ページの上部に戻る

炊飯器の選び方とは?着目すべきポイントやおすすめ製品もご紹介

キッチンにあるおなじみの家電「炊飯器」。食事を楽しむ上でご飯は欠かせない存在という方もいるでしょう。しかし、普段から食べているご飯は、同じお米でも炊飯器によってはさらにおいしくなるということはご存じでしょうか。いつでもおいしいご飯が食べられるように、こだわりの機能が搭載された新しい炊飯器を使うのがおすすめです。そこで今回は炊飯器の失敗しない選び方をはじめ、着目するべき便利な機能やご飯のおいしい炊き方をご紹介します。くわえて、数多くの商品を展開している人気家電メーカーの炊飯器の特徴などもご紹介します。「炊飯器選びに失敗したくない」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

押さえておこう!失敗しない炊飯器の選び方について

炊飯器を選ぶ際は、下記の3つポイントを押さえておきましょう。

1.炊飯容量

炊飯容量は、一緒に食事をする人数や食べる量を考慮して選ぶことが大切です。家電メーカーによっては、1合炊きの小さいサイズから家庭用の大きいサイズまで、豊富なラインナップが揃っています。

お米の1合は、炊き上がるとお茶碗およそ2杯分(1杯は約150g)になります。4人家族の家庭で朝晩の食事で1人1〜2杯のご飯を食べると想定した場合、1回の食事で2〜4合程度食べる計算になります。くわえて、お弁当に入れたり冷凍で保管したりする分も1度に炊くとなると、4〜5合の炊飯容量は必要と考えられます。

一般的な炊飯容量の目安については下記の表をご参照ください。

人数 炊飯容量の目安
1〜2人 1〜3.5合
3〜5人 5〜5.5合
6人以上 8〜10合(1升)

なお、上記はあくまで目安です。食事の度に炊飯する、ご飯を食べる量が少ないまたは多い、外食が多いなどライフスタイルによって異なるので、家庭に適した炊飯容量を選びましょう。

2.炊飯器の種類

炊飯器は加熱の方法が複数あります。以下で、代表的な加熱方式を4つご紹介します。

マイコン式

「マイコン式」は古くからある加熱方式で、釜の外にあるヒーターを熱してお米を炊くというシンプルな仕組みになっています。ヒーターは底面のみのタイプと全面のタイプの2種類です。容量の小さいものが多く、その上価格がほかの加熱方式の製品に比べてリーズナブルという特徴があります。そのため、一人暮らしの方におすすめです。

IH式

家電メーカーのほとんどが「IH式」の炊飯器を扱っています。IH式はヒーターで熱を加えるマイコン式と違って、外釜に取り付けたコイルに電気を流すことで内釜自体を発熱させます。釡自体が発熱するため熱効率がよく、ムラなくご飯が炊きあがります。

価格は安いものから高いものまで幅広くあります。自宅で食事をとることが多いのであれば、IH式炊飯器を選ぶのがおすすめです。

圧力IH式

IH式と同じ仕組みに圧力をかける機能が加わったのが「圧力IH式」です。圧力をかけると水の沸点が上昇するので、その力を利用し高火力でお米を炊き上げます。芯まで熱が浸透して、甘みのあるもちもちとした食感を楽しむことができます。さらに、比較的短い時間でお米が炊けるので、炊飯効率の高さも魅力のひとつです。ただし、IH式に比べると価格は高くなる傾向があります。

ガス式

「ガス式」はガスでお米を炊くので、「直火で炊ける高火力」が魅力です。ただし、設置場所にはコンセントだけではなくガス栓も必要になります。また、ガスを使用するため、都市ガスやLPガスなど対応するガスにも注意しなければいけません。ガス式炊飯器を購入する際は、事前に使用するガスを確認しておきましょう。

