器や故障した炊飯器はどのように処分すればよいのでしょうか。以下で、炊飯器の主な捨て方をご紹介します。

1.不燃ごみ・粗大ごみとして処分する

炊飯器は「不燃ごみ」もしくは「粗大ごみ」として処分することができます。ただし、どちらのごみとして処分するか、またその処分方法は自治体によって決まっています。そのため炊飯器を処分する前に、お住まいの地域の自治体に確認し、ルールに従って処分するようにしましょう。

不燃ごみ

自治体によっては、炊飯器を不燃ごみとして処分することができます。ただし、不燃ごみとして処分できる炊飯器は「縦・横・高さ、それぞれの長さが30cm以下のもの」と定めている自治体が多いため、仮に30cmを超える場合は不燃ごみとして処分できない場合がありますので注意しましょう。

粗大ごみ

一辺の長さが30cm以上の炊飯器やリチウム電池が内蔵された炊飯器の場合、粗大ごみとして処分できる自治体もあります。粗大ごみの出し方は、可燃ごみや不燃ごみとは異なるため、注意が必要です。

多くの自治体での粗大ごみの処分方法はおおよそ以下のとおりです。

  • ・自治体に電話、またはインターネットで回収日の予約をする
  • ・スーパーやコンビニなどで販売されている「粗大ごみ処理券」を購入する
  • ・粗大ごみ処理券に受付番号や申込者の名前を記入し、炊飯器に貼り付ける
  • ・回収日時までに指定の場所へ炊飯器を出す

粗大ごみを処分する際は費用が発生しますが、炊飯器の大きさなどによって処分費用が異なるため、あらかじめ確認しておくようにしましょう。粗大ごみ処理券の金額が不足してしまうと、不足分の粗大ごみ処理券を購入してから、再度電話またはインターネットで回収日の予約をしなければなりません。そうすると炊飯器を処分するまでにさらに時間がかかってしまうだけでなく手間も発生しますので、回収の予約をする際にきちんと料金を確認しましょう。

2.小型家電リサイクル法に基づいた回収に出す

電化製品のリサイクルについて定めた法律のひとつに「小型家電リサイクル法」というものがあり、炊飯器に関してもこの法律の対象となっています。小型家電リサイクル法とは、炊飯器をはじめ、携帯電話やパソコン、ゲーム機など「使用済み小型家電の再資源化」を目的として施行された法律です。自治体によって方法は異なりますが、対象の小型家電を定期的に回収し再資源化を行うことを目的としているため、環境に優しい処分方法といえます。お店等特定の場所にボックスを配置してそこで回収する方法や、イベント開催の期間に限定して回収する方法など、市町村ごとに回収方法が定められていますので、お住まいの自治体の回収方法を確認しましょう。

3.下取りしてもらう

炊飯器を買い替えるなら、下取りを選ぶのがおすすめです。なぜなら、下取りは炊飯器をもっともお得に処分できる方法だからです。下取りならば、自分で処分する手間を省けるだけでなく、同じサイト・店舗で新しい炊飯器を購入することで割引を受けられることもあります。そのため、炊飯器の買い替えを検討しているのであれば下取りを選択するのが堅実です。

ジャパネットでは炊飯器の下取りを行っています。ご検討の際に是非ご覧ください。

下取りで購入できる炊飯器一覧を見る

各地域で異なる炊飯器の捨て方

炊飯器の捨て方は各地域によって異なります。以下で3つの地域別に炊飯器の捨て方を説明します。
情報は、本ページ掲載時(2021年10月時点)のものであり、変更になる恐れがあります。また、3地域での掃除機の処分方法の一例としてご理解いただき、ご自身の自治体のホームページなどを確認した上で行動してください。

東京都品川区の場合

東京都品川区では、陶器・ガラス・金属ごみと同様の方法で炊飯器を処分します。具体的には、中身の見える袋に炊飯器を入れ、指定の場所に出します。ただし、一辺の長さが30cm以上の炊飯器は粗大ごみとして処分しなければなりません。そのため、前述したように回収の受付を行い、粗大ごみ処理券を炊飯器に貼って処分しましょう。

参照:品川区 資源・ごみ品目一覧|品川区ホームページ

京都府京都市の場合

京都府京都市では、高さ30cm・幅40cm・奥行40cm以内の炊飯器に関しては資源物の拠点回収の対象となるため、回収場所に設置してある回収ボックスに入れるだけでOKです。無料で処分してもらうことができます。ただし、電池を外しておく必要があるほか、分解されていたり元の形がわからないほど壊れていたりする炊飯器に関しては回収してもらえない可能性があるので注意しましょう。

