ページの上部に戻る

【一人暮らしの方向け】テレビの選び方とおすすめの製品

テレビは、一人暮らしを豊かにする家電製品のひとつ。放送中のテレビ番組を視聴するのはもちろん、レコーダーで録画した番組を観たり、ゲーム機を接続して楽しんだりその用途は多く、とても重宝します。では、一人暮らし用のテレビを購入する際は、どのようなポイントに着目して選べばよいのでしょうか。
今回は、一人暮らし用のテレビを選ぶ際のポイントをはじめ、おすすめの製品やテレビの買い替え時期などについてご紹介します。より合ったテレビ選びを行うためにも、ぜひご参考ください。

とくにここをチェック!一人暮らし用テレビ選びのポイント

一人暮らし用のテレビを選ぶときは、「パネルタイプ」と「大きさ」に注目してみましょう。

パネルタイプで選ぶ

テレビに使用されているパネルは、主に「液晶テレビ」と「有機ELテレビ」の2つ。それぞれで特徴は、以下のとおりです。

液晶テレビ

液晶テレビは液晶パネル自体では発光できず、バックライトなどを用いて明るさを表現しています。このため自発光が可能な有機ELテレビと比べて白〜黒のコントラスト比を苦手としています。一方で、サイズバリエーションが豊富でインチ当たりの価格がリーズナブルでお求めやすいことが特徴です。

液晶テレビの一覧はこちらから

有機ELテレビ

有機ELテレビはコントラスト比に優れており、鮮明で高画質な映像を映し出せるのが特徴です。そのため、リアルな質感で美しい映像を常に楽しむことができます。ただし、有機ELテレビは液晶テレビに比べてサイズのバリエーションが少なく、同じ画面サイズで比較すると液晶テレビよりも価格が高めなことが特徴です。

有機ELテレビの一覧はこちらから
  • 有機ELテレビとは?特徴やメリット、液晶テレビとの違いをご紹介

    • 有機ELテレビをご存じですか? テレビの購入を検討中の方なら、一度は聞いたことや目にしたことがあるのでは。この記事では、有機ELテレビの詳細や選択するメリット・注意点(懸念点やデメリット)についてご紹介しています。ぜひご覧ください。
    • 詳しく見る

大きさで選ぶ

「テレビは大きいほどよい」と考えている方もいるかもしれませんが、決してそうとは限りません。なぜなら、テレビを快適に楽しむには「最適な視聴距離を保つ必要がある」ためです。テレビとの距離があまりにも近いと全体像を把握できなかったり、画素の粗が見えてしまい美しく見えなかったり、反対に遠いと映像が小さくなり見えづらくなってしまいます。

19V型以下

19V型以下はテレビの中でもかなり小さいサイズになり、小さなテレビを選ぶ場合このサイズ感になります。一般的なテレビの形状をした据え置き型の他、持ち運びを考慮したポータブルテレビもあり、部屋の大きさよりも目的に合わせて選ぶのがおすすめです。

19V型以下のテレビの一覧はこちらから

24V型〜32V型

24V型〜32V型は6畳の部屋や寝室、子供部屋などにおすすめのサイズです。価格もお求めやすいモデルが多く、様々なメーカーから選択できることもポイントです。

24V型〜32V型テレビの一覧はこちらから

40V型〜43V型

40V型〜43V型テレビは6畳〜8畳の部屋におすすめのサイズです。このサイズくらいから4K解像度のモデルも購入でき、映像によりこだわりつつ小型を選ばれる方には注目のサイズになります。

40V型〜43V型テレビの一覧はこちらから

49V型・50V型

49V型・50V型テレビになると横幅が1mを越えてきて大型テレビといって差し支えないサイズになってきます。ある程度の視聴距離がとれる8畳〜10畳の部屋がおすすめです。

49V型・50V型テレビの一覧はこちらから

55V型・58V型

55V型・58V型テレビでは横幅が1.2m以上になり、設置スペースも重要になってきます。各テレビメーカーでお求めやすいモデルから高機能なモデルまで様々販売されており、ニーズに合ったテレビを検討できます。

55V型・58V型テレビの一覧はこちらから

なお、上述した部屋のサイズでなければならないわけではありません。6畳未満の部屋に大型テレビを設置することもできるので、あくまでも目安の1つとして捉え、部屋の大きさや好みに合わせてサイズを選ぶようにしましょう。

各メーカーのテレビの特徴

各メーカーによってテレビの特徴は異なります。

以下で、代表的なメーカーをピックアップし、それぞれのテレビの特徴・魅力を解説します。テレビ選びの参考にしてみてください。

東芝

東芝の「REGZA(レグザ)」は小型から大型のサイズまでバリエーションが多いほか、便利な機能が多数搭載されているのが特徴です。

たとえば、一部の上位モデルに搭載されている「タイムシフトマシン機能」を使えば、見逃した番組をあとから視聴することができます。

また、リアルタイムで視聴している途中でも最初に戻ることができるので、自由にテレビの視聴を楽しめます。

東芝のテレビ一覧はこちらから

シャープ

シャープの「AQUOS(アクオス)」は、鮮やかな色調で美しい映像を実現しているテレビです。上位モデルに搭載されている「高演色リッチカラーテクノロジー」により自然の色を繊細かつ正確に表現することで、臨場感あふれる映像を実現しています。