3.内釜の素材

ご飯のおいしさは内釜の素材に大きく左右されるといわれます。そのため、素材にもこだわっている製品が多くあります。

鉄釜

炊飯時間を短縮できて、さらにはお米の栄養素も逃しにくいといわれている「鉄釜」。全体的に火が通りやすいため、炊きムラがなくふっくらとご飯が炊き上がるという特徴があります。

金属の性質上、釜が重くなってしまうため釜を洗う際に重いと感じる可能性はありますが、そのほかのデメリット(注意点)は特にありません。鉄釜を選ぶ際は、重さを確認したり実際に内釜を持ってみて重さ加減や使い勝手を確認したりするのがおすすめです。

炭釜

IHの加熱方式と相性がよいといわれているのが「炭釜」です。炭釜は、熱伝導率が高いことから「火力が強まる」という特徴があります。さらに、炭の持つ遠赤外線効果も相まって、お米を芯までしっかりと加熱することができます。

ご飯は「火力」によっておいしさが変わるともいわれます。その点においては、炭釜はお米の旨味を存分に引き出してくれるでしょう。

ただし、炭釜は取り扱いには十分な注意が必要です。なぜなら、炭素材料を使用している釜は衝撃を受けると欠けたり破損したりする危険性があります。そのため、炭釜を使用する際は衝撃を与えないよう慎重に取り扱いましょう。

土鍋釜

「土鍋釜」は、高い蓄熱効果と遠赤外線効果によって、「ふっくらとしたもちもち食感のご飯が炊き上がる」という特徴があります。

ご飯の炊き方は、古くから「はじめちょろちょろ中パッパ」という言葉で表現されてきました。はじめちょろちょろとは、「最初はゆっくりと弱火で」という意味で、中パッパは「中盤から一気に加熱」という意味です。土鍋釜は、釜が熱されるまでに時間がかかりますが、熱されてからは高温状態を長時間維持します。そのため、土鍋釜はまさに「はじめちょろちょろ中パッパ」を可能にした内釜といえます。

アルミ釜

主にマイコン式炊飯器に使用されているのが「アルミ釜」です。アルミという材質は熱伝導率が高いことから、マイコン式炊飯器やガス式炊飯器など、底を熱して全体を温める加熱方式に理想的な素材です。また、軽量で加工しやすく素材自体のコストもあまりかからないので、低価格帯の炊飯器の多くはアルミ釜を採用しています。

炊飯器選びで着目すべき7つの便利機能

最近の炊飯器には便利な機能が数多く搭載されています。ここでは、特に着目するべき7つの便利機能をご紹介します。

1.炊き分け機能(無洗米・玄米)

お米の種類に合わせて炊き方を調整する「炊き分け機能」。お米には白米をはじめ、玄米や雑穀米などがあります。お米の種類によって味や特徴は異なりますが、炊き方を調整することでおいしいご飯に仕上げることができます。

たとえば、玄米は白米に比べると硬くて食物繊維が豊富に含まれています。そのため、おいしい玄米を炊くためには、白米よりも火力を強めなければいけません。しかし、炊き分け機能があれば、ボタンひとつで自動調整してくれるので、おいしい玄米を手軽に炊くことができます。さまざまな種類のお米を炊く場合は、炊き分け機能のある炊飯器を選ぶのがおすすめです。

2.お米の銘柄別炊き分け機能

お米の種類とは別に、「銘柄」で炊き分けることができる機能もあります。お米は、産地によって味と食感にそれぞれの個性があります。たとえば、有名なお米の銘柄といえば、新潟県産の「こしひかり」。甘みがあってもっちりとした粘りが特徴です。

その一方で、東北地方を中心に生産されている「ひとめぼれ」は、粘り気があってツヤツヤとした色合いの美しさが特徴的な銘柄です。銘柄ごとの個性を活かしながら炊き方を調整することができるので、よりおいしいご飯に仕上がります。