参照:正しい資源物とごみの分け方・出し方|京都市 環境政策局

参照:小型家電の回収・リサイクル|京都市情報館

沖縄県那覇市の場合

沖縄県那覇市では、炊飯器は指定のごみ袋に入れて不燃ごみとして処分します。このとき、炊飯器の電池は外す必要があるほか、コードは1m以下に切断しておかなければなりません。また、切断したコードは可燃ごみになるため、炊飯器と一緒に処分しないよう注意しましょう。

参照:家庭用ごみ分別の手引き|那覇市役所

買い替え時かも!炊飯器の寿命が近づいているサイン

ここまでは、捨て方についてご紹介してきましたが、以下では炊飯器の寿命を知らせるサインについてお話しします。どの家電製品にも寿命はあり、もちろん炊飯器も例外ではありません。ある日突然使えなくなる事態を避けるためにも、炊飯器の寿命が近づいているサインを覚えておきましょう。

炊けたご飯から異臭がする

「炊けたご飯からいつもと違った嫌なにおいがする」という場合、それは炊飯器の寿命が近いサインの可能性があります。

ただし、場合によっては別の問題が隠れている可能性もあります。たとえば、炊けたご飯が「ぬか臭い」という場合はお米に原因がある可能性が高いので、炊飯器の寿命と判断するのは早いかもしれません。まず、お米をしっかり洗う、または古いお米を使用している場合は新しいものに変えてみることをおすすめします。

このほか、炊飯器の内釜や内ぶたのパッキン、しゃもじなどのお手入れやお掃除が不十分だと異臭を放つこともあります。雑菌が繁殖して異臭の原因になっている可能性があるので、まずはしっかりと洗浄し、きれいにすることが大切です。それでも異臭がするのであれば炊飯器の寿命が迫っている可能性があるので、買い替えを検討してもよいかもしれません。

ご飯がうまく炊き上がらない

ご飯がおいしく炊き上がるよう、炊飯器の温度は「温度センサー」によって管理されています。そのため、温度センサーが故障しているとおいしく炊き上がる温度に設定できず、水気が多かったり芯が残ったりすることがあります。

ただし、単純に水の量を間違えている場合も、同様のことが起こり得るため、注意が必要です。まずはお米の量に対してメモリを間違えていないか確認するようにしましょう。洗米が必要なお米と無洗米は水の量が異なるので、その点もしっかりと確認することが大切です。仮に、水の量が正確でもご飯がうまく炊き上がらない場合は、炊飯器の寿命が近いと考えられます。

炊飯器から異音がする

炊飯器は、スイッチを入れたときや、炊飯中、またご飯が炊き上がったときなどに音がします。ただし、使用をし続ける中で普段と違った音が鳴ったときは、故障の可能性があるかもしれません。

電源が入らない

炊飯器の電源が切れている場合、まずは電源プラグが抜けていないか、を確認しましょう。意外と見落としがちなポイントですが、なにかの拍子に抜けてしまい「電源が入らない!」と焦ってしまうケースもあるようです。また、電源は入っているが液晶の表示がおかしい、という場合は一度電源プラグの抜き差しを試してみましょう。それでも電源が入らない、表示が直らないという場合は故障の可能性があります。

問題なく使える場合は、捨てずに知人に譲るのも一案

炊飯器は、自炊をする方にとって必要不可欠な家電製品です。そのため、進学・就職・単身赴任を機に新生活を送る方の中には、「炊飯器が欲しい」と思っている方もいるのではないでしょうか。炊飯器は比較的リーズナブルな価格で購入することもできますが、新生活に向けて必要なものはたくさんあります。そのため、「少しでも出費を抑えたい」という方もいらっしゃると思います。

もし故障や寿命ではなく、買い替えなどで炊飯器を捨てようとしているのであれば、炊飯器を欲しがっている知人に譲ることも一案です。

まとめ

炊飯器を長く使用し続けていると、いずれは寿命を迎えます。「炊けたご飯から異臭がする」「ご飯がうまく炊けない」「炊飯器から異音がする」といった症状が出た場合は、炊飯器の寿命が近い可能性があるので、買い替えることを検討してもよいでしょう。

もし、使っていた炊飯器を処分するのであれば、今回ご紹介した捨て方を参考にしてみてください。また、炊飯器は小型家電リサイクル法に該当する製品なので、「自治体のルールに従った処分が必須」という点が大切になります。処分する際は自治体のサイトなどで確認してみましょう。

下取りで購入できる炊飯器一覧を見る