さらに、画面サイズを豊富に取り揃えているため、幅広いラインナップのなかから好みに合ったサイズを選択することが可能です。一人暮らし用に最適なポータブルテレビも取り扱っているので、自宅にいながらどこでもテレビを楽しむことができます。

シャープのテレビ一覧はこちらから

ソニー

ソニーは、ヘッドホンやスピーカーなどのオーディオ機器に精通していることから、テレビにおいても映像だけでなく音にもこだわっている製品があるのが特徴です。

たとえば、「BRAVIA(ブラビア)」の一部上位モデルは立体感のある音により、高い没入感を楽しめるテレビとなっています。

このほか、多くの4K BRAVIAでは「Android TV機能」を活用することもでき、これを使えば見たい番組やインターネットコンテンツを声で検索することができます。

ソニーのテレビ一覧はこちらから

パナソニック

パナソニックのテレビというと、「VIERA(ビエラ)」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

デザイン性に優れたモデルが多いため、部屋の雰囲気に合わせやすいのが特徴です。

また、VIERAはポータブルテレビの取扱もあるので、一人暮らし用やサブ用など、用途に応じて使い分けやすくなっています。

パナソニックのテレビ一覧はこちらから

一人暮らしにおすすめのテレビはこれ!

テレビは頻繁に買い替えるものではないため、満足のいく製品を購入したいものです。とはいえ、「どれを選べばよいのか」と悩んでしまう方もいらっしゃると思います。そこで、以下にて一人暮らしの方におすすめのテレビをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

TVS REGZA 液晶テレビ レグザ 32V型 <32V34>

  • ネット動画をより美しく再現。リモコンに「Prime Video」「Netflix」「YouTube」「ABEMA」「Hulu」「U-NEXT」などのネット動画ダイレクトボタンを配置しているので、お好みの動画配信サービスへすぐにアクセス。新エンジンが高速グラフィック処理をし、クイックレスポンスで見たい番組を選べます。

  • モデル名 TVS REGZA 液晶テレビ レグザ 32V型 32V34
    価格 下取りなし価格 円(税込)
    下取り後価格 円(税込)(円下取り)
  • 商品の詳細を見る

    東芝のテレビ一覧

シャープ ワイド液晶テレビ 32V型 <2T-C32DE>

  • 前方に音を届ける音抜けのよいリフレクター構造を採用。さらに人の声が聞き取りやすい、音声「くっきり」ボタンを搭載しています。

  • モデル名 シャープ ワイド液晶テレビ 32V型 2T-C32DE
    価格 下取りなし価格 円(税込)
    下取り後価格 円(税込)(円下取り)
    画面サイズ 32V型
  • 商品の詳細を見る

    シャープのテレビ一覧

TVS REGZA 液晶テレビ レグザ 40V型 <40V34>

  • 高画質4Kモデルを駆動できるパフォーマンスをもったエンジンを採用し、クラスを越えた高画質を実現すると同時に、クイックレスポンスの快適操作を実現します。 また、さまざまな高画質処理で精細感をアップし、ノイズを低減。高いコントラストと自然な色でネット動画を高画質に映し出します。

  • モデル名 TVS REGZA 液晶テレビ レグザ 40V型 40V34
    価格 下取りなし価格 円(税込)
    下取り後価格 円(税込)(円下取り)
    画面サイズ 40V型
  • 商品の詳細を見る

    東芝のテレビ一覧

パナソニック 4K液晶テレビ ビエラ 40V型 <TH-40JX750>

  • 様々な映像シーンで構成された学習用データベースをAIが学習し、シーン認識アルゴリズムを生成。 本技術により、ビエラがシーンに応じて自動的に最適な画質に調整することを可能にしました。

  • モデル名 パナソニック 4K液晶テレビ ビエラ 40V型 TH-40JX750
    価格 下取りなし価格 円(税込)
    下取り後価格 円(税込)(円下取り)
    画面サイズ 40V型
  • 商品の詳細を見る

    パナソニックのテレビ一覧

ハイセンス 2K SMART 液晶テレビ 40V型 <40A40G>

  • ネット配信の映像やVODコンテンツを分析し、色濃度/輝度/ダイナミックガンマ補正など最適な映像処理を行います。低解像度から高解像度のコンテンツまで、様々な映像を高品位に再現します。

  • モデル名 ハイセンス 2K SMART 液晶テレビ 40V型 40A40G
    価格 下取りなし価格 円(税込)
    下取り後価格 円(税込)(円下取り)
    画面サイズ 40V型
  • 商品の詳細を見る

    ハイセンスのテレビ一覧

中小型テレビ・ポータブルテレビ一覧はこちらから 大型テレビ・4Kテレビ(液晶/有機EL)一覧はこちらから

テレビ選びではここもチェック!そのほかに見るべきポイント

より満足できるテレビを選ぶためには、パネルタイプ・大きさにくわえて、解像度やチューナー数、録画機能などもチェックすることが大切です。

解像度

テレビでは、解像度を確認することが大切です。テレビの画質は「フルHD」「4K」「8K」「それ以外」の4つに分類され、同じ解像度でも画面のサイズによって見え方は異なります。そのため、必ず確認したのちテレビを選ぶようにしましょう。