3.早炊き機能

急いでいるときに便利なのが「早炊き機能」です。通常の炊飯時間だと炊き上がりまでに50分〜1時間ほどの時間を要しますが、早炊き機能を使えば炊き上がりまでの時間を短縮することができます。ただし、浸水時間や蒸らし時間を短縮してしまっているので、ご飯の味が落ちる可能性があります。時間に余裕があるときは、なるべく通常モードで炊飯するのがおすすめです。

4.少量コース機能

いつもはたくさん炊飯する家庭でも「少量しか炊く必要がない」という日もあるはずです。しかし、5合炊きや1升炊きの大きい釜で少量のお米を炊くと、水っぽくてベチャベチャなご飯になってしまいます。なぜなら、お米の量が少ないと内釜の空間が広くなり、高温状態を保てないからです。

そんなときに便利なのが「少量コース機能」です。通常の炊飯よりも火力を上げることによって、短い時間で水分を飛ばし、少量で炊いたときの「ベチャベチャ感」を抑えることができます。

5.調理機能

現在の炊飯器には、ご飯以外の料理も作れる「調理機能」を搭載した製品もあります。釜に材料を入れて、作りたい料理を選択するだけで簡単に調理をしてくれるという機能です。たとえば、角煮・肉じゃがなどの煮込み料理や、蒸しパン・シュウマイなどの蒸し料理、スポンジケーキ、ローストビーフなどさまざまなレパートリーの料理が作れます。調理機能を活用することで、炊飯器が料理ごとに最適な温度と圧力を調整してくれます。

6.蒸気レス機能

蒸気レス機能を搭載した炊飯器の人気も高くなっています。設置場所にもよりますが、蒸気が家具や家電製品にあたるとカビ・汚れや故障の原因になったり、子どもが火傷をしてしまったりするなどのリスクがあります。しかし、蒸気を無くす・減らすことによってそれらのリスクを減らすことができます。

ただし、炊飯器の内部構造が複雑である上に、取り外しするパーツが増えてしまうため、お手入れに時間がかかってしまいます。お手入れを怠ってしまうとご飯の味や炊き上がり具合にも影響を及ぼすので、購入をする際はその点に留意しましょう。

7.スマホ連携機能

炊飯器には、スマホ連携機能が備わった製品もあります。専用のアプリをインストールすれば、ご飯の炊き加減や炊き上がりの時間を設定できます。また、機種によってはその年のお米の出来栄えに合わせて炊き方を調整できるものもあります。

炊飯器の各メーカーの特徴

炊飯器を扱っている家電メーカーはいくつかあります。ここでは、その中でも高い人気を誇るメーカーを5社ご紹介します。

象印(ZOJIRUSHI)

人気の炊飯器を次々と世に送り出してきた「象印」。性能の高い圧力IH式をはじめ、機能性を重視したIH式やお手頃価格のマイコン式など数多くの製品を取り揃えています。

一部の機種には「ローテーションIH構造」を搭載しており、底にある複数のヒーターがかまどで炊いたときの「炎のゆらぎ」を再現。激しい対流を引き起こしてお米を舞い上げる「炎舞炊き®」は、一粒一粒に熱が伝わることによって炊き上がったご飯はムラがなく、ふっくら大粒の仕上がりになります。

また、象印の炊飯器は保温や再加熱などの付加機能が充実しているのも特徴です。たとえば、保温時間を最長40時間も持続できる「極め保温」という機能があります。蒸気を籠もらせることでご飯の水分を一定に保ち、パサつきや乾燥を防ぐことができます。さらに、「わが家炊き」機能は前回食べたご飯の硬さ・粘りなどを入力することによって、炊飯器が自動で炊き方を変えて好みに合うよう調整してくれます。

このように、象印の炊飯器は機能性も充実しているので、朝から晩まで常においしいご飯を味わうことができます。

象印の炊飯器一覧を見る

タイガー(TIGER)

電気ポットやホットプレートなどの調理家電を主力とする「タイガー」。数多くある炊飯器の中でも注目すべきは、高火力とやさしい泡立ちでお米の旨みを守る「土鍋ご泡火炊き」です。内なべには本物の土からできた蓄熱性の高い「本土鍋」を使用。最高温度約250度の高温で炊飯するので、お米の甘みを存分に引き出したご飯が炊き上がります。

2021年11月現在では、内なべの割れ・フッ素コーティングの剥がれを3年保証をしている機種も一部あります。また、お米の旨味を感じながら特別感のある「おこげ」を堪能できる機種など「ご褒美ごはん」を楽しむことができるラインナップが揃っています。

タイガーの炊飯器一覧を見る

三菱(MITSUBISHI)

炭釜にこだわった「三菱」の炊飯器。特徴としては、炊きたてはもちろん「冷えてもおいしい」ということが挙げられます。

三菱の一部機種には本炭釜を採用した製品があり、「炭」がまるごと発熱体となるので、内釜全体が一気に発熱。炭ならではの遠赤効果も加わり、お米の芯までしっかり火が通ります。また、銘柄別炊き分け機能や料理に合わせてご飯の炊き具合を調節する「炊き分け名人」機能など、ご飯をよりおいしく味わうための機能が充実しています。

このほか、三菱では本炭釜をはじめ備長炭コーティングした炭炊釜など、炭を活用した炊飯器を展開しています。

三菱の炊飯器一覧を見る

日立(HITACHI)

あらゆるジャンルの家電を扱っている「日立」。炊飯器は、機能性とご飯のおいしさが高い評価を得ています。そんな日立の炊飯器には、圧力炊きとスチーム蒸らしを組み合わせた製品があります。この2つの組み合わせにより、外側は硬く内側は柔らかい食感を実現。特にスチームのコントロール性能が高く、お米の乾燥を防ぎながら、圧力を加えることで芯まで加熱することができます。

日立の炊飯器は、お米のみずみずしくモチモチとした贅沢な食感を楽しめるのが特徴です。

日立の炊飯器一覧を見る

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

ジェネリック家電メーカーとしておなじみの「アイリスオーヤマ」。リーズナブルな値段でありながら、機能性やデザイン性はその他大手家電メーカーにも引けを取りません。

アイリスオーヤマの炊飯器には、ハイスペック炊飯器でも「低価格で手に入る」という特徴があります。また、機種によってはアイリスオーヤマならではの機能もあります。たとえば、玄米や雑穀米といった複数のお米の種類に合わせておいしく炊き上げることができる「ヘルシーメニュー機能」や、糖質を抑える「低糖質機能」などが搭載されています。

このほか、煮込み料理や炊き込み料理を作ることができる「調理機能」、炊飯時間を短縮できる「早炊き機能」、さらには電気代を抑えられる「省エネ機能」など、充実した機能が数多く搭載されています。

アイリスオーヤマの炊飯器一覧を見る

迷ったらコレ!おすすめの炊飯器をご紹介

象印マホービン IH炊飯ジャー 5.5合 <NW-VH10>

  • 強火で炊き続け、うまみを引き出す「豪熱沸とうIH」。ふきこぼれを気にせず、沸とう後も火を引かずにIHの高火力で効率よく炊き続けます。芯までふっくらしたごはんに炊き上がります。

  • モデル名 象印マホービン IH炊飯ジャー 5.5合 NW-VH10
    価格 下取りなし価格 円(税込)
    下取り後価格 円(税込)(円下取り)
  • 商品の詳細を見る

    象印の炊飯器一覧

三菱 IHジャー炊飯器5.5合 <NJ-VW10JC>

  • 炭はIHとの相性が良く、釜底だけでなく全体が一気に発熱し、まるでかまどの直火で炊いているような高火力を再現。その火力はステンレスよりも高く、さらに炭の遠赤効果によって絶妙な食感と豊かな味わいが可能になりました。