なお、上述した4つの解像度は、それぞれ以下のようになっています。

種類 解像度
フルHD 1,920×1,080画素
4K 3,840×2,160画素
8K 7,680×4,320画素
それ以外 1,366×768画素など

4K解像度に対応しているのは主に40V型以上です。そのため、4K解像度のテレビを希望している場合は、解像度を必ず確認するようにしましょう。

4K衛星放送用チューナーの有無

4K衛星放送を視聴したい場合は、チューナーが内蔵されているか確認しなければなりません。

上記解像度の4Kとチューナーの4K放送は別物のため、4K対応のテレビが必ずしも4K衛星放送用チューナーを内蔵しているとは限らないためです。

とはいえ、必ずしも4K衛星放送用チューナーありのテレビでなければならないわけではありません。

4K放送はBSと110度CS放送で始まっていますが、視聴しないのであれば4K衛星放送用チューナーは不要ですし、後から別途購入して対応することもできます。

4K衛星放送用チューナーが搭載されているテレビの一覧は
こちらから

ネット動画対応

インターネットに接続してテレビでネット動画を楽しみたい場合は、ネット動画に対応しているかどうかもチェックしましょう。

有線LANもしくはWi-Fiを使ってインターネット接続し、地上デジタル放送以外にも動画配信アプリなどで映画やドラマ、バラエティを楽しむことができます。

また、機種によって対応しているサービスも異なり、後から追加することができないモデルもあるので注意しましょう。

チューナー数

番組を録画しながら、その番組以外の放送を楽しみたい場合は、チューナー数の確認が不可欠です。チューナー数が2つあれば、番組を視聴しながら別の番組を録画することができます。チューナーの数が増えるほど、録画できる番組が増えます。

これは使い勝手に大きく影響を及ぼすので、必ず確認することをおすすめします。なお、録画にはハードディスクドライブが必要になり、別売りで対応することが多いのでこちらも確認しましょう。

下取りの有無

現在使っているテレビの下取りの有無もチェックしてみましょう。

下取り対象のテレビであれば、購入店舗によっては新たに購入するテレビの値引きがされたりポイントがもらえる場合もあります。

その場合本来の購入価格よりも安くなるのでお得に買い換えることができます。また、手持ちのテレビを自ら処分する手間も省けるので一石二鳥です。

下取りで購入できるテレビを見る

録画機能

テレビ番組を録画するにはテレビが録画に対応していることはもちろん、録画するための機器としてハードディスクドライブ(HDD)が必要不可欠です。

HDDが内蔵されているテレビなら購入し設置すればすぐに番組録画を行えますが、HDDが内蔵されていないテレビの場合は外付けのUSB HDDを別途購入する必要があります。

外付けのHDDが必要か否かを前もって把握するためにも、録画機能についても確認するようにしましょう。

倍速表示機能

残像のない滑らかな映像になるので、スピーディーな動きのある映像を視聴する際にとても重宝します。

そのため、たとえばスポーツを観戦したりゲームをしたりすることが多い場合は、倍速機能を搭載したテレビを選ぶのがおすすめです。

HDR

HDR(ハイダイナミックレンジ)とは、輝度情報を拡大し映像のリアリティを高める映像技術です。

鮮明な映像を映し出すことができるため、HDR対応映像を「よりきれいな映像を楽しみたい」という方はHDR対応のテレビを選ぶようにしましょう。

テレビの買い替え時期

テレビをはじめとする生活家電は、当然のことながら長年使用していると故障などによる買い替え時期が訪れます。

そのため、同じテレビを長く使い続けている場合は、使えなくなる前に買い替えを検討するのがおすすめです。

修理や買い替え時期が迫っているサインには、たとえば「画面に黒い線が入る」や「本来の色が映らない」「リモコンの不具合」などがあげられます。

今使っているテレビにこれらの症状が見られるなら、早急に修理や買い替えを検討しましょう。急に使えなくなってしまうと困るだけでなく、買い替えを急ぐことで十分に自分に合ったテレビを検討・購入できない可能性も考えられます。

テレビを新調するうえで後悔しないためにも、故障する前に買い替えるよう心がけましょう。

  • テレビの寿命は何年くらいが平均?買い替えのタイミングを詳しく解説

    • テレビは購入してから何年程度使い続けられるのかご存じでしょうか。テレビの調子が悪くなってきた場合、寿命を迎えている可能性もあります。そこで今回は、テレビの種類別の平均寿命や買い替えのタイミングについてご紹介します。
    • 詳しく見る

まとめ

一人暮らしをするにあたり「どのテレビを選べばよいのかわからない」と悩んでいる場合は、選び方のポイントを押さえておくことで、自分に合ったテレビを見つけやすくなります。

今回ご紹介した選び方のポイント、そしておすすめの製品を参考に、心惹かれる一台を探してみてください。