  • モデル名 三菱 IHジャー炊飯器5.5合 NJ-VW10JC
    価格 下取りなし価格 円(税込)
    下取り後価格 円(税込)(円下取り)
  • 商品の詳細を見る

    三菱の炊飯器一覧

象印マホービン 圧力IH炊飯ジャー 5.5合 <NW-TA10-TD>

  • プラチナコートで甘み成分を引き出し、もっちりご飯に!。1.15気圧の圧力と104℃の高温で炊き上げることで、昔のかまど炊きのような、ふっくらもちもちのご飯を楽しめます。お米の芯まで熱が通るので、粘りや弾力を引き出して甘みのあるご飯が楽しめます。

  • モデル名 象印マホービン 圧力IH炊飯ジャー 5.5合 NW-TA10-TD
    価格 下取りなし価格 円(税込)
    下取り後価格 円(税込)(円下取り)
  • 商品の詳細を見る

    象印の炊飯器一覧

炊飯器一覧を見る

ぜひ知っておいてほしい!炊飯器でおいしいご飯を炊く方法

ご飯は、ちょっとしたことを心がけることによって、よりおいしく炊き上げることができます。そこで、炊飯器でおいしいご飯を炊く方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

お米の量

一般的にお米の量は計量カップで量ります。必ず「すりきり1杯」で量るようにしましょう。なぜなら、お米の量に微妙な差があると、本来はそれに合わせて水の量も調整しなければいけないからです。なお、無洗米を炊くときは、無洗米用の軽量カップを使用してください。

お米を研ぐ

次に、お米のヌカを取り除くために洗米をします。お米は精米されているものが多いため、数回水をくぐらせればヌカをほとんど落とすことができます。ただし、1回目の洗米はお米を洗うというより数回かき混ぜてすぐに水を捨てるようにしましょう。なぜなら、ヌカの臭いがついた水がお米に染み込むと味に影響が出てしまうからです。その後も、水を取り替えながら素早く2〜3回洗います。

水加減

もっとも重要な工程のひとつが「水加減の調整」です。内釜の目盛りを基準にしながら水を加えていきます。内釜は必ず平らな場所に置いて、左右の目盛を確認しながら調整しましょう。

お米に吸水させる

すぐに炊飯を開始せずに、一定時間お米に吸水させるのがポイントです。そうすることで、お米が水分を吸収して大粒のご飯に仕上がります。炊飯器を予約して使用する場合は、浸水時間が長くなるため、水加減を少なめにするとよいでしょう。

機種によっては、炊飯時間にこの吸水する時間が含まれていることがあります。その場合は、お米を洗ってからすぐに炊飯できるので、取扱説明書を確認しましょう。

お米を蒸らす

炊き上がった後は、そのまま炊飯器の中でご飯を蒸らします。蒸らすことによってご飯粒に含まれる水分量を均一にすることができます。機種によっては、炊飯時間にこの蒸らす時間が含まれていることがあります。

お米をほぐす

最後に、ご飯をほぐします。余分な水分を逃がすように底の部分を掘り起こしながらかき混ぜると釜の中の水分量が一定となって、粒が立つほどのおいしいご飯が完成します。ほぐしていないと、お米が固まったり、蒸気が溜まってお米がべたべたになることもあります。

まとめ

昨今の炊飯器は魅力的な機能が数多くあるので、こだわり始めると選択肢が次々と増えていってしまいます。そのため、まずはサイズや加熱方法、内釜の素材などのポイントを押さえ、その上で家族や自分に必要な機能を搭載した炊飯器を選びましょう。そうすることで、炊飯器選びの失敗を大幅に減らすことができるはずです。

また、家電メーカーによってご飯の炊き方や仕上がりにも違いが出てきます。おいしいご飯を食べるためにも、各メーカーや炊飯器の特徴を考慮して選んでみてください。

炊飯器一覧を見る